【パズドラ】トキの使い道と評価

  • LINEで送る

1863柔の拳・トキ

パズドラの北斗の拳コラボガチャで入手できる
柔の拳・トキの使い道と評価考察をしてみました。

原作を再現するようなスキルとステータスに仕上がっています\(^o^)/

スポンサーリンク

ステータス

1863柔の拳・トキのステータス

トキは回復タイプ/攻撃タイプということで、
HPは低めですが、攻撃力と回復力が高めとなっています。

回復パーティーを組む時には、攻撃力の低さがネックになることも多いので、
トキの攻撃力はパーティーの火力アップに貢献してくれそうです(^^

リーダースキル「せめて奥義で葬ろう」

リーダースキルは回復タイプのHPと攻撃力1.2倍+水ドロップ6個以上消しで攻撃力3倍。

アンドロメダの劣化版に見えますが、回復タイプでパーティーを組めば、
トキの場合は水ドロップ6個で攻撃力3.6倍を叩き出せるのが大きな魅力です。

英雄神は強いのですが、ドロップ8個消ししていると、
ドロップ枯渇しやすいですし、複数列も組みにくい時あるんですよね~。

その点、トキなら水ドロップを節約しつつ、高い火力を発揮することが可能です。

また、トキをリーダーとフレンドにすれば、HP1.44倍になるため、
アンドロメダパの弱点であるHPの低さを補う事が可能です。

一番大きいのは、完全バインド耐性である点ですね♪

リーダーバインドされる可能性があるダンジョンかどうかで、
アンドロメダとトキを使い分けると良さそうです(^^

スキル「闘勁呼法」ターン数:20 ⇒ 15

スキルは1ターンのダメージ無効+バインド状態3ターン回復。

ダメージ無効はガネーシャと同じですが、スキルマ時のターンが、
ガネーシャが19に対して、トキは15と4ターンも短いです。

それに加えて、バインド状態3ターン回復も付いているので、
完全にガネーシャがお亡くなりになられました(;^_^A

トキ自身が完全バインド耐性でバインド3ターン回復も出来るので、
バインド回復要員としても超優秀。

1ターンのダメージ無効の効果もガネーシャや
クシナダヒメのスキルと同じような感じでいざという時に使えそうです(^^

欠点を上げるとすれば、ターンが重たい事ですね(;^_^A

覚醒スキル

覚醒スキルはバインド耐性2個に、スキブと水属性強化。

水属性強化を持っているため、
サブとして使うなら、水属性+列強化パーティーが良さそうです。

無駄の無い覚醒スキルなので、究極進化後が楽しみなキャラです(^^


リーダーとしての使い道

1863柔の拳・トキ 1192蒼扇の夜叉姫・初芽局 1740勇壮の将軍神・孫権 1729蒼翔姫神・ヴァルキリーレイン 1617錬水の魔道士・シャロン 1733蒼鎖の星海神・アンドロメダ

トキをリーダーとしたパーティーを組むなら、
サブは回復タイプで固めるのが基本!

トキ自体のスキルは2つも要らない気がしますし、
現実的にフレンドリーダーからトキを探すのが大変な気がしますので、
片方のリーダーはアンドロメダが良いと思います(^^

サブ候補はこんな感じ。

  • アンドロメダ
  • 光孫権
  • ヴァルキリーレイン
  • 初芽局
  • シャロン
  • イズン&イズーナ
  • ガブリエル
  • ルカ
  • セイレーン

こうしてみると、水属性の回復タイプって充実していますね(゜Д゜)!
パーティー組みやすそうです♪

サブとしての使い道

1733蒼鎖の星海神・アンドロメダ

アンドロメダパーティーのバインド対策要員。
いざという時のダメージ無効スキルも役立ちそうです。

1534覚醒ネプチューン

覚醒ネプチューンパーティーのサブ。
水属性の攻撃タイプは少ないので、トキの存在は貴重!
ネプチューンのエンハンスの効果を受けられるのも大きいですね。

その他、水属性パーティーのバインド対策要員はもちろんの事、
多色パーティーの水枠としても使い道ありそうですね(^^

トキの評価

1863柔の拳・トキ

評価:Sランク

トキはパーティーの守備力を上げるには、最高峰のキャラですね\(^o^)/

メインはバインド対策要員となると思いますが、
1ターンのダメージ完全無効化スキルが付くことで、
他には代用出来るキャラがいない存在になっています。

1ターンダメージ無効というと、
個人的にはラオウの北斗剛掌波を交わしているトキをイメージしてしまいます(笑)

リーダーとしてはもちろん、サブとしての使い道も沢山ありそうですね~。
当たった方は大事に育てましょう!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ