【パズドラ】究極金剛夜叉明王の評価!おすすめ潜在覚醒とアシスト

  • LINEで送る

4253護持の智慧神・金剛夜叉明王

パズドラのレアガチャで入手できる究極金剛夜叉明王(きゅうきょくこんごうやしゃみょうおう)の評価と使い道、おすすめ(オススメ)の潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

護持の智慧神・金剛夜叉明王は強いのか?入手方法やスキル上げ方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

4253護持の智慧神・金剛夜叉明王

レア度 コスト タイプ アシスト
7 40 神/攻撃
HP 攻撃 回復
LV最大 3093 2355 113
+297 4083 2850 410
限界突破+297
LS 【清浄の教令】
4属性(3属性+回復)以上同時攻撃で攻撃力が上昇、最大12倍(倍率は4色4倍〜6色12倍、1色につき+4倍)。ドロップを消した時、攻撃力×30倍の追い打ち。
S 【怨敵退散の神力】
3ターンの間、光属性の攻撃力が2倍。自分以外の味方スキルが2ターン溜まる。
20→15ターン)
覚醒 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:マルチブースト 覚醒スキル:バインド耐性 覚醒スキル:バインド耐性
超覚醒

リーダー評価・使い道

追加攻撃不要のリーダー

究極金剛夜叉明王は4属性から攻撃力が最大12倍まで上昇し、ドロップを消した時に攻撃力×30倍の追い打ちをするリーダースキルを持っています。3属性+回復から倍率が出るため、初心者でも扱いやすいのが魅力です。

多色消ししつつ追加攻撃を組むのは簡単ではありませんが、追い打ち効果のあるリーダースキルなので追加攻撃は不要です。

耐久力に欠ける

究極金剛夜叉明王はリーダースキルにHPや回復などの耐久倍率を持っていません。軽減することもできないため、不意の先制攻撃や強力な攻撃を受けると即ゲームオーバーにつながってしまいます。

高難易度適正は低いものの、フレンドを高性能のモンスターにすることである程度は対応が可能です。

スポンサーリンク


サブ(アシスト)評価・使い道

倍率の低いエンハンス

究極金剛夜叉明王のスキルは3ターン光属性の攻撃力が2倍になるエンハンスに2ターンヘイストがついたスキルです。エンハンススキルは継続ターン数より倍率が重要で、究極金剛夜叉明王のスキルはそれに見合っていません。

同じ2ターンヘイストがついているスキルでも、1ターン5倍エンハンスのアポルォの方が優秀な場面が多く、スキル目的で使われることは少ないでしょう。

火力覚醒がない

究極金剛夜叉明王は火力覚醒を持っていません。アタッカーとしての能力は低いですが、マルチプレイではマルチブーストのおかげで全パラメータが1.5倍になります。マルチプレイでは直入れしても良いでしょう。

しかし、マルチブーストを考慮すると分岐先である覚醒金剛夜叉明王に軍配があがるため、マルチブースト目当ての場合は進化先を考慮した方が良いでしょう。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
操作時間延長 リーダー起用する場合におすすめです。
カラフルダメージ軽減 100パーセントダメージ攻撃を受けても耐えられるようになります。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3642無形なるもの・アザトース
アザトース
6色陣に3ターンのバインド回復がついています。バインドに弱いメンバーがいる時におすすめです。
4260双鼓の天鬼姫・雷神
光雷神
ロック解除つきの6色陣です。同属性なので、アシストボーナスがのるのも嬉しいポイントです。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


入手方法

レアガチャ

スキル上げ方法

スキル上げ素材

  • 光の護神龍・ホクライ

スキル上げ周回におすすめのダンジョン

  • 光の護神龍

究極金剛夜叉明王の総合評価

4253護持の智慧神・金剛夜叉明王

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
80点 75点 70点

※最高評価は100点です

究極金剛夜叉明王は追い打ちが強いリーダーです。倍率も最大12倍と追い打ちリーダーとしては悪くありませんが、耐久倍率がないのがネックです。耐久力はフレンド頼みとなってしまうので高難易度適正は高くありません。

サブやアシストモンスターとしてはあまり使える能力ではないため、リーダー起用する場合に進化先として選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ