【パズドラ】エースの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

2046アギト候補生・エース

パズドラ×FFコラボガチャ(ファイナルファンタジー)で入手できるエース(アギト候補生・エース)の評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

エース(えーす)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

エース

レア度 コスト タイプ アシスト
5 20 バランス
HP 攻撃 回復
LV最大 2525 1483 301
+297 3515 1978 598
LS 【アタックデッキ】
HP50%以上で、火属性の攻撃力が3倍。ドロップを消した時、回復力×2倍のHPを回復。
S 【我ら、来たれり】
1ターンの間、火と闇属性の攻撃力が2倍。自分以外の味方スキルが2ターン溜まる。
(20→15ターン)
覚醒 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:火ドロップ強化 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:火ドロップ強化 覚醒スキル:スキルブースト

リーダーとしての使い道

HP回復効果つきのHP依存リーダー

エースは、HP50%以上で火属性の攻撃力が3倍になり、ドロップを消した時に回復力×2倍のHPを回復するリーダースキルを持っています。レベルとプラスが最大でも回復の値は約600のため、回復量は約1200と低めです。

HP依存のリーダーで、リーダースキルに回復効果がついているのは、かなり強力です。しかし、攻撃倍率も回復量も低いため、リーダーとして使う事はほとんどないでしょう。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

アシストモンスターとして使える

エースのスキルは、1ターンの間、火と闇属性の攻撃力が2倍になるエンハンススキルです。エンハンス自体は倍率が低く、あまり強力ではないのですが、2ターンのヘイストがついているのが優秀です。

一時期、毛利元就と並んで、シヴァドラのアシストモンスターとして活躍していました。しかし、宝石エンハシリーズや、ネルヴァの登場によりエースが使われる事は減ってしまいました。

直入れするのをためらう能力

エースは、ステータスが全体的に低く、覚醒スキルも5個しかありません。スキルは使いどころがあるものの、直入れするのはおすすめしません。アシストモンスターとして起用するのがおすすめです。

もしどうしても直入れする場合は、潜在キラーをつけると良いでしょう。バランスタイプなので、好きな潜在キラーをつける事ができます。トレード機能の登場により、以前より入手しやすくなりました。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
遅延耐性 ヘイストつきスキルなので、パーティーの回転率を上げる事ができます。遅延を受けて回転率が下がるのは避けましょう。
操作時間延長 ステータスが全体的に低いため、能力依存しない潜在覚醒をつけましょう。
神キラー バランスタイプなので、好きな潜在キラーをつける事ができます。攻略したいダンジョンや、好みに応じてつけるのが良いでしょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

エースはステータスが低く、覚醒スキルも物足りないため、アシストベースとして使う事はほとんどないでしょう。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


エースの総合評価

リーダー評価:50点 / サブ評価:50点
※最高評価は100点です

エースはスキルが役立つモンスターです。宝石エンハや、同じ火属性のネルヴァが登場した今でも、活躍できる可能性があります。リーダー性能や、サブ性能は高くないため、アシストモンスターとしての起用をおすすめします。

複数当たった場合や、より強力なエンハンススキル持ちのモンスターを持っている方は、モンポに変えてしまっても良いでしょう。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ