【パズドラ】モワの評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト

  • LINEで送る

4356闇の精霊王・モワ

パズドラのガンホーフェスティバル2018で入手できるモワ(もわ)の評価と使い道、おすすめ(オススメ)の潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

闇の精霊王・モワは強いのか?入手方法やスキル上げ方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

4356闇の精霊王・モワ

レア度 コスト タイプ アシスト
10 100 悪魔/バランス ×
HP 攻撃 回復
LV最大 3866 1754 259
+297 4856 2249 556
限界突破+297
LS 【モワの翼】
【操作時間4秒固定】5コンボ以上でダメージ軽減、攻撃力が7倍。お邪魔の5個十字消し1個につき攻撃力が4倍。
S 【パストダーク】
3ターンの間、お邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。ランダムでドロップを入れ替える。
(?→6ターン)
覚醒 覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:暗闇耐性 覚醒スキル:暗闇耐性 56覚醒スキル:スキルブースト+
超覚醒

リーダー評価・使い道

超高難易度LS持ち

モワは5コンボ以上でダメージ軽減、攻撃力が7倍になり、お邪魔の5個十字消し1個につき攻撃力が4倍になるリーダースキルを持っています。倍率だけみると非常に強力ですが、操作時間が4秒固定になるデメリットもあります。

プレイヤースキルが高いだけではなく、十字消しの扱いに慣れていないと扱うことはできません。難易度だけでいえばパズドラトップクラスの扱いにくさです。

十字消しは1個でも十分

4秒で十字消しを2個組みながら5コンボ以上組むのは簡単ではありません。お邪魔の十字消し1個を含む5コンボをメインに運用するのがおすすめです。十字消しを2個組まなくても28倍の高火力を出すことが可能です。

勝負どころでは整地を使うことで4秒でも十字2個を含む5コンボ以上を狙いましょう。整地した盤面を荒らされないように、サブに遅延スキルを入れておくと役立ちます。

スポンサーリンク


サブ(アシスト)評価・使い道

お邪魔ドロップを供給し続けられる

モワはお邪魔目覚めとドロリフの複合スキルを持っています。最短6ターンで使用でき、効果が3ターン続くので、お邪魔ドロップのメインの供給源にすることが可能です。敵の毒目覚めを上書きすることもでき、ピンポイント起用も可能です。

2体編成すると必然的に暗闇耐性が80パーセントになるのも魅力です。パーティー全体であと1個暗闇耐性があれば100パーセント防げるようになります。

覚醒スキルが少ない

モワは覚醒スキルが5個しかありません。完全バインド耐性にスキルブースト+を持っているので最低限はクリアしていますが、封印耐性を持っていないのがネックです。ループできるように2体編成する場合はサブがかなり限られてしまいます。

封印耐性バッジで対策するのも一つの手です。封印バッジは覚醒無効状態でも50パーセントで封印を弾くことができるため、悪くない選択肢になるでしょう。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
キラー バランスタイプなので好きなキラーをつけることが可能です。
遅延耐性 スキルマ2体でループできるスキルを持っているので、遅延対策しておきましょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3761黒天の零龍喚士・ネイ
闇ネイ
闇、回復、お邪魔の3色陣に2ターンのバインド回復と最大HPの25%分HP回復がついたスキルです。リーダー起用時におすすめです。
4143無明刀【空諦】
無明刀【空諦】
暗闇耐性を3個付与できるのが優秀なアシストモンスターです。リーダー起用、サブ起用どちらでも役立ちます。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


入手方法

ガンホーフェスティバル2018

スキル上げ方法

スキル上げ素材

スキル上げ周回におすすめのダンジョン

モワの総合評価

4356闇の精霊王・モワ

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
75点 75点 -点

※最高評価は100点です

モワは超高難易度のリーダースキルを持っているモンスターです。使いこなせば裏闘技場をクリアできるレベルの能力を持っていますが、扱いが非常に難しく、使いこなせる人はかなり稀でしょう。

敵の毒、お邪魔目覚めはターン数が長いことが多いですが、モワのスキルで上書きすることも可能です。上書き要員として1体育てておいても損はないでしょう。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ