【パズドラ】アルファの評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト

  • LINEで送る

パズドラの龍契士&龍喚士ガチャで入手できるアルファ(あるふぁ)の評価と使い道、おすすめ(オススメ)の潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

猛護の滾龍喚士・アルファは強いのか?入手方法やスキル上げ方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

4803猛護の滾龍喚士・アルファ

レア度 コスト タイプ アシスト
7 70 ドラゴン/攻撃
HP 攻撃 回復
LV最大 4018 2848 85
+297 5008 3343 382
限界突破+297
LS 【昴翼の召龍印】
火属性の攻撃力が4倍、木属性のHPが2倍。火木の同時攻撃で攻撃力が3倍。
S 【エキサイトストンプ】
全ドロップを火、木、回復ドロップに変化。2ターンの間、1コンボ加算。
(18→13ターン)
覚醒 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:L字消し攻撃 覚醒スキル:L字消し攻撃 覚醒スキル:L字消し攻撃 覚醒スキル:L字消し攻撃 覚醒スキル:L字消し攻撃
超覚醒

リーダー評価・使い道

耐久力が高い

アルファは火属性の攻撃力4倍、木属性のHPが2倍になり、火木の同時攻撃で攻撃力が3倍になるリーダースキルです。LFでHP4倍、攻撃倍率144倍と攻守ともにバランスがよく、高難度ダンジョンでも使える優秀なモンスターです。

アルファ自身は操作時間延長覚醒がなく、リーダースキルでも操作時間は延長されないため、サブで補わないとパズルが難しくなります。また、バインド耐性もないので、バインド耐性を付与できるアシスト武器を付けると安定します。

編成難易度が高い

アルファは流行りの高HP、高火力リーダーですが、火と木属性両方を持つモンスターで編成する必要があり、火木や木火のモンスターは数が少ないので編成難易度は非常に高いです。

自身はL字消し強化に特化しているので、サブもL字消しで統一したいですが、属性の縛りがきつく統一は難しいので、覚醒スキルは統一せず、操作時間が短くなり過ぎないように注意しながら編成することをおすすめします。

スポンサーリンク


サブ(アシスト)評価・使い道

火力要員として使える

アルファはL字消し強化を5つ持っているので約7.6倍の火力が出せるため、火力要員として非常に優秀です。さらに、アシスト武器でL字消し強化を付与することができるので、最大約11.4倍の火力が出せるようになるのも魅力です。

バインド耐性はないものの、ステータスは高く、スキブと封印耐性と最低限度のサポート系覚醒は持っているため、バインド対策さえすればとても使いやすいモンスターなので、1体は育てておくといいでしょう。

アシストとしても優秀

アルファのスキルは13ターンと少し重いものの、回復込み3色陣と2ターン1コンボ加算なので、使い道が多くとても優秀なスキルです。また、アシストできるモンスターなので、他のモンスターに継承させるのもいいでしょう。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
悪魔キラー 悪魔キラーは刺さりやすく、火力の底上げができます。
スキル遅延耐性 スキルが優秀なので、遅延対策がおすすめです。
攻撃力強化 攻撃力が高く、大きく上げることができるのでおすすめです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
4772桂手製の爆弾
桂小太郎装備
覚醒スキルがL字消し強化に特化しているので、さらに1つ付与できる桂装備がおすすめです。スキルは相性が悪いので、上げる必要はありません。
4762夜兎の番傘
神威装備
バインド耐性がなく、バインドに弱いのでバインド耐性付与がおすすめです。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


入手方法

龍契士&龍喚士ガチャ

スキル上げ方法

スキル上げ素材

  • なし

スキル上げ周回におすすめのダンジョン

  • スキルレベルアップダンジョン

アルファの総合評価

4803猛護の滾龍喚士・アルファ

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
85点 85点 90点

※最高評価は100点です

アルファは最高レアリティのモンスターではありませんが、リーダー、サブ、アシストどの起用方法でも使えるモンスターです。特にサブとしてはL字強化5つで火力要員として非常に優秀で、使い道が多くあります。

リーダーとしては流行りのHP2倍、攻撃力12倍で高難度ダンジョンを攻略できる性能ですが、属性の縛りがきつくパーティの編成難度が高いことが欠点です。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ