【パズドラ】ラシオスの評価!分岐アシスト進化おすすめはどっち?

  • LINEで送る

3938衛龍喚士・ラシオス

パズドラの龍契士&龍喚士ガチャで入手できるラシオス(らしおす)の評価をまとめています。分岐アシスト進化させるなら、どっちがおすすめで強いのか?

剣壁の衛龍喚士・ラシオスの究極進化分岐先の簡易評価と共にまとめてみました。

スポンサーリンク

ラシオスの分岐アシスト進化はどっちがおすすめ?

おすすめはラシオス

3938衛龍喚士・ラシオス

ラシオスは火光の指定2色で10倍の倍率が出せるリーダーです。操作時間が4秒固定になったり、タイプ指定はあるものの、同じ4秒固定のバルファルクなどに比べると簡単です。ラシオス武器は光列が特徴ですが、スキルが縦変換のため、シナジーがありません。

おすすめはラシオスです。特に光イルミナとは相性が良く、闇ダメージ軽減を複数編成して闇属性から受けるダメージを大幅に軽減することができます。イルムやイルミナのスキルを組み合わせやすく、簡単なダンジョンを高速周回するために役立つリーダーです。

どうしても光属性強化を増やしたい場合や、軽減付きの変換スキルが欲しい場合は、ラシオス武器に進化させるのも良いでしょう。

スポンサーリンク


ラシオスの分岐先の簡易評価

ラシオスの評価

アイコン リーダー評価 サブ評価
3938衛龍喚士・ラシオス 80点 70点
LS 操作時間が4秒固定になるが、光火の同時攻撃で攻撃力が4倍。ドラゴンと体力タイプの攻撃力と回復力が2.5倍。
S 3ターンの間、受けるダメージを軽減(倍率は35%)。左端縦1列を光に、右端縦1列を火ドロップに変化。
(17→12ターン)
覚醒 覚醒スキル:光属性強化 覚醒スキル:光属性強化 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:闇ダメージ軽減 覚醒スキル:闇ダメージ軽減

ラシオスは簡単なダンジョンの周回などで役立つモンスターです。指定2色で10倍の倍率はかなり高い部類に入りますが、タイプ指定があり、イルムとは陣が噛み合ってもタイプが噛み合いません。噛み合うモンスターだけで編成すると、編成難易度は高めです。

高い回復倍率は持っているものの、HPと軽減倍率を持っていないため、強力な先制攻撃も苦手です。スキルで一時的にどうにかできるシーンはありますが、高速周回で役立つダンジョンと、クリアさえ難しいダンジョンと別れてしまうのが欠点です。

ラシオスの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承


ラシオス武器の評価

アイコン アシスト評価
3939剣壁の衛龍喚士・ラシオス 75点
LS
S 3ターンの間、受けるダメージを軽減(倍率は35%)。左端縦1列を光に、右端縦1列を火ドロップに変化。
(17→12ターン)
覚醒 覚醒スキル:覚醒アシスト 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:光属性強化 覚醒スキル:光属性強化

ラシオス武器は変換と軽減の複合スキルが役立つアシストモンスターです。光属性強化が上乗せできるため、純粋に火力を上げたい時には役立つでしょう。しかし、光ドロップの生成個数が少なく、変換スキルとしては非力です。

2色陣や3色陣をアシストしておいたほうがスキルとして使いやすく、ラシオス武器のスキルだと溜まらないほうがいい場合さえあります。ラシオスを複数持っていなければ、武器進化させないほうが良いでしょう。


スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ