クリスマスポルックス&カストルの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト

  • LINEで送る

3378聖夜の兄弟・ポルックス&カストル

パズドラのクリスマスガチャで入手できるクリスマスポルックス&カストル(聖夜の兄弟・ポルックス&カストル)の評価と使い道 、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)、倍率を考察してみました。

クリスマスポルックス&カストルはイラストでは一番の当たりキャラ!?

スポンサーリンク

ステータス

3378聖夜の兄弟・ポルックス&カストル

クリスマスポルックス&カストルはマシン/神タイプ。

ステータスは火ポルックスと全く同じとなっています。全体的に低めとなっているため、プラスを振ってから、パーティーに編成したいモンスターですね。


リーダーとしての使い道

リーダースキル発動しやすい

3378聖夜の兄弟・ポルックス&カストル

リーダースキルは神とマシンタイプの攻撃力と回復力が少し上昇。強化ドロップを含めて5個消した属性の攻撃力が5倍。少し上昇の倍率は1.3倍です。

クリスマスポルックス&カストルをリーダーとフレンドに配置した場合は、攻撃力42.25倍、回復力1.69倍。

攻撃力を上昇させるためには、強化ドロップ5個消しがポイントになりますが、スキルを使用することで、光or闇ドロップを簡単に確保することができます。

また、LF合わせて、光ドロップ強化と闇ドロップ強化を6個ずつ持っているため、振ってくるドロップは全て強化済みとなります。

スキルと覚醒スキルが噛み合っているため、リーダースキルを発動させやすいのが魅力です。

パーティー編成の自由度が高い

クリスマスポルックス&カストルはスキル封印耐性の覚醒スキルを2個持っているため、スキル封印耐性100%チームを作りやすいです。

また、リーダースキル発動対象となる神orマシンタイプは、優秀なモンスターが多いことから、パーティー編成の自由度が高いです。

より優秀なリーダーがいる

クリスマスポルックス&カストルはバランスの良い性能を持っていますが、リーダーとして使うには倍率が低めです。現在はより優秀なリーダーがいることから、あくまで繋ぎでの起用がメインとなりそうです。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

強化ドロップ5個消しパーティーのサブ

スキルは左端縦1列を光に、右端縦1列を闇ドロップに変化。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。

通常盤面なら、光と闇ドロップを確定で5個確保できる扱いやすいスキルです。また、クリスマスポルックス&カストルの覚醒スキルに光ドロップ強化と闇ドロップ強化を持つため、強化ドロップ5個消しでリーダースキルが発動するパーティーと相性が良いです。

光エスカマリパーティーとは相性が良さそうですね。

アシスト(スキル継承)にも使える

クリスマスポルックス&カストルはスキル使用で光と闇ドロップを作れるため、ヨミドラパーティーのサブとしても起用できます。

ただし、この場合は、主属性が光と闇で異なるため、アシスト(スキル継承)用モンスターとして使うのも良さそうですね。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
操作時間延長 リーダーとしてもサブとしても、強化ドロップ5個消し系パーティーの起用がメインになるため、操作時間延長の潜在覚醒スキルが相性良いです。
ダメージ軽減 ステータスは低めのため、無難にダメージ軽減の潜在覚醒スキルもおすすめです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
2769光セシル
光セシル
光セシルは光と闇と回復の3色陣スキルを持ちます。回復しながら攻撃できるため、アシストモンスターとしておすすめです。
2954深愛の新郎・明智光秀
光明智光秀
光明智光秀は光と回復ドロップを同時に生成でき、光ドロップも強化してくれるため、クリスマスポルックス&カストルの能力と噛み合っています。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


クリスマスポルックス&カストルの評価

3378聖夜の兄弟・ポルックス&カストル

リーダー評価:70点 / サブ評価:75点
※最高評価は100点です

クリスマスポルックス&カストルは、リーダーとサブどちらでも平均的に活躍できるキャラ!何よりもイラストが秀逸ですね~。

イラストに関しては、クリスマスガチャ2016の中でも超大当たりキャラになりそうです。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

One Response to “クリスマスポルックス&カストルの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト”

  1. バスと炉 より:

    ホルック&カストロ進化

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ