究極水メタトロンの評価と使い道、スキル継承、潜在覚醒、倍率

  • LINEで送る

3111水メタトロン(楽園の管理者・メタトロン)

パズドラの女の子ガチャ、夏休みガチャ(水着ガチャ)で入手できる究極水メタトロン(楽園の守護者・メタトロン)の評価と使い道 、おすすめの潜在覚醒スキル、スキル継承、倍率を考察してみました。

ついに水着メタトロンが究極進化!バインド回復要員として更に進化?

※9月11日更新:女の子ガチャの内容を反映

スポンサーリンク

ステータス

3111水メタトロン(楽園の管理者・メタトロン)

究極水メタトロンは神/回復タイプ。

ステータスは究極進化前と比較すると攻撃+100、回復+30と少しだけパワーアップ。HPや攻撃の低さが気になりますが、何と言っても、パズドラ全モンスターの中でTOP5の回復力の高さが魅力です(第2弾夏休みガチャ登場時点)。

パーティーの回復力底上げに大きく貢献してくれそうです。


リーダーとしての使い道

バランスが良いリーダースキル

3111水メタトロン(楽園の管理者・メタトロン)

リーダースキルは神と回復タイプのHPが少し上昇、攻撃力は3.5倍。スキル使用時、攻撃力が1.5倍。少し上昇の倍率は1.35倍。

究極水メタトロンをリーダーとフレンドにすると、HP約1.82倍、攻撃力約27.56倍。

回復には倍率がかかりませんが、水メタトロン自体の回復力が高く、パーティーを神/回復タイプで揃える関係上、素でも回復力を確保しやすいです。

殴り合いにもある程度対応できるバランスの良いリーダースキルと言えそうです。

パーティー編成しやすい

究極水メタトロンは完全バインド耐性の覚醒スキルを持ち、自身のスキルでバインド回復できるため、サブにバインド回復要員を入れる必要がありません。

また、スキル封印耐性の覚醒スキルを2個持つため、スキル封印に耐性100%チームも簡単に作ることができます。

リーダースキル対象となっている神/回復タイプは、水属性と相性が良いため、優秀なモンスターが多く、パーティー編成しやすいのは大きなメリットですね。

火力面に不安がある

究極水メタトロンは自身の攻撃力が低く、攻撃的な覚醒スキルが一つも無いため、火力面で不安が残ります。

リーダースキルの攻撃倍率も低いため、サブである程度フォローが必要となりそうですね。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

バインド回復要員として

スキルは回復力×8倍のHP回復、バインド状態を3ターン回復。

最短4ターンで使用できるため、ダンジョン中に、何度もバインド攻撃が飛んで来るようなダンジョンに強いです。バインド回復のターン数が低めのため、ターン数の多いバインド攻撃が飛んで来るダンジョンには注意しましょう。

サポートに徹した覚醒スキル

究極水メタトロンは攻撃的な覚醒スキルが1つも無く、サポートに徹した覚醒スキルとなっています。

バインド回復要員やスキル封印対策要員として重宝しますが、火力面ではあまり期待できないため、他のモンスターでフォローしましょう。

就職先パーティー

3113水エスカマリ(渚の星女神・エスカマリ) 2255海王神・ネプチューン=ドラゴン(ネプドラ)

水メタトロンは水エスカマリやネプドラなど、タイプが噛み合うパーティーであれば、どこでも編成することができます。バインド回復要員が必要な時に起用しましょう。

水エスカマリのテンプレパーティー
ネプドラの最強テンプレパーティー


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒スキル:回復強化 潜在覚醒スキル:回復強化 潜在覚醒スキル:回復強化 潜在覚醒スキル:回復強化 潜在覚醒スキル:回復強化

究極水メタトロンは回復力の高さが売りのため、潜在覚醒スキルは回復強化がおすすめです。長所を更に伸ばしてあげましょう。


スキル継承のおすすめは?

究極水メタトロンにスキル継承するなら、よりバインド回復ターンの多いバインド回復スキルがおすすめ。もしくは完全バインド耐性を活かして、ここぞの場面で確実に使用したいダメージ軽減、ダメージ無効スキルなどを継承しておくと良さそうですね。

スキル継承 おすすめの組み合わせは?


究極水メタトロンの評価

3111水メタトロン(楽園の管理者・メタトロン)

リーダー評価:70点 / サブ評価:75点
※最高評価は100点です

究極水メタトロンはサポート役として非常に優秀なキャラ!

究極進化により、スキル封印耐性が2個追加されたため、今まで以上にサブとして活躍の機会がありそうです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ