【パズドラ】学園サクヤの評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト

  • LINEで送る

4343バンドの麒麟姫・サクヤ

パズドラの新学期ガチャ(しんがっきがちゃ)で入手できる学園サクヤ(がくえんさくや)の評価と使い道、おすすめ(オススメ)の潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

バンドの麒麟姫・サクヤは強いのか?入手方法やスキル上げ方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

4343バンドの麒麟姫・サクヤ

レア度 コスト タイプ アシスト
8 40 ドラゴン/バランス/マシン
HP 攻撃 回復
LV最大 3978 1670 554
+297 4968 2165 851
限界突破+297 5565 2416 934
LS 【ちゃんと、ついてきてねっ!】
火水木光の同時攻撃で攻撃力が5倍。5コンボ以上で攻撃力が上昇、最大3倍(倍率は5コンボ1.5倍〜8コンボ3倍、1コンボにつき+0.5倍)。
S 【四神乱舞】
敵のHPを20%減らす。
(15→9ターン)
覚醒 覚醒スキル:バインド回復 覚醒スキル:お邪魔耐性 覚醒スキル:暗闇耐性 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:毒耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:操作時間延長
超覚醒 55覚醒スキル:操作不可耐性 覚醒スキル:コンボ強化 覚醒スキル:バインド耐性

リーダー評価・使い道

耐久倍率がない

学園サクヤは火水木光の同時攻撃で攻撃力が5倍になり、5コンボ以上で攻撃力が最大3倍まで上昇するリーダースキルを持っています。最大倍率は15倍と悪くありませんが、耐久系の倍率がなく、ゲームオーバーになりやすいのがネックです。

できるだけHPの高いモンスターでパーティーを組んだり、HPバッジで補うとゲームオーバーになりにくくなります。

パーティーが組みやすい

リーダースキルの特性上、タイプを問わず自由にパーティーを組むことが可能です。指定4色のうち2色を自身で埋めているため、残り2色さえ埋めればあとは各色で強いモンスターを編成するだけでも扱いやすいパーティーを組むことができます。

高難易度適性はないので、手持ちが少ない序盤用の多色リーダーとして使うのがおすすめです。

スポンサーリンク


サブ(アシスト)評価・使い道

妨害対策の1ピースに使える

学園サクヤはお邪魔、暗闇、毒、封印と覚醒スキルのうち4個が耐性系の覚醒です。封印耐性は持っているモンスターの方が多いですが、残りの3個を持っているモンスターは多くありません。

毒耐性などを100パーセントにしたい時のパズルの穴埋めとして使いやすく、ダンジョンによってはピンポイントで起用が見込めるでしょう。

シンプルな割合ダメージスキル

学園サクヤのスキルは敵のHPを20パーセント減らすスキルです。他に効果がないシンプルな割合ダメージスキルなので、スキルブーストが少ない編成でも低いフロアでスキルが溜まりやすいです。

階数が低いダンジョンなどで活躍が見込めたり、周回パの根性対策枠としても出番があるかもしれません。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
カラフル軽減 100パーセント割合攻撃でゲームオーバーになるのを防ぐことが可能です。
キラー バランスタイプなので好きな潜在キラーをつけることが可能です。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
4214寄道の親愛神・サクヤ
バレンタインサクヤ
火、水、木、光の4色陣に光ドロップ強化がついているスキルです。
4260双鼓の天鬼姫・雷神
光雷神
ロック解除つきの6色陣です。アシストボーナスがかかり、ロック対策にもなります。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


入手方法

新学期ガチャ(しんがっきがちゃ)

スキル上げ方法

スキル上げ素材

  • ファガン

スキル上げ周回におすすめのダンジョン

  • 聖獣達の楽園

学園サクヤの総合評価

4343バンドの麒麟姫・サクヤ

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
75点 80点 65点

※最高評価は100点です

学園サクヤは妨害耐性を編成したい時や序盤のリーダーとして使えるモンスターです。妨害系の耐性を多く持っているいますが、火力覚醒は2体攻撃2個しかないため、火力は低めです。

最大倍率は悪くないリーダースキルなものの、耐久系の倍率がないので中難易度ぐらいから使いにくくなってきます。優秀なリーダーを入手するまでのつなぎとして使うのがおすすめです。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ