【パズドラ】スクルドの使い道と評価、倍率、潜在覚醒

  • LINEで送る

2714予知の時女神・スクルド

パズドラのレアガチャで入手できる究極スクルド(予知の時女神・スクルド)の使い道と評価、倍率、おすすめの潜在覚醒を考察してみました。

究極進化により、サブとして使い道の幅が広がりました\(^o^)/

スポンサーリンク

ステータス

2714予知の時女神・スクルド

究極スクルドは神/体力タイプ。

ステタースは究極進化前と比較すると、HP+500、攻撃+200とパワーアップ。

同じく時女神シリーズのウルドヴェルダンディと比較すると、スクルドの方がレア度が高いぶん、ステータスの上昇幅も優遇されている気がします。

覚醒スキルが3個追加されたウルドやヴェルダンディに対して、スクルドは2個しか追加されなかったため、その調整もあるのかもしれませんw

リーダーとしての使い道

扱いやすいリーダースキル

2714予知の時女神・スクルド

リーダースキルはHPに応じて水属性の攻撃力が上昇。木属性の回復力が2倍。
攻撃力上昇の倍率はHP100%時3.3倍、HP50%以上3.15倍、HP50%未満3倍です。

リーダーとフレンドに究極スクルドを配置すると、攻撃10.89倍、回復4倍!

HPには倍率がかかりませんが、究極スクルド自身のHPが5,075と非常に高いため、HPにプラス卵を振ることで、ある程度のHPを確保することができます。

リーダースキル発動条件も簡単なため、攻守に優れたリーダースキルと言えそうです。

2Wayパーティーとして

スクルドは究極進化により、2体攻撃が追加されて、4Wayキャラとなりました。

2565衛瓶の鋼星神・シェアト 2322覚醒ヤマタノオロチ

リーダーとして使う場合は、サブに2体攻撃持ちを入れて、2Wayパーティーを編成するとベスト。水属性はどちらかというと、水属性強化持ちの方が多いですが、シェアト覚醒ヤマタノオロチなど優秀なキャラも多いため、揃えることができれば、強力なパーティーを編成可能です。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

扱いやすい陣スキル

スキルは全ドロップを水、木、回復ドロップに変化。
攻撃色と回復ドロップを同時に作り出せる優秀なスキルです。

木→水、回復→水ドロップに変換できるキャラとセットでスキルを使用することで、水多めの2色陣を生成することができます。

1561超サイヤ人第三段階・トランクス 1729蒼翔姫神・ヴァルキリーレイン

トランクスやヴァルキリーレインあたりとは相性が良さそうですね♪

サブとして使う場合は、セットで起用しましょう。

2Way or コンボパのサブとして

スクルドは究極進化により2体攻撃の覚醒スキルが2個になり、操作時間延長も追加されました。

2Wayパーティーとして起用できるのはもちろんのこと、コンボパーティーのサブとしても起用しやすくなりましたね~。サブとしての就職先は多そうです。

就職先パーティー

2679十三番隊隊士・朽木ルキア

ブリーチコラボガチャで入手できる朽木ルキアとは相性抜群。
全体的に能力が噛み合っているため、テンプレパーティー候補となります。

朽木ルキアパの最新最強テンプレ

2385占命星雲神・ヌト

ヌトをリーダーとしたコンボパーティーとも相性良さそう。
スクルドは水ドロップ強化の覚醒スキルも2個持っているため、パーティー全体の火力を底上げしてくれます。

ヌトの使い道と評価

1955覚醒ラクシュミー

覚醒ラクシュミーパーティーに入れるのもあり。
覚醒スキルは若干ミスマッチですが、水と回復ドロップを同時に作れるため、覚醒ラクシュミーのリーダースキルと相性が良いです。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒スキル:HP強化 潜在覚醒スキル:HP強化 潜在覚醒スキル:HP強化 潜在覚醒スキル:HP強化 潜在覚醒スキル:HP強化

スクルドはLV最大時のHPが非常に高いです。

長所を伸ばすためにも、潜在覚醒スキルはHP強化がおすすめ。朽木ルキアやヌトなどのコンボパーティーで使う予定なら、操作時間延長の潜在覚醒スキルも良さそうですね。


究極スクルドの評価

2714予知の時女神・スクルド

リーダー評価:75点 / サブ評価:80点
※最高評価は100点です

究極進化を果たしたスクルドですが、使い道は今までと変わらず。
ステータスや覚醒スキルが強化されて、より使いやすくなった印象ですね。

リーダーやサブとしても使い道の多い超大当たりキャラです\(^o^)/

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ