【パズドラ】飛影の評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト

  • LINEで送る

4306邪眼師・飛影

パズドラの幽遊白書コラボガチャで入手できる飛影(ひえい)の評価と使い道、おすすめ(オススメ)の潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

邪眼師・飛影は強いのか?入手方法やスキル上げ方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

4306邪眼師・飛影

レア度 コスト タイプ アシスト
7 36 悪魔/攻撃
HP 攻撃 回復
LV最大 3120 2813 90
+297 4110 3308 387
限界突破+297
LS 【邪眼の力をなめるなよ】
闇の2コンボ以上で攻撃力が2倍、3コンボ以上で3倍。6コンボ以上でダメージを軽減(倍率は25%)、攻撃力が4倍。
S 【邪王炎殺剣】
1ターンの間、闇属性の攻撃力が3倍。ランダムで闇ドロップを9個生成。
(21→16ターン)
覚醒 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:スキルチャージ
超覚醒

リーダー評価・使い道

難易度の割に攻撃倍率が低い

飛影は闇の2コンボ以上で攻撃力が2倍、闇の3コンボ以上で3倍と、6コンボ以上でダメージを軽減、攻撃力が4倍になるリーダースキルを持っています。最大倍率は12倍と闇の3コンボを含む6コンボが必要な割に低めです。

必要ドロップ数が多く、4個消しをからめて消すとなると難易度は高めです。リーダーとしては使いにくい部類に入るでしょう。

使えないスキルチャージ

闇の3コンボを含めないと最大倍率が出ないにもかかわらず、飛影はスキルチャージを持っています。サブ起用ならまだしも、リーダー起用時はスキルチャージを有効活用することはできません。

スキルチャージは強い覚醒ですが、飛影が持っていても死に覚醒と同義です。スキルがランダム生成なこともあり、スキルチャージが噛み合わないリーダーです。

スポンサーリンク


サブ(アシスト)評価・使い道

高い2way火力

飛影は覚醒スキルに2体攻撃を4個持っています。4個消し時の倍率は約5倍とコンボ強化2個持ちのモンスターより高いのが特徴です。元々の攻撃力が高いのでダメージソースとして十分活用できる点が嬉しいです。

2体攻撃を付与できるアシストモンスターを持っている場合は積極的にアシストしましょう。たとえ他色のモンスターでも、ベーススキルが重いのであまり気になりません。

使いにくいエンハンス

飛影のスキルは最短16ターンで使用できるエンハンススキルです。倍率は3倍と高めですが、闇ドロップを9個生成する効果がついているため、闇以外の色を使うリーダーとは組み合わせられません。

指定2色や3色リーダーの場合、飛影のスキル使用で欠損する可能性があり使いにくいです。闇の単色パであれば問題ないものの、使えるパーティーはかなり限られています。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
攻撃強化 4個消しの火力を高めることが可能です。元々の火力も高く、上昇幅も高めです。
神キラー 刺さる相手が多い優秀な潜在キラーです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3547月角の大賢龍・ディエナ
ディエナ
闇属性の攻撃力を5倍にするエンハンスに2ターンのヘイストがついたスキルです。エンハンスの上位互換として使う場合におすすめです。
4186霊龍契士・ラジョア
闇ラジョア
闇と回復の2色陣です。HPとバインド回復もついている優秀なスキルです。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


入手方法

幽遊白書コラボガチャ

スキル上げ方法

スキル上げ素材

  • 飛影の写真

スキル上げ周回におすすめのダンジョン

  • 幽遊白書コラボダンジョン

飛影の総合評価

4306邪眼師・飛影

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
80点 85点 75点

※最高評価は100点です

飛影は闇の2wayパで活躍できるモンスターです。4個消し時の火力は約5倍と高く、元々の攻撃力が高いのでダメージソースとして期待できます。スキルで闇を生成してしまうため、指定2色や3色リーダーとは組み合わせにくいのが欠点です。

闇単色の2wayパはあまり多くないため、使えるパーティーがかなり限られます。困ったらリーダー運用しても良いですが、闇3コンボ含む6コンボ以上が最大倍率の条件となっており、リーダー運用は厳しめです。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ