【パズドラ】覚醒立花ぎん千代の評価と使い道、潜在覚醒、アシスト

  • LINEで送る

3697覚醒立花ぎん千代

パズドラのレアガチャで入手できる覚醒立花ぎん千代の評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

覚醒立花ぎん千代(かくせいたちばなぎんちよ)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

3697覚醒立花ぎん千代

レア度 コスト タイプ アシスト
7 35 体力/攻撃
HP 攻撃 回復
LV最大 3565 2265 18
+297 4555 2760 315
LS 7×6盤面になる。火水木光の同時攻撃でダメージを軽減(倍率は25%)、攻撃力が5倍。
S 1ターンの間、受けるダメージを激減(倍率は75%)。全ドロップを火、水、木、光、回復ドロップに変化。
(14→10ターン)
覚醒 覚醒スキル7コンボ 覚醒スキル7コンボ 覚醒スキル操作時間延長 覚醒スキル封印耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル操作時間延長 覚醒スキル:暗闇耐性 覚醒スキル:お邪魔耐性

リーダーとしての使い道

転生サクヤのベストフレンド

3697覚醒立花ぎん千代

7×6盤面になるリーダースキルを持っています。攻撃倍率は5倍と低いため、高倍率のリーダーをフレンドにするのがおすすめです。指定4色が全一致の転生サクヤは特におすすめです。

転生サクヤと組んだ時の攻撃倍率は、100倍出るだけでなく、リーダーとフレンドで多くの役割が持てます。LFの2枚で割合ダメージとバインド回復、陣と軽減、お邪魔と暗闇耐性が40%ずつになります。

指定色で足りないのは木だけなので、トップドロイドラゴンを編成して、お邪魔と暗闇耐性を100%にしても面白いかもしれません。

7×6盤面にならないダンジョンに注意

覚醒スキル、スキルともに優秀な覚醒立花ぎん千代ですが、リーダースキルが無効化されてしまうダンジョンがあるので注意しましょう。

具体的には3人マルチでは、覚醒立花ぎん千代をリーダーにしても7×6盤面にならず、通常の6×5盤面になってしまいます。知らずに3人マルチに入ってしまうと、火力が低いだけのリーダーになってしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

コンボ強化2つが強い

覚醒スキルが非常に優秀です。操作時間延長とスキブが2つずつあるのも嬉しいのですが、1番嬉しいのはコンボ強化が2つあることです。

コンボ強化の効果は、7コンボ以上コンボした時に攻撃力が2倍になる効果なので、コンボ強化2個持ちの覚醒立花ぎん千代は、7コンボ以上した時に攻撃力が4倍上がります。操作時間延長が2つあるので、7コンボを狙いやすいのもよいですね。

使い道の多い陣スキル

覚醒立花ぎん千代は、進化前と進化後でスキルの内容が変わります。陣スキルは共通ですが、それについてくる効果の一部が違います。進化後は1ターンの激減効果が付きますが、進化前は1ターンの間、2コンボ加算効果がつきます。

直入れだけでなく、アシストモンスターとしても非常に使い道が多く優秀です。進化前もアシストできるので、手持ちや用途に応じて進化させるか決めましょう。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
スキル遅延耐性 元々のスキルが優秀のため、いつでも使えるように遅延耐性がオススメです。
操作時間延長 コンボ強化を発動させやすくするために、操作時間延長がオススメです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3697覚醒立花ぎん千代
覚醒立花ぎん千代
元々のスキルが優秀なので、遅延対策も兼ねて同じスキルを継承しておきましょう。
657天頂の雷霆龍・インドラ
究極インドラ
3ターンの間、75パーセントの軽減ができます。陣を捨てて、防御寄りの役割を持たせたい時におすすめです。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


覚醒立花ぎん千代の総合評価

3697覚醒立花ぎん千代

リーダー評価:75点 / サブ評価:85点
※最高評価は100点です

覚醒立花ぎん千代は、サブやアシストモンスターとして優秀なモンスターです。進化前と進化後でスキルが違うため、複数当たったとしても最低2体は取っておきたいモンスターですね。

リーダーとしてもフレンド次第では活躍できる可能性もあり、今後に期待ができるモンスターとなっています。

その他の新戦国神シリーズ関連キャラ
3691覚醒稲姫
覚醒稲姫
3693覚醒ねね
覚醒ねね
3695覚醒お市
覚醒お市
3699覚醒濃姫
覚醒濃姫
スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ