【パズドラ】志々雄真実パーティーのテンプレサブ

  • LINEで送る

4423炎から出でし修羅・志々雄真実

パズドラのるろうに剣心(るろ剣)コラボガチャで入手できる志々雄真実パーティー(志々雄真実パ)の最強テンプレ編成とおすすめサブをまとめてみました。

最新モンスターデータを元に、最強サブ・テンプレートを考察!

スポンサーリンク

志々雄真実パ編成のポイント

キャラ リーダースキル
44234423炎から出でし修羅・志々雄真実 闇と火属性の攻撃力が5倍。闇か火を5個以上つなげて消すとダメージを軽減(倍率は25%)、攻撃力が2.5倍。

列染めがおすすめ

5個以上つなげて消すリーダースキルの特性上、2体攻撃やコンボ強化と組み合わせて使うのはナンセンスです。L字消しやドロップ強化、属性強化と組み合わせるのが効率が良く、列染めが編成難易度が低く扱いやすいでしょう。

即時回復スキルを用意しよう

志々雄真実はLSに回復倍率がなく、HPが減った後の復帰が苦手なリーダーです。軽減倍率はありますが、即時回復できるスキルを入れておいた方が安定感は高くなります。即時回復が用意できない場合は回復ドロップ強化などで回復力を補いましょう。

副属性も有効活用しよう

志々雄真実は闇だけでなく、火の5個以上消しでも倍率を出すことが可能です。闇の欠損時や敵が弱い時などに火ドロップを有効活用できるように、闇と火のモンスターを半々ずつ編成すると良いでしょう。

スポンサーリンク


志々雄真実パのおすすめテンプレ

2色属性強化染めの志々雄真実パ

パーティー編成

44234423炎から出でし修羅・志々雄真実4195回想の時女神・プレーナ4008春紅蘭の君子・シャンメイ3245爆怒の鉄龍帝・ナインガルダ4187漂浪の霊龍契士・ラジョア44234423炎から出でし修羅・志々雄真実

名前 役割
志々雄真実 最上段横1列→火/最下段横1列→闇+1ターン闇、火属性攻撃力2倍
火プレーナ 1ターン3コンボ加算+火、闇、回復の3色陣
シャンメイ 火以外から回復ドロップ6個生成+1ターンヘイスト
ナインガルダ 9ターン15%軽減
闇火ラジョア 闇、回復の2色陣+最大HP40%分HP回復+4ターンバインド回復
志々雄真実 最上段横1列→火/最下段横1列→闇+1ターン闇、火属性攻撃力2倍
ステータス
HP+99 回復+99
33,431 4,247
最大攻撃力 ダメージ軽減
約156倍 約43%

※最大倍率の数値で計算

覚醒スキル:スキルブースト×6 56覚醒スキル:スキルブースト+×2 覚醒スキル操作時間延長×3 53覚醒スキル:操作時間延長+×1 覚醒スキル封印耐性×5 覚醒スキル:L字消し攻撃×6 覚醒スキル:超追加攻撃×1 覚醒スキル:火属性強化×9 覚醒スキル:闇属性強化×11 覚醒スキル:ダメージ無効貫通×1

パーティー解説

闇だけでなく、副属性の火でも火力を出しやすくした編成です。簡単な周回や中〜高難度の間ぐらいのダンジョンを攻略するのに向いています。火力が出しやすい代わりに総合的な火力は低めで、裏闘技場などの攻略には向いていないため、注意が必要です。

属性強化中心で構成し、キラー持ちがいないので火力が平均的になりやすく、ダメージ吸収やダメージ無効を使用してくる敵に比較的強めなのが魅力です。闇火ラジョアがダメージ無効貫通を持っているため、ダメージ無効貫通持ちで発狂攻撃がある敵などは安心してワンパンが狙えます。

ドロップ強化やL字消し編成でも簡単周回に向いているので、手持ちのモンスター次第で構成を自由に変更しやすいリーダーです。


志々雄真実パのおすすめサブ

陣・ドロップ変換枠

44234423炎から出でし修羅・志々雄真実
志々雄真実
4195回想の時女神・プレーナ
火プレーナ
4008春紅蘭の君子・シャンメイ
シャンメイ
4210南方の親愛神・レイラン
バレンタインレイラン
4215西方の親愛神・ハク
バレンタインハク
4242覚醒アンタレス
覚醒アンタレス
4186霊龍契士・ラジョア
闇ラジョア
3506転生パンドラ
転生パンドラ
3878黙瞳の魔神爵・グレモリー
闇グレモリー

サポート枠

3245爆怒の鉄龍帝・ナインガルダ
ナインガルダ
4381エリザベス&タナトス
エリザベス
4379雨宮 蓮&アルセーヌ
雨宮蓮
3164タマゾーXバットマン
タマゾーXバットマン
3392火赤オーディン(戦域の幻術神・オーディン)
火赤オーディン
2355反攻の巨人・エレン・イェーガー
光エレン
スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ