【パズドラ】覚醒ミニつくよみの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト

  • LINEで送る

2914覚醒ミニつくよみ

パズドラのぷぎゅコレガチャで入手できる覚醒ミニつくよみの評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

覚醒ミニつくよみ(かくせいみにつくよみ)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

2914覚醒ミニつくよみ

レア度 コスト タイプ アシスト
5 35 体力/悪魔
HP 攻撃 回復
LV最大 3872 1406 205
+297 4862 1901 502
LS 強化ドロップを含めて5個消した属性の攻撃力が3倍。
6コンボで攻撃力が2倍、7コンボで2.5倍。
S 全ドロップを強化。1ターンの間、ドロップ操作時間を5秒延長。
(12→8ターン)
覚醒 覚醒スキル:強化合成用キラー 覚醒スキル:回復キラー 覚醒スキル:神キラー 覚醒スキル:マシンキラー 覚醒スキル:スキルブースト

リーダーとしての使い道

リーダーとして使うメリットは少ない

2914覚醒ミニつくよみ

本家の覚醒ツクヨミと同じリーダースキルを持っていますが、覚醒スキルが大きく異なり、ステータスの面では劣ってしまいます。本家覚醒ツクヨミを持っている場合には、覚醒ミニツクヨミを使うメリットはあまりありません。

覚醒ツクヨミを持っておらず、他に強力なリーダースキルを持ったモンスターがいない場合には、覚醒ミニつくよみを使用するのもありですが、他に強力なモンスターが手に入ればすぐに変えていいでしょう。

場所によっては大きな火力を出すことができる

覚醒スキルに4種類のキラーを持っているため、相手次第では覚醒ツクヨミを超える火力を出すことができる場合もあります。しかしLFを覚醒ミニつくよみにしてしまうと、パーティーをサポートする覚醒スキルが不足してしまうため、どちらか一方にしましょう。

同様に、自分が覚醒ツクヨミを持っていなければ、覚醒ミニつくよみをリーダーにして、フレンドに覚醒ツクヨミを入れてパーティーを組む事もできるため、覚醒ツクヨミを持っていない人には使い道があります。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

4種類のキラーで一部の敵には強力な火力が出る

珍しい強化合成キラーをはじめ、4種類のキラーを持っているため、相手によっては非常に高いダメージを出すことができます。神キラーやマシンキラーなど、強力な敵に刺さることが多いため、サブとして編成すれば高火力を期待することができます。

反面、パーティーをサポートする覚醒スキルはないため、他のモンスターで補う必要がある点には注意が必要になります。

スキルは非常に優秀

全ドロップを強化+操作時間を5秒延長できるため、多色パーティーやコンボパーティーには非常に優秀なスキルと言えます。火力を底上げし、パズルを楽にしてくれるため、エンハンススキルと共に安定感をもたらしてくれます。

また、直接編成しなくとも、アシストモンスターとして継承もできるます。継承で多色パーティーやコンボパーティーのサブにアシスト設定すると、パーティーの強化を行うことができるため、使い道は多くあります。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
操作時間延長 コンボを組みやすくするため、操作時間延長がおすすめです。
攻撃力強化 キラーによる火力を底上げするためにおすすめです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
2914覚醒ミニつくよみ
覚醒ミニつくよみ
スキルが優秀なため、遅延耐性目的におすすめです。
2765セフィロス
セフィロス
操作時間延長効果がいらない場合にはおすすめです。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


覚醒ミニつくよみの総合評価

2914覚醒ミニつくよみ

リーダー評価:70点 / サブ評価:80点
※最高評価は100点です

リーダーとして使う場合には、サブモンスターでバインド対策やギミック対策を行っておく必要があります。覚醒ツクヨミと同様の使い方をするには、操作時間に難があるため、サブモンスターか潜在覚醒で補強しましょう。

サブとして使う場合にも、同様にスキルブースト等が足りるよう、他のサブモンスターで補強する必要がありますが、4種のキラーが刺さる相手には非常に強力です。特に神キラーとマシンキラーは使い道も多く、有用な覚醒スキルです。

また、アシストモンスターとして多くのパーティーに使っていけるため、継承用としても使い道があります。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ