【パズドラ】転生カリンの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

3488転生カリン

パズドラのレアガチャで入手できる転生カリンの評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

転生カリン(てんせいかりん)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

3488転生カリン

レア度 コスト タイプ アシスト
8 50 ドラゴン/攻撃/神
HP 攻撃 回復
LV最大 4102 2457 298
+297 5092 2952 595
LS 【青龍神の魂】
敵から受けるダメージを軽減(倍率は30%)。水木闇の中から2色同時攻撃で攻撃力が4.5倍。
S 【青龍七星陣】
全ドロップを水、木、闇ドロップに変化。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。
(13→9ターン)
覚醒 覚醒スキル:水ドロップ強化 覚醒スキル:毒耐性 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:水属性強化 覚醒スキル:水属性強化 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:コンボ強化

リーダーとしての使い道

常時30%の軽減つき

転生カリンは、常時敵から受けるダメージを30パーセント軽減できるリーダースキルを持っています。常時軽減があるため、バインドされていない限り、100パーセントダメージ攻撃でゲームオーバーになりません。

攻撃倍率は水木闇の中から2色同時攻撃で4.5倍となっています。指定3色の中から2色消せば良いため、簡単に倍率を出す事ができます。初心者でも扱いやすいリーダーと言えますね。

列パとしてもコンボパとしても運用できる

転生カリンの覚醒スキルには、水属性強化が2個と、コンボ強化が1個あります。どちらで運用するか悩むところですが、基本はどちらかに統一しましょう。

列+コンボを狙っていっても良いですが、パズル難易度が高くなってしまいます。手持ちのモンスターに応じて、パーティーのスタイルを変えられる自由度の高いリーダーと言えるでしょう。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

水の列パやコンボパで使える

転生カリンは、転生による高ステータスとヘイストつき3色陣が優秀なモンスターです。覚醒スキルは水属性強化とコンボ強化がありますが、発動条件が真逆のため、両方活かすのは難しいです。

コンボパでも列パでも使える汎用性はありますが、コンボ強化2個もちや、属性強化5個持ちのモンスターと比較すると中途半端にも感じてしまいます。

列+コンボを狙おう

列とコンボの両立は難しいですが、不可能なわけではありません。パズル難易度が高いため、操作時間延長を多く積むのが大切になります。

また、2色陣だとつながって消えてしまい、コンボ数が伸びなくなってしまうため、3色陣を使うのがオススメです。転生カリン自身が3色陣を持っているので、プレイヤースキル次第では両立が可能です。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
遅延耐性 スキルが優秀なので、使いたい時に使えるように遅延対策しておきましょう。
操作時間延長 列+コンボ強化の組み合わせは、パズル難易度が高いです。操作時間は少しでも長い方が良いでしょう。
体力キラー イルシックス対策としてオススメです。現環境ではダメージ吸収や無効の対象になりにくく、優秀です。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3764刻水の時女神・スクルド
分岐スクルド
水、木、回復の3 色陣です。サブとして使う場合にオススメです。回復を消してくる相手にも対応しやすくなります。
3692ねね
ねね
水、光、回復の3色陣に2コンボ加算がつきます。列を組みながら5コンボすれば、コンボ強化が有効になります。
3389転生ツクヨミ
転生ツクヨミ
盤面を全て強化し、3ターンの間、操作時間を5秒延長するスキルです。確実に決めたい時にオススメです。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


転生カリンの総合評価

3488転生カリン

リーダー評価:80点 / サブ評価:80点
※最高評価は100点です

転生カリンはリーダーとしてもサブとしても使えるモンスターです。リーダーとしては、若干火力不足感が否めません。しかし、分岐スクルドアマツマガツチなどの、コンボ強化持ちを多く編成する事で補えるでしょう。

サブとしては、コンボパでも列パでも使えるオールマイティなモンスターとして役立つでしょう。スキルとステータスも優秀なため、アシストモンスターとしても役立ちますね。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ