【パズドラ】桐条美鶴の評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト

  • LINEで送る

4382桐条 美鶴

パズドラのペルソナコラボガチャで入手できる桐条美鶴(きりじょうみつる)の評価と使い道、おすすめ(オススメ)の潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

桐条 美鶴は強いのか?入手方法やスキル上げ方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

4382桐条 美鶴

レア度 コスト タイプ アシスト
5 20 攻撃
HP 攻撃 回復
LV最大 3295 1802 46
+297 4285 2297 343
限界突破+297
LS 【処刑する!】
水属性のHPが1.5倍、攻撃力は3.5倍。回復の5個十字消しでダメージを軽減、攻撃力が2倍。
S 【テンタラフー】
敵の行動を1ターン遅らせる。5ターンの間、回復ドロップが少し落ちやすくなる。
(?→10ターン)
覚醒 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:回復ドロップ強化 覚醒スキル:回復ドロップ強化 覚醒スキル:悪魔キラー 覚醒スキル:悪魔キラー
超覚醒

リーダー評価・使い道

ゲームオーバーになりにくい

桐条美鶴は水属性のHPが1.5倍、攻撃力は3.5倍になり、回復の5個十字消しでダメージを軽減、攻撃力が2倍になるリーダースキルを持っています。最大倍率は7倍と低いものの、軽減倍率とHP倍率を両立しているのが優秀です。

攻撃タイプらしからぬ防御よりのリーダースキルを持っており、ゲームオーバーになりにくいプレイングをしたい方は序盤から中盤程度までリーダーとして使うことができるでしょう。

バインド攻撃に注意

HP倍率と軽減倍率、回復ドロップ強化による擬似的な回復倍率を持っているため、防御面は完璧に見えますが、バインド耐性を持っていません。リーダーがバインドされるとHP倍率も軽減倍率も無効になるため、ゲームオーバーに直結します。

テクニカルダンジョンやスペシャルダンジョンでは序盤からバインド攻撃がとんでくるので、バインド回復できるサブを編成するところからパーティー構築するのがおすすめです。

スポンサーリンク


サブ(アシスト)評価・使い道

ダブル悪魔キラーが強い

桐条美鶴は悪魔キラーを2個持っているので、敵が悪魔タイプの時に攻撃力が9倍になります。潜在覚醒でも悪魔キラーをつけることができるので、悪魔タイプへの最大打点は約30倍になります。

水属性のダブル悪魔キラー2個持ちは初登場となっており、水属性をメインで使用している方は1体入手しておくと良いでしょう。

貴重な回復目覚めスキル

桐条美鶴のスキルは1ターン遅延に5ターンの回復目覚めがついているスキルです。回復目覚めは色系の目覚めと比べると貴重ですが、役立つ場面も多くありません。

もっとも有効な使い道は回復なしダンジョンで使うことです。回復目覚めを使用すると回復なしダンジョンでも回復ドロップが降ってくるようになります。回復なしダンジョンが嫌いな方はぜひ一回使ってみてください。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
悪魔キラー 対悪魔タイプ性能をさらに特化させることが可能です。
遅延耐性 リーダー起用する場合、LS発動条件用にスキルを使用するため、遅延対策しておきましょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3692ねね
ねね
水、光、回復の3色陣に2コンボ加算がつきます。リーダー起用する場合のコンボ吸収対策におすすめです。
3340水柱の護衛神・ムート
水柱の護衛神・ムート
バインド耐性+を付与できるアシストモンスターです。リーダー起用、サブ起用、どちらでも役立ちます。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


入手方法

ペルソナコラボガチャ

スキル上げ方法

スキル上げ素材

  • 調査中

スキル上げ周回におすすめのダンジョン

  • 調査中

桐条美鶴の総合評価

4382桐条 美鶴

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
65点 80点 70点

※最高評価は100点です

桐条美鶴はダブル悪魔キラーが優秀なモンスターです。水属性のダブル悪魔キラーは初登場なので、水パをメインで使用している方には代用の効かないモンスターになるでしょう。

最大倍率は低いものの、リーダー性能も悪くありません。HP倍率と軽減倍率を両立しており、回復ドロップ強化による擬似的な回復倍率もあります。ゲームオーバーになりにくいリーダーとして序盤に活躍するでしょう。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ