【パズドラ】アザゼルの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト

  • LINEで送る

3457不法の魔紳士・アザゼル

パズドラの降臨ダンジョン「アザゼル 降臨」で入手できる不法の魔紳士・アザゼル(あざぜる)の評価と使い道 、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

アザゼルは降臨モンスターながら、アシスト可能なモンスター。

スポンサーリンク

ステータス

3457不法の魔紳士・アザゼル

レア度 コスト タイプ アシスト
7 50 悪魔/バランス
HP 攻撃 回復
LV最大 3335 1480 363
+297 4325 1957 660
LS 悪魔タイプの攻撃力と回復力が1.5倍。
3属性以上同時攻撃で攻撃力が3倍。
S 1ターンの間、チーム内暗闇耐性の覚醒数に応じて攻撃力が上昇。倍率は1個につき、70%。
(31→16ターン)
覚醒 覚醒スキル2体攻撃 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:暗闇耐性 覚醒スキル:暗闇耐性 覚醒スキル操作時間延長

リーダーとしての使い道

扱いやすいリーダースキル

3457不法の魔紳士・アザゼル

リーダースキルは悪魔タイプの攻撃力と回復力が1.5倍。
3属性以上同時攻撃で攻撃力が3倍。

アザゼルをリーダーとフレンドに配置すると、攻撃力20.25倍、回復力2.25倍。

闇属性と相性が良い悪魔タイプが対象のため、パーティー編成しやすく、比較的簡単な条件で倍率を発揮できるのが良い点です。

ただし、攻撃倍率が低いため、序盤のダンジョンでは活躍できるものの、徐々にリーダーとして使う機会は少なくなるでしょう。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

エンハンス要員として

スキルは1ターンの間、チーム内暗闇耐性の覚醒数に応じて攻撃力が上昇(倍率は1個に付き、70%)。

サブとしてはエンハンス要員になりますが、使い道が限定的となる暗闇耐性の覚醒数に応じて、攻撃力が上昇するため、起用しにくいです。

覚醒スキルに操作時間延長を持っており、主属性に闇、副属性に木を持つことから、サブに使うなら、多色パーティーの闇木枠として起用することになりそうです。

スキル遅延対策用として

アザゼルは降臨ダンジョンで入手できるモンスターながら、アシストモンスターとして設定することが可能です。

スキルターンも重たいことから、スキル遅延対策用として起用することができそうです。パラメーターボーナスの恩恵も受けられるように、闇属性のモンスターにアシストしましょう。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
ダメージ軽減 アザゼルはステータスが低めたのめ、潜在覚醒スキルは汎用的に活躍できるダメージ軽減がおすすめです。
操作時間延長 多色パーティーに起用する場合は、操作時間延長の潜在覚醒スキルも良さそうですね。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

アザゼルはステータスが低く、覚醒スキルも弱めのため、ベースモンスターには適していません。他のモンスターにアシストして使いましょう。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


アザゼルの評価

3457不法の魔紳士・アザゼル

リーダー評価:60点 / サブ評価:65点
※最高評価は100点です

アザゼルは使うならエンハンス要員としてになりますが、倍率上昇の対象が暗闇耐性のため、扱いにくいです。

メインの使い道はスキルターンの重さを活かして、スキル遅延対策用のアシストモンスターになりそうです。

みんなの評価、反応

今度降臨のアザゼルはキッド買っておけみたいな性能
アザゼルさんイラストかなりいいけど性能が……もう一声ほしかった。
パズドラのアザゼル暗闇耐性の個数に応じてって5個で3.5倍とかないとネタにすらされないのでは。ただでさえ汎用で暗闇耐性もちってハーデスくらいだし
そか、アザゼルはアシストに設定して遅延耐性兼ステータスボーナスを狙うキャラか。スキルなど飾りか。
アザゼルさん、究極型で進化前星6ってことは、同属性アシストボーナスを考えない限りは進化前を直接アシストでいい奴だね
・・・!
アザゼルさんを怪盗キッドにアシストさせたいねー
アザゼルは究極進化タイプか、ラスやティターニアと違って、遅延継承の際に進化させる手間がないのは評価できるかも
アザゼルは無理なくハーデスが編入出来る構成の中火力半耐久に入れたらそこそこ良い働きをしそう。究極前の方が好みだけどそれはそれとして継承前提じゃない使い方も考えたいね
アザゼルさんターン重いってことは宝石とは違う倍率かな
ミツハに継承不可避
アザゼルをバステトに継承かなぁ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ