【パズドラ】ライラの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

1615猛炎の魔道士・ライラ

パズドラのレアガチャで入手できる猛炎の魔道士・ライラの評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

ライラ(らいら)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

1615猛炎の魔道士・ライラ

レア度 コスト タイプ アシスト
6 17 攻撃/回復
HP 攻撃 回復
LV最大 2025 1436 511
+297 3015 1931 808
LS スキルを使用したターン、攻撃力が3倍になる。
S 最下段横1列を火ドロップに変化。
(9→5ターン)
覚醒 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:火属性強化 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:ドラゴンキラー 覚醒スキル:攻撃キラー

リーダーとしての使い道

リーダーとしては使いづらい

スキルを使った時のみ、攻撃力が3倍になるリーダースキルを持っています。スキル使用時と限定されている上、倍率も3倍と低くなっています。自身のスキルが最短5ターンと短いので、発動自体は難しくありませんが、倍率が低く火力を出せません。

攻撃的な覚醒スキルも2体攻撃と火属性強化が1つずつと少なく、リーダーとしては簡単なダンジョンで使うくらいしか活躍が期待できません。他に優秀なリーダーが手に入るまでのつなぎとして使うくらいにしておきましょう。

火属性列強化持ちを入れて、火力をアップ

自身のスキルが5ターンで発動でき、火ドロップを1列作り出すことができるため、リーダーフレンドをライラにし、サブでヘイスト効果のあるモンスターも編成すれば火の列を確保しやすくなります。

自身にも火属性強化を持っており、サブにも多く編成することで多少は倍率以上の攻撃力を出すことができるので、狙って編成していきましょう。それでもHPや回復力に倍率はないので、敵の攻撃を受けるとピンチになってしまいます。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

2種類のキラーが強力

ドラゴンキラーと攻撃キラーを持っており、この2タイプであれば、高い火力を出すことができます。2種類を持った敵であれば9倍もの火力になるため、他のモンスターよりもずば抜けた火力をたたき出すことができます。

また、この2タイプはそれなりに種類もいるため、非常に使っていきやすいモンスターと言えます。他にもスキルブーストや封印耐性も持っており、色んなパーティーに編成していけることも強みだと言えます。

火の列パーティーに編成しやすい

確実に火の列を1列用意できるスキルは、火の列パーティーによくかみ合っています。最短5ターンと短い間隔で使用できるため、最初のフロアで使えば、ボスフロアまでに再使用することも十分に可能です。

また、他にも優秀なスキルを使いたければ、継承することでも難なく使用していくことができます。周回パーティーに編成することでパズルを行わずに敵を倒していくことも可能なので、使い勝手の良いモンスターです。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
攻撃力強化 キラーを活かすためにおすすめです。
カラフルダメージ軽減 汎用的に使えるカラフルダメージ軽減がおすすめです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
2685魔神の一撃・茶渡泰虎
茶渡
上下二列を火ドロップにできるため、おすすめです。
2747覚醒アレス
覚醒アレス
大量の火ドロップを確保できるため、おすすめです。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


ライラの総合評価

1615猛炎の魔道士・ライラ

リーダー評価:50点 / サブ評価:80点
※最高評価は100点です

リーダーとして使う場合は、使い勝手が悪く、倍率も低いため、簡単なダンジョン用として使うくらいしかありません。他に優秀なリーダーを探した方が良いでしょう。

サブとして使う場合は、2種類のキラーを活かして、局所的に代用の効かない役割を果たすこともできます。また、火の列パーティーに組み込むことでスキルを活用していくことも出来ます。

発動までが短いスキルなため、継承しても使いやすいのでアシストモンスターとしても十分におすすめできます。

魔法使いシリーズ関連キャラ
1617錬水の魔道士・シャロン
シャロン
1619神木の魔道士・リーザ
リーザ
1621閃光の魔道士・レイ=シリウス
レイシリウス
1623冥闇の魔道士・ディル=シリウス
ディルシリウス
スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ