【パズドラ】お正月カンナの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

パズドラの女の子ガチャで入手できるお正月カンナ(紅日の寿龍喚士・カンナ)の評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

お正月カンナ(おしょうがつかんな)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

レア度 コスト タイプ アシスト
8 60 ドラゴン/神
HP 攻撃 回復
LV最大 4078 2100 403
+297 5068 2595 700
LS 【私の願いはこの笛の音に…】
ドラゴンと神タイプの攻撃力が4倍、回復力は1.5倍。回復の5個十字消しでダメージを半減、攻撃力が2倍。
S 【転界逢龍唱・神牙】
2ターンの間、神とドラゴンタイプの攻撃力が2倍。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。
(15→10ターン)
覚醒 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:2体攻撃覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:操作時間延長

リーダーとしての使い道

高水準の十字消しリーダー

お正月カンナは、ドラゴンと神タイプの攻撃力が4倍、回復力は1.5倍になり、回復の5個十字消しでダメージを半減し、攻撃力が2倍になるリーダースキルを持っています。最大攻撃倍率は8倍とあまり高くありません。

回復倍率と半減効果を持っているため、耐久力が高いです。総合的に高水準でまとまっているリーダーと言えるでしょう。

2wayと操作時間延長が鍵

お正月カンナは回復の十字消しと、2wayの覚醒スキルを活かして戦うリーダーです。サブのモンスターも、2体攻撃を多く持っているモンスターを編成しましょう。

操作時間延長を多く入れておく事で、十字消しを作りながら、4個消しを複数組みやすくなります。十字消しは落としが組みやすいため、落としの練習をするのもお良いでしょう。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

2体攻撃を活かした火力要員として

お正月カンナは2体攻撃の覚醒スキルを4個持っています。4個消しした時の攻撃倍率は約5倍にもなります。元々の攻撃力も高いため、パーティーのメイン火力として使う事ができます。

本家の光カンナと違い、操作時間延長を持っているのと、副属性に火属性を持っているため、お正月カンナは多色パのサブ向きです。ラードラパなどで活躍が見込めます。

エンハンス要員として

お正月カンナのスキルは、2ターンの間、神とドラゴンタイプの攻撃力を2倍にするスキルです。1ターンのヘイストがついていますが、エンハンススキルはボス戦などの勝負所で使うスキルなので、何回も使うようなスキルではありません。

パーティーのスキル回転率を上げるためには使えません。ファセットなどのより強力なエンハンスをアシストして使うのがおすすめです。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
操作時間延長 多色パのサブで使う場合におすすめです。多色パは操作時間の長さで、使い勝手の良さが決まります。
攻撃強化 覚醒スキルをさらに活かせるようになります。元々の攻撃力をあげておきましょう。
カラフルダメージ軽減 100%ダメージ攻撃を防ぐ事ができます。パーティーに1体はつけておきましょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
2672金剛の宝石姫・ファセット
ファセット
チーム内の2体攻撃の数によって、倍率の変動するエンハンスです。高難易度に挑戦する場合にオススメです。
3642無形なるもの・アザトース
アザトース
6色陣に3ターンのバインド回復がつきます。アシストボーナスも高く優秀です。多色パのサブで使う場合におすすめです。。
2501創智の大天使・ラファエル
超究極ラファエル
2ターンの間、ダメージを無効化するスキルです。強敵との殴り合いなどで活躍します。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


お正月カンナの総合評価

リーダー評価:80点 / サブ評価:90点
※最高評価は100点です

お正月カンナは多色パのサブとして役立つモンスターです。リーダー性能も高めなので、強力なモンスターを持っていない方はリーダーとして使っても良いでしょう。完全バインド耐性を持っているのも嬉しいポイントです。

本家の光カンナとは操作時間延長の有無と、副属性の火属性で差別化できています。両方手に入れた方は、使い分けるのがおすすめです。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ