【パズドラ】覚醒ロキの使い道と評価

  • LINEで送る

2396覚醒ロキ

パズドラのレアガチャで入手できる
覚醒ロキの使い道と評価を考察してみました。

待望の闇属性エンハンス2倍+スキル封印耐性2個持ちで使い道が多そうです\(^o^)/

スポンサーリンク

ステータス

2396覚醒ロキのステータス

覚醒ロキは体力タイプ/悪魔タイプ。

覚醒組みということで、予想通りというか神タイプは外れてしまいましたが、悪魔タイプが残ったため、就職先パーティーは多そうです。

ステータスはHPと攻撃が高め。回復もそこそことバランスが良いです。

リーダーとしての使い道

耐久型リーダーとして

2396覚醒ロキ

リーダースキルは闇属性の攻撃力と回復力が2.5倍。スキル使用時、闇属性の攻撃力が少し上昇。少し上昇の倍率は1.3倍です。

リーダーとフレンドに覚醒ロキを配置すれば、攻撃力約10.56倍、回復6.25倍!

殴り合いには強いですが、回復には無駄が生じやすいため、リーダーとして起用する場合は、HPと攻撃に倍率がかかるモンスターとパーティーを編成すると良さそうですね。

相性が良いモンスターは?

1371獄羅苦狂魔皇・ベルゼブブ

真っ先に思い浮かぶのはベルゼブブ!

赤ソニアとタッグを組んで、ブブソニパーティーとして使われる事が多いですが、覚醒ロキを持っているなら、赤ソニアの代わりに使った方が攻撃倍率が高くなります。

スキル封印耐性100%チームを作りやすくなるのも良いですね♪

2406古城の青龍喚士・ソニア

ハロウィンソニア(闇ソニア)とパーティーを編成するのも良いですが、サブがドラゴン/体力タイプに限定されるのが欠点か。

ハロウィンソニア(闇ソニア)の最新テンプレパーティー、最強サブ

2410月夜の魔狼・ヴァンパイアロード 2290雪白の美姫・ヴァルキリークレール

スキル封印耐性100%チームを作りたい時は、ハロウィンヴァンパイアロードや水着クレールと組ませるのもありですね~。

【パズドラ】ハロウィンヴァンパイアロードの使い道と評価
水着闇ヴァルキリークレールの使い道・評価・当たり?

スポンサーリンク


サブとしての使い道

エンハンス要員として

スキルは2ターンの間、闇と光属性の攻撃力が2倍。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。

闇属性では貴重な2ターン攻撃力2倍スキル持ちの誕生となりました\(^o^)/

今まで闇属性の攻撃力2倍スキル持ちは、バットマンやカイ、アークなどのコラボキャラしかいかなったため、これは嬉しいですね~。

スキルターンこそ重たいですが、スキル短縮効果も付いているため、闇属性の幅広いパーティーで活躍が期待できそうです。

魅力的な覚醒スキル

覚醒ロキは闇属性強化と2体攻撃の覚醒スキルそれぞれ2個持ち。
列強化パーティー、2Wayパーティーどちらにも対応できるのが魅力です。

また、スキル封印耐性2個を持っているため、スキル封印対策要員としても貴重です。

特に悪魔タイプパーティーではスキル封印耐性の覚醒スキル持ちが少なかったため、重宝するキャラになりそうですね。

就職先パーティー

1371獄羅苦狂魔皇・ベルゼブブ 1645絶世の紅龍喚士・ソニア
ブブソニパーティーとは相性抜群!
エンハンス兼、スキル封印対策要員として、呂布の代わりに起用してあげると良さそうです。

ただし、この場合はベルゼブブよりも覚醒ロキがリーダーの方が良さそうですw

2325覚醒ツクヨミ 2230気狂いピエロ・カイト

覚醒ツクヨミやカイトパーティーとも相性良さそう。

元々十分過ぎる火力を持っていますが、最近は異常に高いHPを持つ敵モンスターも増えてきているので、覚醒ロキのエンハンススキルが活きる場面もありそうです。

2076覚醒ハク

覚醒ハクパーティーとも相性良し。
こちらは火力不足気味のため、覚醒ロキを入れておくと攻略の幅が広がりそうです。

2259太陽神・ラー=ドラゴン

ラードラゴンパーティーのエンハンス兼、スキル封印対策要員として使うのもあり。
ただし、リーダースキルの恩恵は受けられないため、注意。


覚醒ロキの評価

2396覚醒ロキ

リーダー評価:A / サブ評価:S

覚醒ロキはリーダーとしてもサブとしても強い!

ただし、リーダーとしてはサリア×覚醒トール、リューネ×覚醒イズイズのような相性抜群の相方がいないため、現時点ではサブの方が使い道多そうです。

就職先も多いので、いずれは+297のタマゴを付けたいキャラですね\(^o^)/

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ