【パズドラ】光イルムの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

パズドラのレアガチャ(ゴッドフェス限定)で入手できる光イルム(人世の妖幻魔・イルム)の評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

光イルム(ひかりいるむ)は強いのかどうかの参考にして下さい。

イルムの究極進化分岐先
3235魔究の狂幻魔・イルム(火イルム)
火イルム
3236人世の妖幻魔・イルム
光イルム
イルムの究極進化はどっちがおすすめ?

スポンサーリンク

ステータス

3236人世の妖幻魔・イルム

レア度 コスト タイプ アシスト
8 70 悪魔/攻撃
HP 攻撃 回復
LV最大 4545 2159 491
+297 5535 2654 788
LS 【魔導への執心】
光光火(光火火)の3コンボ以上で攻撃力が3.5倍。光光火火の4コンボ以上で攻撃力が6倍。
S 【グリモワールスフィア】
全ドロップを火、光ドロップに変化。
(19→12ターン)
覚醒 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:光属性強化 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:光属性強化 覚醒スキル:光属性強化

リーダーとしての使い道

必要ドロップ数が多い

光イルムは、光と火の組み合わせで攻撃力が3.5倍になり、光と火を2コンボずつ以上組むと、攻撃力が6倍になるリーダースキルを持っています。最大倍率を発動させるには、火と光ドロップが6個ずつ必要です。

最大倍率も6倍と低く、HPにも回復にも倍率はありません。スキルや覚醒スキルは良いのですが、リーダー起用は難しいモンスターです。

列染めでもway染めでも使える

光イルムのリーダースキルはコンボ型ですが、覚醒スキルには光属性強化が3個と2wayが2個あります。手持ちのモンスターに応じて、自由にサブを編成すると良いでしょう。

サブとしては優秀な光イルムですが、リーダーとしてはあまり使えません。火イルムのほうが簡単に倍率が出せるうえに、最大倍率も高く、回復倍率もついています。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

色々なパーティーで使おう

光イルムは、覚醒スキルに光属性強化を3個持っています。属性強化を活かして、光の列パで使うのがおすすめです。火イルムのように、キラーは持っていませんが、敵が誰でも火力が出せるのが強みです。

2体攻撃の覚醒スキルも2個持っているため、2wayパで起用しても良いでしょう。色々なパーティーに柔軟に入れられるのが、光イルムの強みです。

アシストモンスターとしてもおすすめ

光イルムのスキルは、火と光の2色陣です。光属性パでは、直入れでもアシストモンスターとしても優秀な陣枠として使えるでしょう。火属性パーティーでもスキルだけ使いたい場合は、アシストモンスターとして使えば問題ありません。

2色陣は、単色変換と組み合わせる事で花火を作ったりできるため、高速周回パなどでよく起用されます。イルミナと違い追加効果がないため、処理が速いのもメリットです。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
遅延耐性 スキルが優秀なので、使いたい時に使えるように遅延対策しておきましょう。
操作時間延長 コンボ吸収対策に役立ちます。プレイヤースキルに自身があれば、必要ないでしょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3236人世の妖幻魔・イルム
光イルム
遅延対策にもなりますし、もし溜まっても問題ありません。アシストボーナスも嬉しいポイントです。
3545陽輪の大賢龍・アポルォ
アポルォ
回復のアシストボーナス目的でつけましょう。スキル自体も強力なので、もし溜まっても問題ありません。
3646彼方なるもの・ヨグ=ソトース
ヨグソトース
光と回復の2色陣に加え、HPとバインド回復までついています。サブとして使う時におすすめです。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


光イルムの総合評価

3236人世の妖幻魔・イルム

リーダー評価:80点 / サブ評価:85点
※最高評価は100点です

光イルムはサブとして優秀なモンスターです。優秀な2色陣と、属性強化を活かして、光の列パで使うのがおすすめです。火イルムのようにドラゴンキラーを持っているわけではありませんが、平均してどのダンジョンでも強さを発揮できます。

アシストモンスターとしても使えるので、もし複数体当たったらきちんと育成しておきましょう。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ