【パズドラ】野球部アテナの評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト|パワプロ

  • LINEで送る

パズドラのパワプロコラボガチャ(実況!パワフルプロ野球)で入手できる野球部アテナ(やきゅうぶあてな)の評価と使い道、おすすめ(オススメ)の潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

サウスポーの守護神・アテナは強いのか?入手方法やスキル上げ方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

4660サウスポーの守護神・アテナ

レア度 コスト タイプ アシスト
7 30 神/攻撃
HP 攻撃 回復
LV最大 4033 2508 0
+297 5023 3003 297
限界突破+297
LS 【よくぞここまで来ました!】
ドロップを3個以下で消せないが、全パラメータが2倍。光木の同時攻撃で攻撃力が4倍。ドロップ操作を2秒延長。
S 【スターバースト】
1ターンの間、チーム内の2体攻撃の覚醒数に応じて攻撃力が上昇(倍率は1個につき+30%)。全ドロップを木、光、回復ドロップに変化。
(20→15ターン)
覚醒 覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:2体攻撃
超覚醒

リーダー評価・使い道

デメリットが辛い

野球部アテナは全パラメータが2倍になり、光木の同時攻撃で攻撃力が4倍、ドロップ操作を2秒延長するリーダースキルを持っています。ドロップを3個以下で消せないデメリットがあり、コンボ吸収に弱い欠点があります。

最大倍率は8倍と低めですが、2倍の全パラ補正を持っていてゲームオーバーになりにくいです。コンボ吸収のないダンジョンで使うのがおすすめです。

7×6盤面だと使いやすい

通常盤面だとコンボ吸収に対応するのが難しいものの、7×6盤面であればコンボ吸収にも対応しやすいです。フレンドを7×6リーダーにしたり、元々7×6盤面のダンジョンで使うと良いでしょう。

短い階層のダンジョンであればコンボ加算スキルを使うのもおすすめです。手持ちのモンスターやダンジョンによってフレンドを使い分けて使いましょう。

スポンサーリンク


サブ(アシスト)評価・使い道

優秀なスキル

野球部アテナは1ターン、チーム内の2体攻撃の覚醒数に応じて攻撃力が上昇するエンハンス効果つきの木、光、回復の3色陣を持っています。陣とエンハンスの組み合わせは相性がよく、ボス戦などで役立ちます。

フィニッシュスキルとして優秀なので、直入れだけでなくアシストとしても使いやすい優秀なモンスターです。

アタッカーになれる

野球部アテナは2体攻撃を4個持っており、4個消しした時に約5倍の攻撃倍率がかかります。コンボ強化2個持ちの攻撃倍率が4倍なので、コンボ強化2個持ちよりも高い倍率を簡単に出すことが可能です。

パズルが苦手な方や初心者の方でも倍率が出しやすいため、誰にでも使いやすいのが魅力のモンスターです。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
遅延耐性 優秀なスキルを持っているため、遅延対策しておきましょう。
攻撃強化 元々の攻撃力が高く、上昇幅が大きいです。さらにアタッカーとして強力になります。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3928龍刀・零黒天双鬼
戦国ゼローグ装備
2個の攻撃強化を付与できます。ガチャ限ではないので入手も簡単です。
4150鏖砲イヴァン
鏖砲イヴァン
2way付与が魅力ですが、入手難易度が高いのが欠点です。他の2way付与モンスターで代用しても良いでしょう。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


入手方法

パワプロコラボガチャ

スキル上げ方法

スキル上げ素材

  • 調査中

スキル上げ周回におすすめのダンジョン

  • 調査中

野球部アテナの総合評価

4660サウスポーの守護神・アテナ

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
85点 90点 90点

※最高評価は100点です

野球部アテナはサブやアシストモンスターとして役立つモンスターです。2way依存のエンハンスと陣の組み合わせは強力で、エンハンス枠と陣枠を兼ねることが可能です。直入れ、アシストともに色々なパーティーで活躍するでしょう。

高い全パラ補正を持っているのでリーダーとしても悪くありませんが、ドロップを3個以下で消せなくなるデメリットが厳しいです。使うなら7×6リーダーとの組み合わせがおすすめです。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ