チャレンジダンジョン8 安定ノーコン攻略パーティー(12月チャレダン8)

  • LINEで送る

2983覚醒クシナダヒメ

パズドラの2017年12月のクエストダンジョンとして登場するチャレンジLV8(チャレンジダンジョン8、チャレダン8)【落ちコンなし】のノーコン攻略パーティーをソロ中心にまとめてみました。

レベル8のボスは覚醒クシナダヒメ!安定してノーコン攻略できそうなパーティーもありますよ。

スポンサーリンク

12月チャレンダン8(チャレンジLv8)の攻略方法

出現モンスター早見表

フロア モンスター 特徴
1F 1343絶冥の黄龍神・ファガン ・HP約590万
・5ターン操作時間2秒減少
2F 3093碧辻風・アデカザキリ ・HP約500万
・1ターン6コンボ以下吸収
・14,253ダメージ
3F 2184大食の妖仙・猪八戒 ・HP約630万
・現HP99%ダメージ
4F 3000緋空司・ヤマトタケル=ドラゴン ・HP約1,090万
・2ターンスキル遅延
・25,379ダメージ
5F 1617錬水の魔道士・シャロン ・HP約380万
・999ターン状態異常無効
・5ターン50万以上ダメージ無効
6F 748命護の青龍・カリン ・HP約670万
・5ターンスキル封印
7F 2953覚醒クシナダヒメ ・HP約1,390万
・999ターン状態異常無効
・999ターン6コンボ以下吸収
・6ターン操作時間75%減少

安定攻略におすすめのリーダー

リーダー おすすめ理由
3946蛮龍契士・ターディス
ターディス
無理なく操作時間減少を上書きすることが可能です。コンボ吸収にも強いですが、割合ダメージからの復帰には注意が必要です。
ターディスのテンプレ
3931偏愛の凶龍喚士・イデアル
闇イデアル
操作時間を確保しやすく、コンボ吸収に強いです。火力も高いだけでなく、遅延スキルで危機を回避することも可能です。
闇イデアルのテンプレ
3646彼方なるもの・ヨグ=ソトース
ヨグソトース
高火力、軽減を両立しており、コンボ吸収も先制攻撃も苦になりません。ダメージ無効貫通と合わせやすいのもポイントです。
ヨグソトースのテンプレ

攻略におすすめのスキル・覚醒スキル

スキル おすすめ理由
操作時間延長 1Fとボス戦で操作時間減少を受けるため、上書きように短いターン数で使えるものを用意しましょう。
コンボ加算 コンボ吸収が多いダンジョンなので、自信がない場合や、コンボが苦手なリーダーの場合はおすすめです。
回復生成 割合ダメージの次フロアが先制攻撃があるため、その時点で回復が欠損しているとゲームオーバーの危険があります。回復ドロップを生成できるようにしておきましょう。
覚醒スキル おすすめ理由
ダメージ無効貫通 シャロンと殴りあわずにワンパンが可能になります。
水ダメージ軽減 水属性の100パーセント割合攻撃があるため、水ダメージ軽減が1個でもあると安心です。

12月チャレンダン8の安定攻略ポイント

操作時間減少からのコンボ吸収

1Fで操作時間減少を受け、2Fでコンボ吸収を使われます。コンボ吸収は1ターンだけなので、1ターン待ってから突破すれば問題ありません。操作時間減少が5ターンで2秒なので、影響力がそこそこ大きいです。

操作時間延長のスキルを使って上書きするのがおすすめですが、小回りの効かないスキルの場合はボス戦まで温存しておくことをおすすめします。

割合からの先制に注意

3Fでは99パーセント割合攻撃があり、4Fでは先制25,379ダメージ攻撃があります。3Fで割合攻撃を受けたまま突破してしまうと、4Fの先制でゲームオーバーになる可能性があります。

回復ドロップが欠損している場合もあるので、即時回復スキルか回復を生成できる変換スキルを用意しておくと良いでしょう。

覚醒無効からの封印に注意

5Fのシャロンは癖があり、対策なしだとゲームオーバーの危険性があります。100パーセント割合ダメージや盤面全部毒、覚醒無効などの多彩な攻撃を持っています。ダメージ無効は5ターンで切れますが、ダメージ無効貫通を使用してワンパンするのがおすすめです。

5ターン耐える場合、5ターン目に覚醒無効を使われます。次フロアで先制スキル封印があるため、覚醒無効回復スキルを用意しておき、回復してから突破するのがおすすめです。

コンボ吸収を突破しよう

ボスの覚醒クシナダヒメは999ターンの状態異常無効と6コンボ以下吸収、6ターンの操作時間75パーセント減少を使用します。操作時間がかなり短くなるので、コンボを組みにくく、突破が難しくなります。

操作時間減少を上書きできれば攻略は比較的簡単です。HP25パーセント以下で300パーセント割合ダメージがあるので、それだけ気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク


10月チャレンダン8(チャレンジLv8)の攻略方法

出現モンスター早見表

フロア モンスター 特徴
1F 149森の番人 ・HP約160万
・24,184ダメージ
2F 1105月光牙の魔女・リリス ・HP約300万
・10ターン盤面暗闇
・999ターン4コンボ以下吸収
3F 814黄泉の主神・イザナミ ・HP約1,050万
・10ターン操作時間2秒減少
4F 160ミスリット ・HP約23万
1470神魔の執行者・メタトロンたまドラ ・HP22
・99ターン50以上ダメージ無効
5F 1371獄羅苦狂魔皇・ベルゼブブ ・HP約900万
・3,456ダメージ
・盤面毒変換
6F 1190エンシェントドラりんナイト・セロ ・HP約500万
・10ターン回復力半減
・5ターン99%ダメージ軽減

安定攻略におすすめのリーダー

リーダー おすすめ理由
3976轟叫の魔伯爵・ロノウェ
火ロノウェ
全属性を編成しやすく、毒の海も自身のスキルで対策可能です。耐久力もあり、ボスの99パーセント軽減が切れるまで粘りやすいです。
3834空都の守護神・アテナ=へリオス
火アテナ
ダメージ無効貫通持ちや、火ツバキを編成しやすく、攻略に向いています。闇イザナミの操作時間減少も上書きすることができます。
火アテナのテンプレ
3193帝都の守護神・アテナ
闇アテナ
遅延スキルが刺さる敵が多く、LFのスキルが活躍します。全属性を編成するには、ある程度手持ちが揃っていなければなりません。
闇アテナのテンプレ

攻略におすすめのスキル・覚醒スキル

スキル おすすめ理由
ドロリフ 2Fの超暗闇、5Fの毒のどちらにも対応可能です。ドロリフ2枚編成も有効なダンジョンです。
遅延 4ターンや5ターンの長めの遅延がボス戦で役立ちます。無効貫通を持っていない方は4Fの闇メタたまドラ戦でも役立ちます。
操作時間延長 3Fの闇イザナミ戦で役立ちます。スキルマのターディスがいれば、永遠にスキル溜めが可能です。
覚醒スキル おすすめ理由
ダメージ無効貫通 闇メタたまドラをワンパンすることが可能になります。
ドラゴンキラー 6Fのボスに刺さります。軽減を使用してきますが、キラーの火力やエンハンスを利用して倒すようにしましょう。

10月チャレンダン8の安定攻略ポイント

全属性必須のダンジョン

チャレダン8は全属性必須のダンジョンとなっており、全属性が入っていないとダンジョンに潜入することができません。主属性だけで全属性揃える必要はなく、副属性込みでも構いません。

多色パは問題ありませんが、単色パなどで全属性揃える場合は副属性をうまく利用して、全属性を揃えるようにしましょう。分岐進化があるモンスターを退化させて調整するのも良いでしょう。

超暗闇、毒の海対策をしよう

2Fは先制で10ターンの超暗闇攻撃を受け、5Fは先制で毒の海攻撃を受けます。毒の海は陣スキルで対策することもできますが、超暗闇は陣スキルを使用しても、超暗闇のままです。

ドロリフスキルがあれば、超暗闇も毒の海も対策することが可能です。暗闇や毒耐性を持つモンスターを多く編成し、弾くのも1つの手段です。手持ちのモンスターによって、どのように対策するか考えましょう。

ダメージ無効貫通を編成しよう

4Fの闇メタたまドラは先制で50以上のダメージを無効化してきます。HPが22なので、取り巻きを全体攻撃で倒しつつ、パーティー全員と主属性と副属性で2回殴れれば倒すことも可能です。

2ターン目の攻撃が10万ダメージなので、ミスすると即ゲームオーバーにつながる可能性があるため、ダメージ無効貫通を使用して突破するのをおすすめします。初手は遅延が効くので、遅延スキルを使用するのもおすすめです。

長めの遅延スキルが活躍

4Fの闇メタたまドラ戦でも遅延スキルが使えますが、主にボス戦で役立ちます。ボス戦は先制で5ターン99パーセントの軽減を使用してきますが、効果が切れた後は75パーセント軽減に切り替わるので、そのタイミングが倒すチャンスです。

初手は遅延スキルが通るため、初手で遅延をかければ楽に倒すことが可能です。先制攻撃の次の行動で999ターンの状態異常無効がくるため、遅延スキルを使う場合は必ず1ターン目に使うようにしましょう。

9月チャレンダン8(チャレンジLv8)の攻略方法

安定周回・攻略におすすめのリーダー

リーダー おすすめ理由
3846楽園の天鬼姫・風神
水着風神
無理なくダメージ吸収無効スキルを入れる事ができます。サブにタマミツネを入れるのがおすすめで、回復目覚めスキルと追加攻撃で3Fの突破も容易です。
水着風神のテンプレ
3609憤怒の罪・メリオダス
メリオダス
軽減倍率が効き、回復が生成できる遅延スキルが使えます。LFの陣スキルだけでも回復できますが、陣の偏りなども考慮して、サブにも回復を生成できるスキル持ちを編成するのがおすすめです。
メリオダスのテンプレ
3503転生クシナダヒメ
転生クシナダ
高いHPと回復力があるため、回復を生成するスキルだけ用意しておけば安定しやすいです。落ちコンがないため、ダメージ吸収無効スキルを持っていない方でもダメージ調整しやすい利点があります。
転生クシナダヒメのテンプレ

攻略におすすめのスキル・覚醒スキル

スキル おすすめ理由
全回復スキル 完治の光などの、HPを全回復させるスキルがあれば、2Fの99パーセントダメージを即時全回復する事が可能です。HP倍率のあるリーダーの場合は特におすすめです。
遅延 3Fや7Fで役立ちます。3Fは短い遅延でも構いませんが、7Fは5ターンなどの長い遅延スキルが好ましいです。ダメージ吸収無効スキルがあれば、7Fの遅延は必要ありません。
ダメージ吸収無効 7Fのフェニックスライダー対策で使えます。レア度の高いモンスターが多く、持っていない場合は、遅延スキルである程度代用が可能です。
覚醒スキル おすすめ理由
追加攻撃 3Fの沙悟浄対策で役立ちます。回復ドロップが降ってこないダンジョンなので、回復ドロップを生成するスキルも合わせて用意しましょう。
ダメージ軽減 水、木、闇ダメージ軽減の覚醒スキルがあれば、先制攻撃のダメージを抑える事ができます。1個につき5パーセントしか軽減できないため、ないよりはあったら良い程度に考えておきましょう。

安定攻略ポイント

回復ドロップが降ってこない

このダンジョンは回復ドロップが降ってこないダンジョンです。回復ドロップがないにも関わらず、割合ダメージや先制ダメージが多いため、対策が必須です。ちなみに、回復ドロップの目覚めスキルを使うと回復ドロップが降るようになります。

回復ドロップの目覚め、即時回復スキル、回復ドロップを生成する変換スキルなどを用意して、HPを回復する手段を用意しておきましょう。

先制攻撃のあるフロアを把握しよう

先制攻撃のあるフロアを覚えておき、その前のフロアでHPを回復しておくようにしましょう。2Fが99パーセントダメージ、3Fが20,069ダメージ、4Fが31,490ダメージです。3Fは別途対策が必要なので、別項で記載します。

2Fの99パーセントダメージを受けた後にHPを回復しておき、その後の3、4Fの先制攻撃に耐えられるHPを確保すると、対策が簡単です。軽減倍率のあるリーダーを採用するのも良いでしょう。

3Fは対策必須

3Fの沙悟浄は先制で20,069ダメージと、HP75パーセントの根性を使ってきます。根性が発動したあとは、99パーセントダメージと、32,110ダメージを使ってくるため、ゲームオーバーにつながりやすいです。

回復ドロップのないダンジョンなので、追加攻撃も発動させにくいです。回復ドロップを生成し、追加攻撃を発動させるか、遅延スキルを使うのがおすすめです。

7F用に吸収無効スキルを用意しよう

7Fのフェニックスライダーは先制で、5ターン200万以上のダメージ吸収を使用してきます。5ターン耐久し、6ターン目以降で倒しても良いですが、リスクが伴います。なぜなら、敵のHPが100パーセントの場合、9万を超える攻撃を使用してくるからです。

ダメージ吸収されてゲームオーバーにならないように、ダメージ吸収無効スキルを使いワンパンするようにしましょう。ダメージ吸収無効スキルが使えない場合、遅延スキルがおすすめです。

安定ノーコン攻略パーティー(ソロ)

水着風神&水着風神パ

水着風神はダメージ吸収無効スキルを持つため、9月のチャレンジレベル8攻略に適しているリーダーですね。

水着風神パーティーのテンプレ

カミムスビ&カミムスビパ

9月のチャレンジLv8は回復無しダンジョンですが、カミムスビは自身のスキルでHPを回復できるのが良いですね。

カミムスビのテンプレパーティー(カミムスビパ)

転生アヌビス&ディアブロスパ

9月のチャレダン8は回復なしダンジョンのため、コンボ数を伸ばしやすいアヌブロスパは安定してノーコン攻略できそう。

転生アヌビスのテンプレパーティー(転生アヌビスパ)
ディアブロスのテンプレパーティー(ディアブロスパ)

安定ノーコン攻略パーティー(マルチ)

闇アテナ&闇アテナパ

闇アテナパは立ち回り付きで参考になります。

闇アテナのテンプレパーティー(闇アテナパ)

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

One Response to “チャレンジダンジョン8 安定ノーコン攻略パーティー(12月チャレダン8)”

  1. 匿名 より:

    シンドバットで楽勝。コイツなにげにめっちゃ強い。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ