【パズドラ】ムラクモの使い道とテンプレパーティー評価考察

  • LINEで送る

ムラクモ&剛腕の巨人・ギガンテス

パズバトコラボガチャで入手できる
武田ムラクモ(進化後:ムラクモ&剛腕の巨人・ギガンテス)の
使い道とテンプレパーティーの評価考察をしてみました。

スポンサーリンク

ステータスと使い道

1283ムラクモ&豪腕の巨人・ギガンテス

ムラクモは攻撃タイプですが、
ギガンテスとのコラボという事もあってか、HPは高めです。

基準となるギガンテスグレイトとステータスを比較してみると、以下の通り。

【ムラクモ 】HP:3,158 / 攻撃:1,526 / 回復:56
【ギガンテス】HP:6,133 / 攻撃:1,363 / 回復:-100

HPはギガンテスグレイトの約半分ながら、攻撃と回復はムラクモの方が上!

特に回復がマイナスじゃないため、攻撃タイプとしてはバランス良く、
ギガンテスよりも使いやすいステータスですね♪

パズバトコラボガチャの中でも人気高いようです。

スキル「攻撃態勢・火」ターン数:11 ⇒ 5

ムラクモのスキルはギガンテスと同じ攻撃態勢・火!

コラボガチャのキャラは通常スキル上げ出来ない場合が多いですが、
デカホノリンやゴブリンなど簡単に入手できるモンスターで
スキル上げ出来る点は大きなメリットですね\(^o^)/

リーダースキル「俺こそが最強だ!」

全然最強のスキルでは無いです(;^_^A
リーダーとしては役不足なので、サブとしての使い道がメインとなります。

覚醒スキル

ムラクモの評価を高めたのがバランス良いステータスと覚醒スキル!

ギガンテスグレイトの覚醒スキルがイマイチなのに対して、
ムラクモは火属性強化が付いているのが大きいですね。

使い道としては、火属性の列強化パーティーのサブとして
活躍する機会が多くなりそうです(^^

続いて、サブとして入れる場合のテンプレパーティーを考えてみましょう!

サブとしてのテンプレパーティー考察

曹操パーティー

1231曹操 1283ムラクモ&剛腕の巨人・ギガンテス 1670過去の時女神・ウルド 1108赤オーディン 652焔剣の勝利神・フレイ 1231曹操

L 曹操
S ムラクモ
S ウルド
S 赤おでん(赤オーディン)
S 火フレイ
F 曹操

曹操パーティーのサブとしては相性抜群!

過去の時女神・ウルドのスキルは全ドロップを火・水・回復ドロップに変化のため、
盤面の状況により曹操の水→火、ムラクモの回復→火を使い分ける事が出来ます。

状況によっては、火花火を作ってフレイのエンハンスで
ワンパン狙いも出来ます。

火属性強化も8個付いているので、曹操持っている方は、
是非とも入手したいキャラじゃないでしょうか(^^

ヤマトタケルパーティー

1066武皇の剣神・ヤマトタケル 1283ムラクモ&剛腕の巨人・ギガンテス 1645絶世の紅龍喚士・ソニア 1533覚醒ミネルヴァ 1113シヴァ 1066武皇の剣神・ヤマトタケル

L ヤマトタケル
S ムラクモ
S 究極赤ソニア
S 覚醒ミネルヴァ
S 闇シヴァ
F ヤマトタケル

ヤマトタケルのスキルは木→火、闇→回復に変化のため、

ムラクモの攻撃態勢・火と組み合わせて使うことで、
盤面を火ドロップで覆い尽くすことも可能です。

ヤマトタケルのような英雄神パーティーは、
火ドロップを大量に供給の必要が有るため、
覚醒ミネルヴァとムラクモの高回転サブで上手く回せそうです。

列強化も7個なので、そこそこ優秀です!

その他のパーティー

闇シヴァパーティーのように火属性の攻撃力が上昇する
列強化中心のパーティーのサブも良さそうですね。

ムラクモ&剛腕の巨人・ギガンテスの評価

評価:Aランク

ムラクモ&剛腕の巨人・ギガンテスはサブとしての
使い勝手は抜群に良さそうです(^^

ただし、火ヴァルキリーが究極進化したら、
ヤマトタケルパーティーと闇シヴァパーティーでは居場所が無くなりそうなので、
活躍のメインは曹操パーティーになる感じでしょうか。

ギガンテスよりは上、火ヴァルキリーよりは下という評価ですね(笑)

もちろん、火ヴァルキリーがいてくれるのが一番なんですが、
なかなかレアガチャでは当たらないのが現状。

武田ムラクモはパズバトコラボガチャの銀卵枠で、
当たりやすいのも評価アップに繋がりますね。

どうしても必要という訳でありませんが、
火ヴァルキリー持っていない人は、入手しておいて損は無いと思います♪

【パズドラ】パズバトコラボガチャの当たりは?一言評価と使い道

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ