【パズドラ】ナツの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト

  • LINEで送る

3606火竜・ナツ

パズドラ×マガジンコラボガチャ(マガジンオールスターズコラボガチャ)で入手できる火竜・ナツの評価と使い道 、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

フェアリーテイルのナツ(なつ)は強いのかどうかの参考にして下さい。

※3月27日更新:ナツのテンプレパーティーを追加

ナツ関連記事
評価と使い道 テンプレ フレンド募集

スポンサーリンク

ステータス

3606火竜・ナツ

レア度 コスト タイプ アシスト
6 28 攻撃/ドラゴン
HP 攻撃 回復
LV最大 3033 1855 83
+297 4023 2350 380
LS 攻撃とドラゴンタイプの攻撃力と回復力が2.5倍。
5コンボ以上でダメージを軽減(軽減率は25%)、攻撃力が2.5倍。
S 1ターンの間、属性吸収を無効化する。
ランダムで火ドロップを5個生成。
(21→16ターン)
覚醒 覚醒スキル火ドロップ強化 覚醒スキル火ドロップ強化 覚醒スキル火ドロップ強化 覚醒スキル火ドロップ強化 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル操作時間延長

リーダーとしての使い道

攻守のバランスが良いリーダースキル

3606火竜・ナツ

リーダースキルは攻撃とドラゴンタイプの攻撃力と回復力が2.5倍。5コンボ以上でダメージを軽減(軽減率は25%)、攻撃力が2.5倍。

ナツをリーダーとフレンドに配置すると、攻撃力約39倍、回復力6.25倍、ダメージ約44%軽減となります。5コンボ以上という比較的ゆるい条件で最大火力を発揮できるため、パズドラ初心者でも扱いやすいです。

また、回復倍率とダメージ軽減の効果も付いているため、攻守のバランスが良いリーダースキルですね。

火力不足は7コンボ強化で補おう

ナツは攻守のバランスが良いリーダースキルを持っているものの、最大火力は低めです。覚醒スキルに7コンボ強化の覚醒スキルを2個持つため、7コンボを決めることで、ナツ単体の火力を大幅に上昇させることができます。

ただし、サブモンスターには7コンボしても倍率がかからないため、ダンジョンによっては、エンハンス要員を連れて行くなどの対応が必要となります。

【パズドラ】ナツのテンプレパーティー(ナツパ)

スポンサーリンク


サブとしての使い道

初となるダメージ吸収無効スキル

スキルは1ターンの間、属性吸収を無効化する。ランダムで火ドロップを5個生成。

パズドラでは初となる属性吸収無効スキルを持つため、属性吸収がギミックとして登場するダンジョンの難易度を大幅に下げてくれます。

今後、同スキルを持つモンスターが多数登場する可能性はありますが、パズドラ×マガジンコラボ実施時点では、他では代用できない強力なスキルです。

コンボパのアタッカー要員として

ナツは覚醒スキルに火ドロップ強化を4個、7コンボ強化を2個持っています。攻撃的な覚醒スキルを持っているため、コンボパのアタッカー要員として活躍できそうです。

その他もスキブに操作時間延長、スキル遅延耐性と無駄がなく、優秀なラインナップですね。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
攻撃強化 ナツは素の攻撃力が高く、7コンボ強化の覚醒スキルによる攻撃力アップも見込めることから、潜在覚醒スキルは攻撃強化がおすすめです。
スキル遅延耐性 強力な属性吸収無効スキルをいつでも使用できるように、スキル遅延耐性の潜在覚醒スキルを付けるのも効果的です。ただし、アシストで代用することも可能です。
操作時間延長 ナツはコンボパーティーで使用することが多くなるため、操作時間延長の潜在覚醒スキルもおすすめです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3606火竜・ナツ
ナツ
ナツは他では代用できない強力な属性吸収無効スキルを持つため、アシストはナツ自身がおすすめです。もしくはスキル遅延対策用にスキルターンの重たいモンスターを継承しましょう。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


ナツの評価

3606火竜・ナツ

リーダー評価:85点 / サブ評価:90点
※最高評価は100点です

ナツはパズドラでは初となる属性吸収無効スキルが強力!

火力要員としても優秀で、そのままパーティーに編成するも良し。他のモンスターにアシスト設定するも良しで、使い道が多いです。マガジンコラボガチャの中では超大当たりキャラになりそうですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ