【パズドラ】クニヌエの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

3178ヨミツカミノミコ・クニヌエ

パズドラレーダーで入手できるヨミツカミノミコ・クニヌエの評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

クニヌエ(くにぬえ)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

3178ヨミツカミノミコ・クニヌエ

レア度 コスト タイプ アシスト
6 30 攻撃/神
HP 攻撃 回復
LV最大 2491 1899 216
+297 3481 2394 513
LS 攻撃タイプの攻撃力と回復力が少し上昇(倍率は1.35倍)。木を6個以上つなげると攻撃力が3倍。
S 水ドロップを木に、火ドロップを回復に変化。木ドロップを強化。
(11→8ターン)
覚醒 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:操作時間延長

リーダーとしての使い道

リーダースキルが弱く、パーティーが組みづらい

攻撃タイプのみで編成することとなり、最大攻撃倍率も低いため、リーダーとしては弱い部類のモンスターとなります。他に強いリーダーは多くいるため、モンスターが揃っていない序盤でのみ使い道があるかもしれません。

しかし、ガチャではなく、パズドラレーダーでの入手となり、運が良ければすぐにでも入手可能となります。ガチャをあまり引けていない始めたばかりの方はリーダーとしても使っていけるかもしれません。

覚醒スキルが非常に少ない

2体攻撃を2つ、スキルブーストを1つ、操作時間延長を1つしか持っていないため、パーティーをサポートできる覚醒スキルが揃っていません。バインドにも弱く、ギミックに対応できる強さを持っていません。

サブモンスター次第である程度補強はできますが、そこまでできるほど揃っているのであれば他に強力なリーダーを持っている可能性が高いです。無理にリーダーとして使う必要は全くありません。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

木の2体攻撃パーティーのサブとして使うことができる

攻撃力はそれなりに高く、また覚醒スキルに2体攻撃を2つ持っているため、2体攻撃に寄せたパーティーであれば、それなりの火力を出すことが可能です。スキル自体もドロップ確保と強化が行えるため使いやすいスキルになっています。

数は少ないですが、スキルブーストと操作時間延長と、多少はパーティーをサポートできるため、編成してまったく無駄になるといったことはありません。盤面の色を絞っていけるため、コンボパーティーのサブとしても使いやすいモンスターです。

アシストモンスターとして優秀なスキルを持っている

ガチャ限定モンスターではありませんが、継承ができるため、直接編成する以外にもスキルの優秀さを活かしてアシストモンスターとして継承することもおすすめできます。木と回復ドロップ生成、さらに木ドロップを強化するため、使い道は多いです。

ターン自体も最短で8ターンと軽めのスキルなため、継承しても楽に使っていけるので、他のステータスや覚醒スキルが優秀なモンスターに継承して使うことをおすすめします。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
攻撃力強化 高い攻撃力を強化することで火力を上げることができます。
カラフルダメージ軽減 汎用的に使えるカラフルダメージ軽減がおすすめです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3494転生アルテミス
転生アルテミス
回復ドロップを消しますが、大量の木ドロップを確保できます。
2390想紡の時女神・ヴェルダンディ
ヴェルダンディ
木・火・回復の3色陣を作ることができ、火力と回復を両立できます。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


クニヌエの総合評価

3178ヨミツカミノミコ・クニヌエ

リーダー評価:60点 / サブ評価:70点
※最高評価は100点です

リーダーとして使う場合は、他に強力なモンスターが手に入るまでのつなぎと割り切って使いましょう。クニヌエでは火力や耐久力など、多くの面でリーダーとして使うには弱い点が多いです。

サブとして使う場合は、木の2体攻撃パーティーやコンボパーティーに編成することをおすすめします。しかしこれも、他に優秀なモンスターが手に入るまでのつなぎと割り切って使った方がいいでしょう。

アシストとしては、優秀なスキルであり、木属性パーティーであれば多くのパーティーの変換スキル枠として優秀な活躍ができるため、使いやすいアシストモンスターとなります。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ