【パズドラ】グリーンアローの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

パズドラ×ジャスティスリーグコラボで入手できるグリーンアロー(ぐりーんあろー)の評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

エースアーチャー・グリーンアローは強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

レア度 コスト タイプ アシスト
5 20 バランス
HP 攻撃 回復
LV最大 2875 1228 362
+297 3865 1723 659
限界突破+297
LS 【エメラルドアーチャー】
バランスタイプの攻撃力と回復力が2倍。
S 【ブロークンアロー】
火以外のドロップを強化。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。
(12→7ターン)
覚醒 覚醒スキル:木ドロップ強化 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:木ドロップ強化 覚醒スキル:木ドロップ強化覚醒スキル:お邪魔耐性 覚醒スキル:お邪魔耐性 覚醒スキル:お邪魔耐性 覚醒スキル:お邪魔耐性 覚醒スキル:お邪魔耐性

リーダーとしての使い道

リーダー性能は低い

グリーンアローは、バランスタイプの攻撃力と回復力が2倍になるリーダースキルを持っています。回復倍率は常時倍率としては高めなものの、肝心な攻撃倍率が2倍と低いため、攻略できるダンジョンは限られています。

バランスタイプのみしかリーダースキルの恩恵を受けられないため、編成難易度も高く、リーダーとして使うことはほとんどないでしょう。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

お邪魔耐性を100パーセントにできる

グリーンアローはお邪魔耐性の覚醒スキルを5個持っており、グリーンアロー1体でお邪魔耐性が100パーセントになります。お邪魔耐性は、お邪魔ドロップだけでなく、爆弾も弾くことが可能なので、7×6リーダーにとっては嬉しい覚醒スキルです。

しかし、現環境ではアシスト装備でお邪魔耐性などを付与できるため、直入れするモンスターの覚醒スキルで100パーセントにする必要はなく、優先度はあまり高くありません。

効果の割に重いスキル

グリーンアローのスキルは、1ターンヘイストつきの火以外のドロップを強化するスキルです。最短が7ターンとなっていますが、効果の割に重いスキルです。ドロ強スキルを持つ転生ツクヨミは、3ターンの操作時間5秒延長つきで8ターンです。

ヘイストがついているため7ターン以下になることはありませんが、効果の割にスキルが重く、ベースとしてもアシストとしても使いにくいスキルです。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
遅延耐性 ヘイストつきスキルなので、パーティーの回転率を上げる事ができます。遅延を受けて回転率が下がるのは避けましょう。
操作時間延長 ステータスが全体的に低いため、能力依存しない潜在覚醒をつけましょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

グリーンアローはステータスが低く、覚醒スキルも物足りないため、アシストベースとして使う事はほとんどないでしょう。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


グリーンアローの総合評価

リーダー評価:40点 / サブ評価:50点
※最高評価は100点です

グリーンアローはお邪魔耐性が役立つモンスターです。お邪魔や爆弾を生成するダンジョンでピンポイントで使える可能性があります。しかし、スキルブーストを1個も持っていないため、パーティーの足を引っ張りやすいです。

アシストでお邪魔耐性を付与できる環境になってしまったため、耐性を持っているモンスターを直入れする必要はなく、グリーンアローをどうしても使いたい場面はあまりないでしょう。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ