金の丼龍のスキル上げ周回効率は何級?トリドンの出現率は?

  • LINEで送る

金の丼龍

パズドラで開催中の金の丼龍で覚醒メフィストフェレスや
アークライン、ジーニャなどのスキル上げ周回効率は何級が良いか?

幻獣枠のトリドンの出現率についても考察してみました♪

スポンサーリンク

金の丼龍のスキル上げ一覧

金の丼龍のスキル上げ一覧はこちらにてご確認下さい。

【パズドラ】金の丼龍のスキル上げ一覧

覚醒メフィストフェレスのスキル上げ

1510覚醒メフィストフェレス 1764日出の丼龍・ガショウ

覚醒メフィストフェレスのスキル上げ素材は金の丼龍のボスとして登場する
日出の丼龍・ガショウです。

可愛すぎるとしてネットでも話題になっています(笑)

ガショウはドロップ時点で既にスキルを保有しているため、
スキル上げは非常に楽ですね。

ドロップ率等倍時

超地獄級を周回が一番効率良いです

一般的に超級のドロップ率は40%、地獄級のドロップ率は66%と言われています。

超地獄級なら確定ドロップとなりますので、
ガショウ目当てで周回するなら、超地獄級一択です。

超地獄級周回が難しい方もなるべく難易度が高いフロアに挑戦しましょう!

ドロップ率1.5倍or2倍時

地獄級を周回が一番効率良いです

ドロップ率1.5倍or2倍時は、地獄級でもボスを確定ドロップします。

ドロップ率2倍時は超級を回るもの良いと思いますが、
スタミナと経験値効率を考えると、地獄級が一番バランス良いですね(^^

アークラインのスキル上げ

1656蒼大剣の鎧騎士・アークライン 1778金の丼魔・トリドン

アークラインのスキル上げ素材は幻獣枠として出現する金の丼魔・トリドンです。

金の丼魔・トリドンは道中で稀に進化後で登場しますが、
ドロップは進化前でスキルを保有していないため、スキル上げは少し面倒です。

金の丼龍でメフィストフェレスをスキル上げする人は少ないと思うので、
アークラインのスキル上げがメインになって来そうですね(^^

周回するなら何級?

超地獄級を周回が一番効率良いと思います

トリドンの場合は、ドロップ率よりも出現率(遭遇率)の方が大事になってきます。

青の丼龍のツナドンもそうでしたが、
基本的には難易度が高いフロアの方が出現率(遭遇率)が高いです。

トリドンの出現率(遭遇率)は?

幻獣枠の出現率は遭遇率等倍時で5%程度と言われています。
単純計算で金の丼龍を20周して1回遭遇するくらいの確率です。

青の丼龍でも同じく幻獣枠のツナドンは滅多にドロップしませんでしたが、
ラスト2日間の遭遇率3倍時は、私もかなりの数ドロップしました。

中には超地獄級3週に1回くらいの割合で出現したという報告もあるので、
トリドン狙いなら、ラスト2日間に魔法石を使って集めた方が効率良いと思います。

ヤタガラス狙いの場合

1474ヤタガラス

トリドンと同じく、幻獣枠扱いのヤタガラスは、
毎週水曜日にトリドンの代わりに出現するようです。

アークラインのスキル上げ目的の人は水曜日は他のダンジョンに向かいましょう(^^

逆にセレスやアマテラスのスキル上げをしたい方は、
水曜日に金の丼龍を周回しましょう!

【パズドラ】ヤタガラスの使い道と評価

その他のスキル上げ

995白光炎隼神・ホルス 328輝氷星・リヴァイアサン 1556斬魔閃神・スサノオノミコト 922宝輝の大精霊・ジーニャ 

その他道中で出現するモンスターのスキル上げは以下の通り。

富山湾の宝石・シロエビ ⇒ ホルス、フェニックスなど
超・下仁田こんにゃく ⇒ リヴァイアサンなど
超・下仁田ネギ ⇒ スサノオノミコト
マグコーン ⇒ ジーニャ

マグコーン以外はスキルを保有していない進化前でのドロップとなります。

青の丼龍ではマグミルのドロップ率がかなり悪かったので、
同タイプのマグコーンに関しては、
なるべく難易度が高いフロアを周回した方が良いかもしれません。

それ以外のモンスターについては、何級でも進化前でドロップしますので、

中級or上級周回が効率良いと思います

マグコーン以外でスキル上げする人も少なそうですけどね(;^_^A

金の丼龍はゼウス繋がりで、光覚醒ゼウスのスキル上げを期待していたのですが、
まさかのメフィストフェレスでガッカリでしたね(笑)

あまり周回する人もいないと思いますが、
スキル上げする方は参考にして頂ければと思います(^^

金の丼龍 超地獄級・Sランクのノーコン攻略パーティーまとめ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ