【パズドラ】猪狩守の評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト

  • LINEで送る

4658天才・猪狩守

パズドラのパワプロコラボガチャ(実況!パワフルプロ野球)で入手できる猪狩守(いかりまもる)の評価と使い道、おすすめ(オススメ)の潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

天才・猪狩守は強いのか?入手方法やスキル上げ方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

4658天才・猪狩守

レア度 コスト タイプ アシスト
7 30 攻撃/体力
HP 攻撃 回復
LV最大 4595 2203 13
+297 5585 2698 310
限界突破+297
LS 【だからキミは弱いままなんだ】
水属性の攻撃力が4倍。火属性のHPと回復力が1.5倍。5コンボ以上で攻撃力が上昇、最大4倍(倍率は5コンボ1.5倍~10コンボ4倍。+1コンボごとに+0.5倍)。
S 【ライジングキャノン】
1ターンの間、ドロップ操作を2秒延長。全ドロップのロックを解除し、火と水ドロップに変化。
(18→13ターン)
覚醒 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:コンボ強化 覚醒スキル:コンボ強化
超覚醒

リーダー評価・使い道

水と火の混合LS

猪狩守は水属性の攻撃力が常時4倍、火属性のHPと回復力が1.5倍になり、5コンボ以上で攻撃力が最大4倍まで上昇するリーダースキルを持っています。最大倍率は16倍とコンボリーダーの中でも高めです。

水属性持ちしか最大倍率が出せず、火属性持ちしかHPと回復に倍率がかからない欠点がありますが、手持ちのモンスターが充実していれば特に問題ないでしょう。

火属性は必須ではない

リーダースキルの恩恵を最大に受けられるのは水、火の両方の属性を持つモンスターだけですが、火属性の有無はHPと回復にしか影響を及ぼしません。最大倍率が出せるかどうかは水属性で決まります。

ある程度のHPと回復力が確保できる場合、火属性の有無を考えるより、水属性の優秀なモンスターを編成した方がパーティーが強くなります。

スポンサーリンク


サブ(アシスト)評価・使い道

強力な2色陣持ち

猪狩守のスキルは1ターンドロップ操作を2秒延長、ロック解除効果つきの火と水の2色陣です。2色陣はコンボを組むのが簡単なので、操作時間延長効果は無駄に思えますが、7×6盤面や操作時間減少を受けている時に役立ちます。

直入れ性能、アシスト性能ともに高く、ジョイラをリーダーとして使っている方は複数確保しておきたいモンスターです。

封印耐性が過剰になりやすい

猪狩守は全体的に優秀な覚醒スキルを持っていますが、耐性が2個あるのが欠点です。現環境で封印耐性を持っていないモンスターはほとんどいないため、封印耐性が2個あることはメリットになりません。

今後封印耐性を持っていない強力なリーダーが出てきた場合に役立つ可能性もあるので、そこまで気にする必要はありません。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
遅延耐性 優秀なスキルを持っているため、遅延対策しておきましょう。
カラフルダメージ軽減 100%割合攻撃でゲームオーバーになるのを防ぐことができます。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
4658天才・猪狩守
猪狩守
優秀なスキルを持っているため、同じモンスターをアシストするのがおすすめです。
3841覚醒毛利元就
覚醒毛利元就
火と水の2色陣に2ターン受けるダメージを半減する効果がついたスキルです。ロック解除と操作時間延長効果はなくなってしまうので注意しましょう。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


入手方法

パワプロコラボガチャ

スキル上げ方法

スキル上げ素材

  • 調査中

スキル上げ周回におすすめのダンジョン

  • 調査中

猪狩守の総合評価

4658天才・猪狩守

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
85点 90点 85点

※最高評価は100点です

猪狩守はジョイラパのサブとして優秀なモンスターです。操作時間延長の覚醒3個や、操作時間延長効果つきの2色陣は7×6盤面と好相性です。ジョイラと組み合わせて使って欲しいと言わんばかりの性能になっています。

リーダーとしても悪くない性能を持っていますが、属性縛りが若干厳しく、手持ちが少ない方はパーティー編成が難しいでしょう。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ