【パズドラ】パイの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト(三只眼)

  • LINEで送る

3615三只眼(パイ)

パズドラ×マガジンコラボガチャ(マガジンオールスターズコラボガチャ)で入手できるパイ(三只眼/さんじやん)の評価と使い道 、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

3×3EYES(サザンアイズ)のパイ(ぱい)は強いのかどうかの参考にして下さい。

※3月27日更新:パイのテンプレパーティーを追加

パイ関連記事
評価と使い道 テンプレ フレンド募集

スポンサーリンク

ステータス

3615三只眼(パイ)

レア度 コスト タイプ アシスト
7 38 攻撃/神
HP 攻撃 回復
LV最大 3610 1993 335
+297 4600 2488 632
LS 木属性のHPが1.5倍、攻撃力は3倍。
回復を4個以上つなげると攻撃力が上昇、最大3倍(倍率は4個2倍、5個2.5倍、6個3倍)。
S 火ドロップを木に、闇ドロップを回復に変化。
バインド状態を3ターン回復。
(13→8ターン)
覚醒 覚醒スキルバインド耐性 覚醒スキルバインド耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル(コンボ強化) 覚醒スキル(コンボ強化) 覚醒スキル:バインド回復 覚醒スキル操作時間延長 覚醒スキル操作時間延長

リーダーとしての使い道

お手軽81倍の高倍率

3615三只眼(パイ)

LFが三只眼パイであれば木属性のみが条件で9倍かかります。さらに回復の4つ消しで火力が上がっていき、6つ繋げると81倍。HPにもリーダーとフレンドで2.25倍の倍率がかかるので先制攻撃にも強いです。

ですが回復には倍率はかからない為、殴り合いには注意が必要です。回復力が高いキャラで補うか、割合回復スキルを活用しましょう。

7コンボ強化2つ持ち

7コンボ強化1つにつき攻撃力が2倍になるので、2つで4倍になります。回復6つで81倍は比較的簡単に出せますが、常に7コンボ強化で攻撃しようとするとパズル難易度は上がりますが、操作時間延長が2つあるので操作時間を長く調整しやすいのもポイントです。

封印耐性がない点のみ注意が必要です。サブで補いましょう。

英雄変換+バインド回復スキル

変換の中でも優秀と言われている英雄変換にバインド回復がつきました。バインド回復するために使用しても良いですし、変換が必要な場面でも使える為、どんな場面でも腐りにくいスキル構成になっています。

また、3ターンで回復できないバインドを受けた際には三只眼の覚醒スキルでもバインド回復ができますので、バインドには滅法強いといえるでしょう。

【パズドラ】パイのテンプレパーティー(三只眼パ)

スポンサーリンク


サブとしての使い道

木のコンボパのスーパーサブ

操作時間延長、7コンボ強化2つとコンボパで使用してくれと言わんばかりの能力になっています。それに加え、完全バインド耐性にバインド回復、スキルでもバインド回復ができるので、バインド対策は三只眼パイ1人に任せても良いでしょう。

7コンボ強化が2つ乗るので、1人だけダメージが突出すると吸収されやすくなる点には注意が必要です。

副属性に注意

光、闇は吸収されることが多く、闘技場などの高難易度では副属性がデメリットになることがあります。

パーティーの左のほうに配置することで右側にいる別キャラの副属性で光ダメージを上書きすることが可能になります。その際は主属性も副属性も木のキャラクターが最適です。ダンジョン次第ではありますが、注意しておきましょう。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
スキル遅延耐性 バインド回復スキルが使いたい時に使えないと死に直結する可能性がありますので、スキル遅延耐性をつけて対策しておきましょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3522山守神の龍巫女・モミジ
モミジ
回復生成の本来の機能を損なわず、毒やお邪魔盤面ごと入れ替えられる陣が良いでしょう。
2509伐爪の緑龍契士・シルヴィ
シルヴィ
モミジと同じ回復込みの3色陣スキルを持つシルヴィもおすすめです。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


パイの総合評価

3615三只眼(パイ)

リーダー評価:80点 / サブ評価:80点
※最高評価は100点です

リーダーとしては回復倍率がなく、99%ダメージなどの割合ダメージからの復帰が大変です。サブとしては優秀で、覚醒スキル、バインド回復+変換スキルのおかげであらゆる木のコンボパで起用できます。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ