攻撃オーディンドラゴンの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト(オデドラ)

  • LINEで送る

3264起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型

パズドラのモンスターポイント購入で入手できる攻撃オーディンドラゴン(起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型、オデドラ)の評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

攻撃オーディンドラゴン(こうげきおーでぃんどらごん)は強いのかどうかの参考にして下さい。

※5月24日更新:攻撃オデドラのテンプレパーティーを追加

オデドラの究極進化分岐先
3264起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型
攻撃オーディンドラゴン
3448光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型
回復オーディンドラゴン
オデドラ(オーディンドラゴン)の究極進化はどっちがおすすめ?

スポンサーリンク

ステータス

3264起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型

レア度 コスト タイプ アシスト
10 150 神/ドラゴン/攻撃 ×
HP 攻撃 回復
LV最大 5400 1800 750
+297 6390 2295 1047
LS 木か光の5個十字消し1個につき攻撃力が3.5倍。ドロップを消した時、回復力×10倍のHPを回復。
S 最大HP50%分のHP回復、バインド状態と覚醒無効状態を全回復。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。
(14→9ターン)
覚醒 覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:バインド回復 覚醒スキル:コンボ強化

リーダーとしての使い道

攻撃倍率が高く調整もできる

3264起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型

木か光の十字消し1個につき3.5倍なので、2個作れば12.25倍もの攻撃倍率を出すことができます。フレンドを馬超にすれば7×6盤面にできるため、更に十字消しで高い倍率を出すこともできます。

しかしその場合、パズルの難易度も高くなるので、十分な操作時間を確保することも必要になります。

HPの補強は必要

回復面に関しては、レベル最大+297のLF攻撃オーディンドラゴンであれば、2万を超える量を毎ターン回復してくれるのが大きいです。

しかしHPに関しては倍率がないため、高いHPのサブを編成するか、軽減スキルを持ったサブを編成する必要があります。

攻撃オーディンドラゴンのテンプレパーティー(攻撃オデドラパ)

スポンサーリンク


サブとしての使い道

非常に優秀な回復スキル

HP50%、バインドと覚醒無効を完全に回復する優秀な回復スキルを持っています。ターンも最短で9ターンと使いやすく、1ターンの短縮効果もあるため、非常に優秀な回復枠になります。

アシストモンスターにできない

非常に優秀なスキルですが、モンスターポイント購入で入手できるモンスターのため、アシストモンスターとしてスキルを継承できない点は、緑オーディンに劣ってしまいます。

しかし自身が優秀なステータス、覚醒スキルのため木パーティーならば、そのまま編成しても戦力になれます。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
回復力強化 毎ターンの自動回復量が上がるため、耐久力が上がります。
HP強化 倍率がないHPを補強するためにおすすめです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
2509伐爪の緑龍契士・シルヴィ
シルヴィ
木光回復の3色陣にできるため、非常に高い攻撃力を出せます。
3390木緑オーディン(神国の魔術神・オーディン)
緑オーディン
スキル自体は下位互換となりますが、遅延対策にはおすすめです。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


攻撃オーディンドラゴンの総合評価

3264起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型

リーダー評価:85点 / サブ評価:90点
※最高評価は100点です

リーダーとして使う場合はHPの補強を忘れずにしておけば、十分高難易度のダンジョンにも使っていける性能になります。

サブとして使う場合は、木のパーティーであれば強力なバインド・覚醒無効回復枠として活躍できる性能を持っています。

オデドラの究極進化分岐先
3264起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型
攻撃オーディンドラゴン
3448光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型
回復オーディンドラゴン
オデドラ(オーディンドラゴン)の究極進化はどっちがおすすめ?
スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ