【パズドラ】塗り絵ソニアグランリバースの評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト

  • LINEで送る

4300龍喚士・ソニア=グラン=リバース【塗り絵コンテスト】

パズドラのレアキャラカーニバル友情ガチャで入手できる塗り絵ソニアグランリバース(ぬりえそにあぐらんりばーす)の評価と使い道、おすすめ(オススメ)の潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

龍喚士・ソニア=グラン=リバース【塗り絵コンテスト】は強いのか?入手方法やスキル上げ方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

4300龍喚士・ソニア=グラン=リバース【塗り絵コンテスト】

レア度 コスト タイプ アシスト
7 50 ドラゴン ×
HP 攻撃 回復
LV最大 3058 1605 390
+297 4048 2100 687
限界突破+297
LS 【裏・薔薇龍星撃】
ドラゴンタイプのHPが2倍、攻撃力は1.5倍。4色同時攻撃で攻撃力が2倍、5色で4倍。
S 【パズル&ドラゴンズW】
2ターンの間、ドロップ操作時間が2倍。2ターンの間、ドラゴンタイプの攻撃力が2倍。
(25→15ターン)
覚醒 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:火ドロップ強化 覚醒スキル:水ドロップ強化 覚醒スキル:木ドロップ強化 覚醒スキル:光ドロップ強化 覚醒スキル:闇ドロップ強化
超覚醒

リーダー評価・使い道

編成幅が狭く、倍率も低い

塗り絵ソニアグランリバースはドラゴンタイプのHPが2倍、攻撃力は1.5倍の常時倍率と、4色同時攻撃で攻撃力が2倍、5色同時攻撃で4倍になる多色倍率を持っています。最大倍率は6倍とかなり低めです。

回復を含まない多色リーダーなので欠損に弱く、編成できるタイプがドラゴンのみなのも欠点です。序盤でもリーダーとして使いやすいモンスターではありません。

スポンサーリンク


サブ(アシスト)評価・使い道

重いスキル

塗り絵ソニアグランリバースのスキルは、2ターンの間、ドロップ操作時間が2倍とドラゴンタイプの攻撃力が2倍になる効果を持っています。エンハンス+操作時間延長の組み合わせは優秀で、決定打を与えたい時に重宝します。

しかし最短15ターンと重く、ハロウィンソニアグランのようにスキルチャージを持っているわけでもありません。スキルレベルを上げるのが大変で、序盤でスキルマを作るのが難しいのもネックです。

覚醒スキルが弱い

塗り絵ソニアグランリバースの火力覚醒はドロップ強化が全色1個ずつばらけているので、1色ごとの期待値は低めです。全色ドロップ強化が役立つ場面はほとんどなく、覚醒スキルは優秀とは言えません。

ドロップ強化以外の火力覚醒を持っていないので、潜在キラーで補いたいところですが、潜在回復キラーと潜在マシンキラーしかつけることはできません。つけられる潜在キラーが少なく、ほとんど自由度がありません。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
キラー 火力覚醒に乏しいので、潜在キラーで対策したいです。回復とマシンキラーしかつけられないのがネックです。
操作時間延長 序盤のリーダーとして起用する場合や、多色初心者におすすめです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
2737グランリバース(最果ての龍喚士・ソニア=グラン=リバース)
グランリバース
同じスキルを持っています。遅延対策として使いましょう。
3340水柱の護衛神・ムート
水柱の護衛神・ムート
完全バインド耐性付与が優秀で、リーダー起用する場合にバインド対策として使えます。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


入手方法

レアキャラカーニバル友情ガチャ

スキル上げ方法

スキル上げ素材

  • ソニアグランリバース

スキル上げ周回におすすめのダンジョン

  • ソニアグランリバース降臨

塗り絵ソニアグランリバースの総合評価

4300龍喚士・ソニア=グラン=リバース【塗り絵コンテスト】

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
55点 65点 -点

※最高評価は100点です

塗り絵ソニアグランリバースは火力覚醒に乏しく、リーダーとしてもサブとしても使いにくいモンスターです。各色ドロップ強化の覚醒スキルはアイコンの見た目は美しいものの、実用的ではありません。

リーダースキル倍率が低く、編成幅も狭く、リーダーとしても優秀とは言えません。当たったら記念に1体確保しておくだけで十分でしょう。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ