【パズドラ】エドワードパーティーのテンプレサブ

  • LINEで送る

4020鋼の錬金術師・エドワード・エルリック

パズドラのハガレン(鋼の錬金術師)コラボガチャで入手できるエドワードパーティー(エドワードパ)の最強テンプレ編成とおすすめサブをまとめてみました。

最新モンスターデータを元に、最強サブ・テンプレートを考察!

スポンサーリンク

エドワードパ編成のポイント

キャラ リーダースキル
4020鋼の錬金術師・エドワード・エルリック HP50%以上でダメージを軽減(倍率は35%)、攻撃力が3倍。4コンボ以上で攻撃力が上昇、最大4倍。

単色寄せでも多色寄せでもOK

リーダースキルの特性上、光染めの単色パにしても、多色寄せのコンボパにしても最大倍率を出すことが可能です。属性やタイプに限定されないため、手持ちや好みに合わせて自由に編成が可能ですが、どちらかに統一しましょう。

コンボ強化染めがベスト

エドワード自身がコンボ強化2個持ちのため、サブもコンボ強化2個持ちで固めるのがおすすめです。しかし、コンボ強化持ちはコラボや期間限定ガチャなどが多く、入手難易度は高めです。コンボ強化染めが難しい場合は2wayやキラー染めでも良いでしょう。

HPが半減以下にならない工夫をしよう

HPが50パーセント以下になると攻撃倍率が下がるため、回復スキルや軽減スキルで補う工夫が必要です。回復スキルの場合はダメージを受けた後に復帰、軽減の場合は受ける前に防ぐ使い方です。手持ちやプレイスタイルに合わせて編成しましょう。

スポンサーリンク


エドワードパのおすすめテンプレ

2way寄せのエドワードパ

パーティー編成

4020鋼の錬金術師・エドワード・エルリック3416黄角の天鬼姫・雷神3449転生インドラ4055白耀の秘女神・カーリー3894獄翼の龍帝王・シェリアス=ルーツ44022鎧の弟・アルフォンス・エルリック

名前 役割
エドワード 回復、お邪魔、毒→光+HP全回復+1ターン光属性攻撃力3倍
雷神 ロック解除+6色陣
転生インドラ 2ターン75%軽減+1ターンヘイスト
分岐光カーリー 火、水、木、光、闇の5色陣
闇シェリアスルーツ 敵1体99固定ダメージ+6色陣
アルフォンス 1ターンダメージ半減+6色陣
ステータス
HP+99 回復+99
32,654 3,352
最大攻撃力 ダメージ軽減
144倍 35%

※最大倍率の数値で計算

覚醒スキル:スキルブースト×10 覚醒スキル操作時間延長×11 覚醒スキル封印耐性×7 覚醒スキル2体攻撃×8 覚醒スキル:追加攻撃×1 覚醒スキル:コンボ強化×1 覚醒スキル:神キラー×1 覚醒スキル:ドラゴンキラー×1

パーティー解説

コンボ強化2個持ちや3個持ちはレア度が高く、入手が難しい傾向があります。この編成では期間限定ガチャやコラボガチャなどをできるだけ避けて、比較的入手がしやすいモンスターで編成しています。

陣と2way持ちを中心に編成しており、盤面の妨害や欠損に強く、フレンドをアルフォンスにしたことにより、低HPからの復帰も容易です。兄弟でリーダーとフレンドで使える性能になっているのは嬉しい要素ですね。

コンボ強化持ちのモンスターを持っている場合は1体だけでも編成しておきましょう。打点が全然違うので、高防御などに強くなります。


エドワードパのおすすめサブ

陣・ドロップ変換枠

4020鋼の錬金術師・エドワード・エルリック
エドワード
44022鎧の弟・アルフォンス・エルリック
アルフォンス
3416黄角の天鬼姫・雷神
雷神
4055白耀の秘女神・カーリー
分岐光カーリー
3930博愛の彩龍喚士・イデアル
光イデアル
3618陸奥九十九(むつつくも)
陸奥九十九
3524水華の喜女神・ウルカ
ウルカ
3751覚醒クロノス
覚醒クロノス
3755覚醒ウラノス
覚醒ウラノス
3895輝石の龍帝王・シェリアス=ルーツ
火シェリアスルーツ
3642無形なるもの・アザトース
アザトース
3354超究極黒崎一護(完全虚化・黒崎一護)
黒崎一護

サポート枠

3449転生インドラ
転生インドラ
3386転生ヤマタノオロチ
転生オロチ
3387転生スサノオノミコト
転生スサノオ
3389転生ツクヨミ
転生ツクヨミ
3454煌拳聖命神・ハトホル(火ハトホル)
火ハトホル
3846楽園の天鬼姫・風神
水着風神
3264起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型
攻撃オーディンドラゴン
3350傾国の歌姫神・貂蝉
貂蝉
3273転生ラー
転生ラー
スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ