【パズドラ】プラリネの評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト

  • LINEで送る

4191迅疾の伝龍喚士・プラリネ

パズドラの龍契士&龍喚士ガチャで入手できるプラリネ(ぷらりね)の評価と使い道、おすすめ(オススメ)の潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

迅疾の伝龍喚士・プラリネは強いのか?入手方法やスキル上げ方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

4191迅疾の伝龍喚士・プラリネ

レア度 コスト タイプ アシスト
6 60 ドラゴン/回復
HP 攻撃 回復
LV最大 3285 1498 815
+297 4275 1993 1112
限界突破+297
LS 【煌翼の召龍印】
ドラゴンと回復タイプの攻撃力が3倍。回復の5個十字消しでダメージを軽減(倍率は35%)、攻撃力が2倍。
S 【ヒーリングライト】
水ドロップを光に、闇ドロップを回復に変化。4ターンの間、回復力が1.5倍。
(14→9ターン)
覚醒 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:神キラー 覚醒スキル:神キラー 覚醒スキル:悪魔キラー 覚醒スキル:悪魔キラー
超覚醒

リーダー評価・使い道

リーダー性能は降臨以下

プラリネはドラゴンと回復タイプの攻撃力が3倍になり、回復の5個十字消しでダメージを軽減、攻撃力が2倍になるリーダースキルを持っています。最大倍率は6倍と低く、軽減率も半減ではないため、降臨産のミルより弱いリーダースキルです。

ドラゴンと回復タイプしか編成できない縛りもあるため、序盤でも使いにくいです。リーダーとして使うことはほとんどないでしょう。

スポンサーリンク


サブ(アシスト)評価・使い道

神と悪魔のダブルキラーが強い

プラリネは神キラーと悪魔キラーをそれぞれ2個ずつ持っており、敵が神か悪魔タイプの時は攻撃力が9倍になるアタッカータイプのモンスターです。敵が神と悪魔の2個のタイプを持っている時はLSなしで81倍と驚異的な倍率になります。

潜在キラーでは神キラーも悪魔キラーもつけられません。マシン、ドラゴン、回復、攻撃の4種類から選ぶことができますが、持っている敵が多いマシンかドラゴンキラーがおすすめです。

キラーが刺さらない時は置物

キラーが刺さる時のアタッカー性能は高めですが、キラーが刺さらない時の性能はかなり低いです。攻撃のステータスが2千にも満たないうえに、キラーを抜かすと覚醒スキルがスキブと封印が1個ずつしかありません。

出現する敵がわかっているダンジョンでは活躍する可能性が高いものの、初見攻略などでは活躍できるかわからない扱いにくいモンスターです。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
遅延耐性 スキルが優秀なので、使いたい時に使えるように遅延対策しておきましょう。
ドラゴンキラー 刺さる敵が多く、優秀なキラーです。
マシンキラー 有効な攻撃範囲を広げるために潜在覚醒には多めにキラーをつけておきましょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
4147サージ電竜砲【瞬電】
サージ電流砲【瞬電】
3個のキラーが付与でき、攻撃性能を高められるアシストモンスターです。アシストボーナスと攻撃強化覚醒付与も優秀です。
3646彼方なるもの・ヨグ=ソトース
ヨグソトース
光と回復の2色陣にバインドとHP回復がついたスキルです。アシストボーナスも高めで、汎用性が高いのが魅力です。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


入手方法

龍契士&龍喚士ガチャ

スキル上げ方法

スキル上げ素材

  • ヒカマキドラ

スキル上げ周回におすすめのダンジョン

  • 調査中

プラリネの総合評価

4191迅疾の伝龍喚士・プラリネ

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
55点 85点 75点

※最高評価は100点です

プラリネはサブかアシストとして活躍するモンスターです。アシスト性能は特別高くありませんが、サブ性能は比較的高めです。サブ性能が高い時はキラーが刺さる時のみであり、キラーが刺さらない時の性能はかなり低いです。

ダンジョンの内容がわかっている時のみ採用し、そうでない場合は使わないのがおすすめです。潜在覚醒でキラーをつけて、神と悪魔以外に有利なタイプを作ると多少は使いやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

One Response to “【パズドラ】プラリネの評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト”

  1. 名無し より:

    これからのランダンで絶対必要になるなこいつ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ