【パズドラ】ミニうるどの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト

  • LINEで送る

2907時女神・ミニうるど

パズドラのぷぎゅコレガチャで入手できる時女神・ミニうるどの評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

ミニうるど(みにうるど)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

2907時女神・ミニうるど

レア度 コスト タイプ アシスト
5 40 神/攻撃
HP 攻撃 回復
LV最大 2715 1688 421
+297 3705 2183 718
LS HPに応じて火属性の攻撃力が上昇(倍率はHP満タン時3.3倍、HP50%以上時3.15倍、HP50%以下時3倍)。水属性のHPと回復力が少し上昇(倍率は1.35倍)。
S 全ドロップを火、水、回復ドロップに変化。
(14→9ターン)
覚醒 覚醒スキル:火属性強化 覚醒スキル:火属性強化 覚醒スキル:火属性強化 覚醒スキル:火属性強化 覚醒スキル:スキルブースト

リーダーとしての使い道

火と水の混合パーティーを作ろう

2907時女神・ミニうるど

ミニうるどは、全パラメータに倍率のかかるバランスの良いリーダーです。しかし、攻撃力は火属性にのみ倍率がかかり、HPと回復力は水属性のみに倍率がかかります。全パラメータに倍率をかけられるのは、火と水の属性を持っているモンスターのみです。

パーティー編成難易度は少し高いですが、火と水属性で染められれば、バランスの良いパーティーを作ることができるでしょう。

攻撃倍率がHP依存

HPにより攻撃倍率に変化があります。最大倍率はHP満タン時の3.3倍ですが、最低倍率はH50パーセント以下時の3倍となっています。属性のみ満たしていれば、常時倍率となるので、列パでも2体攻撃でも好きなように火力を出すことができます。

最大の3.3倍でも現環境では火力が足りないため、覚醒スキルでどれだけ補うかがキーポイントとなりそうです。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

超優秀な3色陣

回復を含む3色陣は、陣スキルの中でもかなり優秀な部類に入ります。理由として、2色陣より事故が少ないことと、他のスキルと組み合わせで、特定1色を多めの2色陣を作ることができるからです。

例えばミニうるどと火ヴァルのスキルの組み合わせでは、火が多めの火と水の2色陣になります。また、回復したい時にも使うことができるため、ゲームオーバーを防ぐのにも役立ちます。

列強化を4個持っている

覚醒スキルは全部で5個と、少し物足りないミニうるどですが、火属性強化を4つ持っています。封印耐性や操作時間延長などは他のメンバーに任せることになりますが、列強化4つ分火力が増えるのは魅力的ですね。

手持ちのモンスターで封印耐性を100パーセントにできるのであれば、ミニうるどをサブに編成してもよいでしょう。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
体力キラー 攻撃倍率が物足りないリーダーのため、潜在覚醒で火力の底上げをしましょう。
遅延耐性 攻撃したい時だけでなく、回復したい時にも使えるスキルのため、いつでも使えるようにしておきましょう。
悪魔キラー 攻撃倍率が物足りないリーダーのため、潜在覚醒で火力の底上げをしましょう。体力キラーより刺さる敵は多いですが、吸収されることも多いです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3690稲姫
稲姫
火、木、回復の3色陣+2コンボ加算スキルが強力です。コンボ対策に使えます。覚醒進化させるとスキルが変わるので注意が必要です。
3103観想の智謀神・毛利元就
毛利元就
火と水の2色陣です。ヘイストが2ターンついており、周囲のスキルを効率よく回転させることができます。
3573響杖の星天使・ルミエル
ルミエル
火、水、木、闇の4色陣+敵全体に10万の固定ダメージがつきます。プレドラやキングタンなどに対して役割がもてます。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


ミニうるどの総合評価

2907時女神・ミニうるど

リーダー評価:70点 / サブ評価:80点
※最高評価は100点です

本家ウルドと同様のリーダースキルを持っているものの、覚醒スキルの物足りなさが足を引っ張ってしまっています。しかし、列強化に特化しているため、列パには本家ウルドよりミニうるどの方が適しています。

アシストモンスターとしても優秀なので、リーダーとして使用しなくても、火の列パを使っている方は1体とっておくと良いですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ