【パズドラ】ヒドラの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

1350ゼータ・ヒドラ

パズドラのレアガチャで入手できるゼータ・ヒドラの評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

ヒドラ(ひどら)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

1350ゼータ・ヒドラ

レア度 コスト タイプ アシスト
5 22 ドラゴン
HP 攻撃 回復
LV最大 3223 1356 206
+297 4213 1851 503
LS 【ドラゴンフォース】
ドラゴンタイプのHPと攻撃力が2倍
S 【威圧】
敵の行動を5ターン遅らせる。
(25→20ターン)
覚醒 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:毒耐性 覚醒スキル:スキルブースト

リーダーとしての使い道

HPの高いパーティーが作れる

ヒドラは、ドラゴンタイプのHPと攻撃力が常時2倍になるリーダースキルを持っています。HPにかかる倍率として、2倍は高い部類であり、HPの高いパーティーを作れるでしょう。

しかし、回復には倍率がないため、回復手段に乏しい事と、攻撃倍率の低さが欠点です。ギガグラなどの割合スキル持ちを編成するなど、耐久パよりの立ち回りになるでしょう。

序盤は使える

HPが高いパーティーを作れるので、序盤はゲームオーバーになりにくいです。他に良いガチャ限を入手できなければリーダー起用もできそうです。しかし、ゲームが進んで行くに連れて、2倍の倍率で倒せる敵は少なくなってきます。

サブやアシストモンスターとして活躍するモンスターなので、敵が倒せなくなってきたら、リーダー起用するのはやめましょう。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

スキルが超強い

遅延スキルの代名詞とも言える、威圧のスキルを持っています。モンスターをアシストできるようになるまでは、覚醒スキルの少なさやステータスの貧弱さから、ハズレ扱いをされていました。

しかし、モンスターをアシストできるようになったおかげで、評価は反転しました。強力なスキルをアシストしたい人は多く、ベストアシスト15カーニバルでは5位に入賞するなど、今は大当たりのモンスターと言えるでしょう。

オロチとの使い分け

直入れは厳しい能力をしていますので、大抵の場合はアシストモンスターとして使う事になります。同様の役割を持つモンスターに転生オロチがいます。転生オロチのスキルは、4ターン遅延で最短スキルターンは15ターンです。

転生オロチは直入れする事もできる高い能力をしています。スキブの関係で転生オロチのみしか使えない時もありますが、それ以外はヒドラを使っても良いでしょう。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
遅延耐性 いつでも遅延スキルを使えるように、敵の遅延攻撃は対策しておきましょう。
HP強化 HPに倍率がかかるリーダースキルを持っているため、HPを強化しておきましょう。序盤のゲームオーバー解消に役に立つでしょう。
カラフルダメージ軽減 100%ダメージ攻撃を防ぐ事ができます。パーティーで1体はつけておきましょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
1350ゼータ・ヒドラ
ヒドラ
アシストする側の方が多いのですが、もしアシストするなら同じスキルをアシストしておきましょう。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


ヒドラの総合評価

1350ゼータ・ヒドラ

リーダー評価:45点 / サブ評価:70点
※最高評価は100点です

ヒドラはアシストモンスターとして優秀なモンスターです。強力なスキルを持っているため、複数当たっても売却せずとっておきましょう。転生オロチは水属性ですが、ヒドラは火属性を持っています。

火属性へのアシストボーナスを考慮すると、ヒドラのほうが優秀な場面も存在します。最短ターン数の違いもあり、転生オロチでなければダメなシーンもあるので、用途に応じて使い分けしましょう。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ