【パズドラ】ギガンテス番長の使い道と評価

  • LINEで送る

2019剛腕番長・ギガンテス

パズドラの私立パズドラ学園ダンジョンで入手できる豪腕番長・ギガンテスの使い道と評価考察をしてみました。

どうしても、パチスロの押忍!番長を想像してしまいますね(笑)

※10月11日更新:リーダー評価とサブ評価を追加

スポンサーリンク

本家ギガンテスグレイトと比較!

2019剛腕番長・ギガンテスのステータス

ギガンテス番長は本家ギガンテスグレイトの分家ということで、両者のレベル最大時のステータスを比較してみました。

984剛腕無双・ギガンテスグレイト

ギガンテス番長  :HP 4,833 / 攻撃 1,563 / 回復 -200
ギガンテスグレイト:HP 6,283 / 攻撃 1,363 / 回復 -100

HPと回復こそ劣るものの、攻撃力はギガンテス番長の方がが上!

ギガンテス番長は私立パズドラ学園の幻獣枠として登場しますが、無課金で入手できるモンスターとしては、なかなかのスペックを持っているのではないでしょうか(^^

同じ体力タイプではありますが、2体攻撃の覚醒スキルを持つギガンテスグレイトに対して、ギガンテス番長は火属性強化持ちの覚醒スキルを所有しているため、

サブの使い道としては、列パーティーならギガンテス番長、2Wayパーティーならギガンテスグレイトを採用すると良さそうです。

ムラクモと比較!

1283ムラクモ&剛腕の巨人・ギガンテス

同じく、攻撃態勢・火スキルを持つムラクモと比較してみましょう。

ギガンテス番長:HP 4,833 / 攻撃 1,563 / 回復 -200
ムラクモ   :HP 3,158 / 攻撃 1,523 / 回復 56
ムラクモは、パズバトコラボガチャの銀卵枠で入手できますが、
ステータス的にはむしろギガンテス番長の方が上という感じですよね(笑)

同じ火属性強化持ちなので、使い道は列強化パーティーのサブとなりますが、

ギガンテス番長は体力タイプ、ムラクモは攻撃タイプなので、パーティーのタイプによって、使い分けると良さそうです(^^

ここら辺、既に存在しているモンスターを完全には殺さないガンホー運営のバランス調整の上手さを感じますねw

スポンサーリンク


ヴァルキリーファムと比較!

1728凰華姫神・ヴァルキリーファム

ここまで来たら、同じ攻撃態勢・火スキルを持つヴァルキリーファムとも比較してみましょう。

ギガンテス番長  :HP 4,833 / 攻撃 1,563 / 回復 -200
ヴァルキリーファム:HP 2,508 / 攻撃 1,389 / 回復 656

回復以外はギガンテス番長の方が上!

ただし、ヴァルキリーファムは覚醒スキルが優秀で、2体攻撃の覚醒スキル2個持ち。

火ドロップ4個消しした時の火力はヴァルキリーファムの方が上です。

そして、火属性強化も持っていて、回復力も高いと、非常にバランスが良いキャラのため、この比較では圧倒的ヴァルキリーファム勝利ですねw

一応、ギガンテス番長は体力タイプで、副属性に闇が入っているので、特定のシーンで活躍することがあるかもしれません。

リーダーとしての使い道

リーダースキルは、今となっては使われる事が少ないド根性タイプなので、
ほぼリーダーとして使うことは無さそうです。

サブとしての使い道

サブとしては、火属性の列強化パーティーがオススメ!

2006天下御免の大泥棒・石川五右衛門

一番適しているのは究極五右衛門パのサブですね

究極五右衛門はHP50%以下になって、初めてリーダースキルが発動されるタイプのため、ギガンテス番長のように、むしろ回復力が低いキャラの方が適しています。

列強化を持っているので、相性も抜群。

その他、ヤマタケことヤマトタケルパや覚醒ミネルヴァパーティーに入らないことも無いですが、やはり回復力の低さがネックになります(;^_^A

ギガンテス番長の評価

2019豪腕番長・ギガンテス

リーダー評価:C / サブ評価:B

ギガンテス番長は無課金モンスターとしてはかなり優秀だと思いますが、回復がマイナスなのが残念ですね~。

一応、回復に+99個の卵を付ければ回復力も+97になりますが、わざわざギガンテス番長にプラス振る?という気もしますので、ギガンテスグレイトと同様、あまり使われる事の無いキャラになりそうです。

究極五右衛門パーティーのサブが揃っていない方は、ギガンテス番長採用するのも良さそうですよ♪

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ