【パズドラ】高杉晋助の評価!分岐究極進化/アシストおすすめはどっち?

  • LINEで送る

4757高杉晋助

パズドラの銀魂コラボガチャで入手できる高杉晋助(たかすぎしんすけ)の評価をまとめています。分岐究極進化/アシスト進化させるなら、どっちがおすすめで強いのか?

高杉晋助の分岐先の簡易評価と共にまとめてみました。

スポンサーリンク

高杉晋助の分岐はどっちがおすすめ?

おすすめは高杉晋助

4757高杉晋助

高杉晋助は3つの形態があるモンスターですが、おすすめは高杉晋助です。超覚醒を含めると神キラーを3つ持っているので、神タイプに対して非常に高い火力を出せます。また、3つの形態で高杉晋助だけスキルチャージを持っているで優秀です。

対して高杉ハーデスは7コンボ強化2つと追加攻撃を持っているので、火力要員、追加攻撃要員のどちらとしても使える優秀なモンスターです。また、リーダースキルは攻撃倍率が低いものの耐久力は非常に高いので、耐久パとしては使えます。

また、高杉装備はHP80以上強化を付与できる優秀なアシストモンスターなので、複数体手に入れた場合はアシスト進化もおすすめです。

スポンサーリンク


高杉晋助の分岐先の簡易評価

高杉晋助の評価

アイコン リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
4757高杉晋助 90点 95点 75点
LS 4色以上同時攻撃でダメージを軽減、攻撃力が4倍。ドロップを4個以上つなげて消すと攻撃力が上昇、最大6倍(倍率は4個2倍~8個6倍、1個につき+1倍)。
S 1ターンの間、敵の防御力が0になる。全ドロップのロックを解除し、5属性ドロップに変化。
(19→14ターン)
覚醒 覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:スキルチャージ 覚醒スキル:神キラー 覚醒スキル:神キラー
超覚醒 覚醒スキル:神キラー 覚醒スキル:ダメージ無効貫通 55覚醒スキル:操作不可耐性

高過晋助は神キラーを2つ持っていて、さらに超覚醒で1つ増やすことができ、神タイプに非常に高い火力を出すことができるので、リーダー、サブどちらでも優秀なモンスターです。

リーダースキルは最大24倍と非常に高い攻撃倍率とダメージ軽減を兼ね備えているので、高難易度ダンジョンでも使えるモンスターですが、4色を組みながらドロップを繋げる必要があるので少し難しいリーダースキルです。


高杉晋助&ハーデス衣装の評価

アイコン リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
4758高杉晋助&ハーデス衣装 80点 90点 75点
LS 4コンボ以上で攻撃力が上昇、最大8倍(4コンボ3倍~9コンボ8倍、1コンボにつき+1倍)。火光闇属性から受けるダメージを半減。
S 1ターンの間、敵の防御力が0になる。全ドロップのロックを解除し、5属性ドロップに変化。
(19→14ターン)
覚醒 覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:コンボ強化 覚醒スキル:コンボ強化 覚醒スキル:追加攻撃
超覚醒 覚醒スキル:神キラー 覚醒スキル:ダメージ無効貫通 55覚醒スキル:操作不可耐性

高杉ハーデスはリーダー、サブとして使える形態です。特にサブとしては7コンボ強化2つと追加攻撃を持っているので、追加攻撃要員としてパーティに入れることができます。また、神タイプなので極醒闇メタパーティにも入れることができるのが優秀です。

リーダースキルは火光闇属性のダメージを常に半減できるので、耐久力が非常に高いです。攻撃倍率も最大8倍出せるので、サブにエンハンスを入れれば、高難易度ダンジョンの敵も倒せる火力が出せます。


高杉装備の評価

アイコン アシスト評価
4759松下村塾教科書 85点
S 1ターンの間、敵の防御力が0になる。全ドロップのロックを解除し、5属性ドロップに変化。
(19→14ターン)
覚醒 覚醒スキル:覚醒アシスト 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:HP80%以上強化 覚醒スキル:HP強化

高杉装備はスキル封印耐性とHP80以上強化を付与できるアシスト装備です。HP80以上強化はパーティのコンセプトにあまり左右されずに火力の底上げができるので、非常に優秀です。

高杉装備は強いアシスト装備ですが、高杉晋助はどの形態も非常に強いため、複数体いない場合は高杉装備に進化はさせない方がいいでしょう。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ