【パズドラ】究極サレーネの評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト

  • LINEで送る

4648輝門の大魔女・サレーネ

パズドラのレアガチャ(ゴッドフェス限定)で入手できる究極サレーネ(きゅうきょくされーね)の評価と使い道、おすすめ(オススメ)の潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

輝門の大魔女・サレーネは強いのか?入手方法やスキル上げ方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

4648輝門の大魔女・サレーネ

レア度 コスト タイプ アシスト
7 35 悪魔/バランス
HP 攻撃 回復
LV最大 4210 2103 778
+297 5200 2598 1075
限界突破+297
LS 【古光霊の航術】
光を3個以上つなげて消すと攻撃力が上昇、最大18倍。ドロップ操作を2秒延長。
S 【ディパーチャーライト】
全ドロップを光ドロップに変化。自分以外の味方スキルが2ターン溜まる。
(24→19ターン)
覚醒 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:ダメージ無効貫通 覚醒スキル:ドラゴンキラー 覚醒スキル:神キラー 覚醒スキル:悪魔キラー 覚醒スキル:マシンキラー 覚醒スキル:バランスキラー
超覚醒

リーダー評価・使い道

周回向きリーダー

究極サレーネは光を3個以上つなげて消すと攻撃力が最大18倍まで上昇し、ドロップ操作を2秒延長するリーダースキルを持っています。最大倍率を出すためには光ドロップを15個消す必要があります。

花火盤面から横1列生成を使用し、無効貫通を組んだ残りがちょうど15個なので、花火を繰り返すのを前提の調整と言えるでしょう。

周回以外では使えない

周回に適したリーダースキルを持つ究極サレーネですが、HP倍率や軽減倍率などの耐久倍率を1つも持っていません。ドロップ操作を延長する効果はあるものの、コンボや多色リーダーではないため、あまり恩恵がありません。

必要なドロップが多く、バインド耐性がないため、初見攻略にも向いていません。ダンジョンデータがわかっているダンジョンで周回用として使う以外には使い道はないでしょう。

スポンサーリンク


サブ(アシスト)評価・使い道

無効貫通要員として使える

究極サレーネは5種類のキラーとダメージ無効貫通、バランスタイプを持っており、ダメージ無効貫通要員として優秀なモンスターです。キラーの種類も優秀で、4大キラーと言われているドラゴン、神、悪魔、マシンを持っています。

周回するダンジョンによって潜在キラーをつけ変えることで、最適なダメージソースになるでしょう。

アシストできる花火スキル

究極サレーネのスキルは、光花火に2ターンのヘイストがついたスキルです。最短19ターンと重めですが、アシストも可能です。直入れでもアシストでも活躍するモンスターと言えるでしょう。

アシストとして使う場合はかなり重めになので、スキルが溜まらない可能性もあります。逆にアシストベースにしても、アシストしたスキルが溜まらないことも多いでしょう。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
キラー バランスタイプなので好きなキラーをつけることが可能です。
遅延耐性 優秀なスキルを持っているため、遅延対策しておきましょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
4648輝門の大魔女・サレーネ
究極サレーネ
優秀なスキルを持っているため、同じスキルをアシストするのがおすすめです。
4240陰陽剣・干将莫耶
陰陽剣・干将莫耶
マルチブーストを付与できるアシストモンスターです。2人マルチで使う場合におすすめです。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


入手方法

レアガチャ(ゴッドフェス限定)

スキル上げ方法

スキル上げ素材

  • 調査中

スキル上げ周回におすすめのダンジョン

  • 調査中

究極サレーネの総合評価

4648輝門の大魔女・サレーネ

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
80点 95点 90点

※最高評価は100点です

究極サレーネはサブとして優秀なモンスターです。光花火スキルやダメージ無効貫通、5種類のキラーを持っており、無効貫通要員として高い能力を誇ります。バランスタイプなので、仮想敵を絞ることでさらに大火力を発揮できるでしょう。

リーダースキルは周回リーダーとして優秀ですが、耐久倍率がなく、高難易度を攻略するのは難しいです。サブとして使うのがおすすめです。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ