【パズドラ】リエトの評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト

  • LINEで送る

4807新進の刃龍喚士・リエト

パズドラの龍契士&龍喚士ガチャで入手できるリエト(りえと)の評価と使い道、おすすめ(オススメ)の潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

新進の刃龍喚士・リエトは強いのか?入手方法やスキル上げ方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

4807新進の刃龍喚士・リエト

レア度 コスト タイプ アシスト
7 70 ドラゴン/バランス
HP 攻撃 回復
LV最大 4813 1753 503
+297 5803 2248 800
限界突破+297
LS 魔鋼の召龍印
HP80%以上でダメージを軽減(倍率は35%)、攻撃力が3倍。光闇回復の中から2色以上同時攻撃で攻撃力が4倍。
S パワー・オブ・ティート
ドロップのロック状態を解除。覚醒無効状態を3ターン回復。火、お邪魔、毒ドロップを闇ドロップに変化。
(13→8ターン)
覚醒 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:チーム回復強化 覚醒スキル:チーム回復強化 覚醒スキル:チーム回復強化 覚醒スキル:チーム回復強化
超覚醒

リーダー評価・使い道

HP80%以上でダメージを軽減の倍率が35%

リエトのリーダースキルのダメージ軽減率は、エドワード・エルリックと同じ35%です。HP80%以上ならば、先制攻撃や殴り合いに強いです。

しかし、HP80%以上を保つのは厳しいです。敵の連続攻撃次第では軽減が発動せず、倒されてしまう危険性があります。ニースなどHPの高いモンスターを編成するとよいです。

攻撃倍率の指定色が緩い

リエトのリーダースキルは、HP80%以上で光闇回復の中から2色以上同時攻撃時、LFで144倍と平均的です。3色の中から2色あれば4倍は確実に攻撃倍率は発動するので、光闇回復を含む、2色陣または3色陣をサブに入れておくことをおすすめします。

しかし、HP80%を切ってしまうとLFで16倍しかでなくなってしまうので、気をつけて戦う必要があります。

スポンサーリンク


サブ(アシスト)評価・使い道

ロック解除、覚醒状態回復、変換のスキルが優秀

リエトのスキルは、ロック解除・覚醒状態3ターン回復・火、お邪魔、毒を闇ドロップに変換と大変優秀です。最大8ターンで発動することができるのも魅力です。

アシストとしてもスキルターンが短いので、覚醒は強いがスキルが使えないモンスターなどにアシストすることをおすすめします。

チーム回復強化4つ持ち

リエトは唯一、チーム回復強化を4つ持っているモンスターです。HPの高いチーム編成すれば全体的に回復力をあげることができます。

しかし、攻撃に特化した覚醒スキルを一切持っていないので、回復ドロップ強化を持つモンスターで補うことが可能だと思われます。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
スキル遅延耐性 スキルが優秀なので遅延対策がおすすめです。
回復強化+ チーム回復強化の回復力の底上げができます。
HP強化+ LSの80%を維持するために少しでもHPを増やしておくことができます。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
4776九兵衛の眼帯
柳生九兵衛装備
チーム回復強化を持っており、同じ闇属性なので、アシストボーナスもつきます。
3915天界の神書&天使の羽ペン
光メタトロン武器
チーム回復強化を持っており、回復力もアップさせてくれます。
4654主護の神馬・スレイプニル
スレイプニル装備
チーム回復強化を持っており、チームHP強化も持っています。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


入手方法

龍契士&龍喚士ガチャ

スキル上げ方法

スキル上げ素材

  • なし

スキル上げ周回におすすめのダンジョン

  • なし

リエトの総合評価

4807新進の刃龍喚士・リエト

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
75点 80点 85点

※最高評価は100点です

覚醒スキルのチーム回復強化4つ持ちは、チームの回復力アップとして、HPの高い闇メタパーティなどでサブとして使えそうです。スキルも優秀ですが攻撃に特化した覚醒スキルを持っていないので完全にサポート役となってしまいます。

HP維持が難しいと思われるので、リーダーとしての使い道はあまりなさそうです。スキルが優秀なのでガチャで引いたら所持しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ