【パズドラ】ハウルブラキオスの評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト

  • LINEで送る

1921 猛花龍・ハウルブラキオス

パズドラのレアガチャで入手できるハウルブラキオス(猛花龍・ハウルブラキオス)の評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

ハウルブラキオス(はうるぶらきおす)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

1921 猛花龍・ハウルブラキオス

レア度 コスト タイプ アシスト
6 15 ドラゴン/バランス ×
HP 攻撃 回復
LV最大 2528 1281 346
+297 3518 1776 643
LS 【猛花龍の勇魂】
ドラゴンタイプの回復力が1.5倍。木属性の攻撃力が3倍。
S 【ガイアブレス】
2ターンの間、木属性の攻撃力が1.5倍、さらに攻撃力×20倍の木属性で攻撃する。
(26→4ターン)
覚醒 覚醒スキル:チームHP強化 覚醒スキル:攻撃強化 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:操作時間延長

リーダーとしての使い道

常時倍率が嬉しい序盤のリーダー

ハウルブラキオスは、ドラゴンタイプの回復力に2倍、木属性の攻撃力に3倍の倍率がかかるリーダースキルを持っています。コンボ数や指定色などがなく、パズドラを始めたばかりの初心者の方でも扱いやすいモンスターと言えます。

また、チームHP強化の覚醒スキルを持っているため、パーティーのHPを5パーセントアップさせる事ができます。

4個消しを中心に攻めよう

ハウルブラキオスは2体攻撃の覚醒スキルを2個持っているため、4個消しした時の攻撃力が高くなりやすいです。サブにも2wayを持ったモンスターを中心に編成しましょう。

操作時間延長が2個あるため、4個消しを作りやすいのも魅力ですね。序盤は必要な色だけ消してしまいがちですが、不要な色も一緒に消してコンボ数を稼ぐように心がけましょう。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

チームのHPを上げよう

ハウルブラキオスは新覚醒スキルのチームHP強化を持っています。リーダースキルと違い覚醒スキルなので、サブの時にも効果が適用されます。

効果は、パーティーのHPを5パーセントアップさせるというもので、覚醒スキル1個でバッジと同じような効果を得られるのが特徴です。ハウルブラキオス自身のHPはそこまで高くありませんが、この覚醒スキルを目的として編成するのはアリかもしれません。

コストが低い

ハウルブラキオスは最終進化系にも関わらず、必要なコストが15しかありません。序盤からコストを気にせず使えます。

序盤はダンジョンクリアの報酬で、たくさん魔法石を獲得できますが、それを利用してガチャ限を引き当てても、コストが足りずに入れられない事もあります。ハウルブラキオスはコストが低いため、手持ちが揃ってきても入れやすいのが嬉しいですね。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
HP強化 チームHP強化の覚醒スキルと合わせて、HPを底上げしたい場合にオススメです。
カラフルダメージ軽減 100%ダメージ攻撃を防ぐ事ができます。パーティーに1体はつけておきたいですね。
操作時間延長 操作時間が伸びるので、コンボ数を重ねやすくやすくなります。不要色も消しやすくなりますね。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
2390想紡の時女神・ヴェルダンディ
ヴェルダンディ
木、水、回復の3色陣です。攻撃にも回復にも使用できる便利なスキルです。
3543峰角の大賢龍・バッケス
バッケス
1ターンの間、木属性の攻撃力を5倍にするエンハンスです。2ターンのヘイスト効果があるのも嬉しいですね。
3389転生ツクヨミ
転生ツクヨミ
盤面全てを強化ドロップにし、3ターンの間操作時間を5秒延長するスキルです。確実に決めたい時にオススメです。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


ハウルブラキオスの総合評価

1921 猛花龍・ハウルブラキオス

リーダー評価:65点 / サブ評価:60点
※最高評価は100点です

ハウルブラキオスは最初のパートナーの最終形態の1体です。木と火属性を持ち、ヴェルダンディやレイランなどの陣と相性が良いですね。

ゲームが進んでくると、あまりリーダーとして使われなくなってしまいますが、最初のパートナーとして愛着を持って使っている方も多いでしょう。高難易度に最初のパートナーで挑戦するのも、パズドラの楽しみ方の1つですね。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ