お正月半蔵の評価と使い道、スキル継承、潜在覚醒(光半蔵)

  • LINEで送る

初日影の幻光・服部半蔵

パズドラのお正月ガチャで入手できる初日影の幻光・服部半蔵(お正月半蔵、光半蔵)の使い道と評価を考察してみました。

個人的にはお正月キャラの中でも当たりキャラ!欲しいです。

※5月20日更新:ステータスパワーアップの内容を反映

スポンサーリンク

ステータス

2538初日影の幻光・服部半蔵(お正月半蔵)のステータス

お正月半蔵は攻撃/悪魔タイプ。
タイプやステータスは、本家闇半蔵と全て同じみたいですね~。

攻撃力と回復力は一線級!HPが低すぎるのが欠点でしたが、お正月ガチャ復活によるパワーアップ調整で、最低限の数値は確保しましたね。

どちらにしても、HPに倍率がかかるパーティーのサブとして使うことを求められそうです。

リーダーとしての使い道

半耐久パーティーとして

2538初日影の幻光・服部半蔵

リーダースキルは攻撃タイプのHPと回復力が1.5倍、攻撃力は2倍。

リーダーとフレンドにお正月半蔵を配置した場合はHPと回復が2.25倍、攻撃力4倍。
全パラメーターに倍率がかかるバランスの良いパーティーを編成することができますが、いかんせん、全体的に倍率が低いです。

現在ではもっと高倍率のリーダーが登場していることから、お正月半蔵をリーダーとして使うことはまず無さそうです。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

貴重な火→光ドロップ変換要員

スキルは火ドロップを光ドロップに変化。

2364調査兵団団長・エルヴィン・スミス

主属性が光で、火→光ドロップに変換するスキルを持っていたのは、進撃の巨人コラボガチャで入手できるエルヴィンしかいませんでした。

そういう意味では貴重なドロップ変換要員となりそうです。

相性の良いモンスターは?

2441裁爪の橙龍契士・サリア

サリアのスキルは全ドロップを火、光、回復ドロップに変換。
お正月半蔵のスキルとセットで使うことで、盤面を光と回復の2色にすることができます。

回復を消さないため、理想的な盤面2色に出来るのが魅力ですね。

1951創書の白幻魔・イルム

イルムとも相性良し!
イルム→お正月半蔵とスキルを使うことで光花火を打つことができます。

ドロップ強化スキル持ちとセットで使いたいですね。

ドラゴンタイプに強い!

お正月半蔵の特徴の一つが覚醒スキルにドラゴンキラーを持っていること。
ドラゴンキラーは、ドラゴンタイプの敵に対して攻撃力3倍となるため、非常に強力。

極限ドラゴンラッシュのようなドラゴンタイプのモンスター中心に出現するダンジョンでは、貴重な要員となりそうです。

その他、本家半蔵と比較すると、スキブを2個持っている点も優秀ですね~。

就職先パーティー

2441裁爪の橙龍契士・サリア 2395覚醒トール

サリア×覚醒トールパーティーとは相性抜群。
何よりもサリアと相性が良いため、テンプレパーティーのサブ候補になりそうです。

【パズドラ】サリアの最新テンプレパーティー、最強サブ


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒スキル:攻撃強化 潜在覚醒スキル:攻撃強化 潜在覚醒スキル:攻撃強化 潜在覚醒スキル:攻撃強化 潜在覚醒スキル:攻撃強化

お正月半蔵は攻撃力がやや高め。2体攻撃やドラゴンキラーなど、攻撃的な覚醒スキルが付いているため、潜在覚醒スキルは攻撃強化がおすすめです。

お正月半蔵の潜在覚醒は何を付けた?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

スキル継承のおすすめは?

ベースモンスターとして

お正月半蔵は最短5ターンでスキルを使用することができるため、スキル継承しやすいです。

上位互換となる陣・ドロップ変換系やダメージ軽減、エンハンススキルなど、起用するパーティーに不足しているスキルを継承させましょう。

アシストモンスターとして

お正月半蔵はアシストモンスターとして使用するにはスキルの効果が弱いです。ベースモンスターとしてスキル継承させましょう。

スキル継承 おすすめの組み合わせは?


お正月半蔵の評価

2538初日影の幻光・服部半蔵

リーダー評価:55点 / サブ評価:85点
※最高評価は100点です

お正月半蔵はサブとして輝くキャラ!

火→光ドロップ変換スキルとドラゴンキラーの覚醒スキルを持つ希少性で、お正月キャラの中では大当たり枠になりそうです。

★5キャラだけに何とか引き当てたいキャラですね\(^o^)/

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ