グリフォンライダーの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

2098グリフォンライダー・ギリアム

パズドラのレアガチャで入手できるグリフォンライダー(グリフォンライダー・ギリアム)の評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

グリフォンライダー(ぐりふぉんらいだー)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

2098グリフォンライダー・ギリアム

レア度 コスト タイプ アシスト
6 13 攻撃/悪魔
HP 攻撃 回復
LV最大 2213 1659 272
+297 3203 2154 569
LS 【紫風の地幻陣】
木属性の攻撃力が2倍、闇属性のHPが1.5倍。スキル使用時、攻撃力が1.5倍。
S 【ロイヤルゲイル】
ランダムで木ドロップを5個生成。
(10→5ターン)
覚醒 覚醒スキル:木属性強化 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:マルチブースト

リーダーとしての使い道

木と闇属性のみ編成可

グリフォンライダーは変わったリーダースキルを持っています。木属性の攻撃力が2倍に、闇属性のHPが1.5倍になり、スキル使用時にさらに攻撃力が1.5倍になります。最大攻撃倍率は少し控えめの3倍となっています。

HPと攻撃倍率を両方受けるためには、主属性が木で副属性が闇のモンスターでなければなりません。編成難易度は高いと言えます。

マルチプレイの2wayパを作ろう

グリフォンライダーは覚醒スキルに、木属性強化が1個と2wayを2個持っています。スキルで生成できる木ドロップの個数が、5個な事もふまえて2wayを持っているモンスターで染めるのがオススメです。

ソロプレイでは連続してスキルを使うのは難しいのと、マルブが活用できないため、マルチプレイでの使用がオススメです。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

木の十字消しリーダーと好相性

グリフォンライダーのスキルは、ランダムで木ドロップを5個生成するというものです。列パではコンボ吸収などの場面除き、たくさんドロップがあってもあまり困る事はないです。

しかし、十字消しリーダーや2wayパではドロップがありすぎると、つながってしまってうまく消せない事があります。5個生成は十字消しと相性が良いため、攻撃オーディンドラゴンなどの5個十字消しリーダーと組み合わせて使いましょう。

全体的にステータスが低め

マルチブーストを考慮しないと全体的にステータスが低めです。マルチプレイでは直入れ、ソロプレイではアシストモンスターとして使うなど、使い方を分けても良いでしょう。

最短5ターンで使用できる変換は優秀ですが、アシストするスキルとしてはあまり向いていません。使いどころが難しいモンスターと言えます。優秀な陣スキルを持ったモンスターを手に入れるまでのつなぎとしての使用がオススメです。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
カラフルダメージ軽減 100%ダメージ攻撃を防ぐ事ができます。パーティーに1体はつけておきたいですね。
操作時間延長 ステータスが全体的に低いため、ステータスに依存しない潜在覚醒を選びましょう。
遅延耐性 スキルを使いたい時に、遅延攻撃を受けて使えないということのないように、遅延対策しておきましょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3694お市
お市
木、闇、回復の3色陣に、2コンボ加算がつきます。木の十字消しパで直入れする場合にオススメです。
3543峰角の大賢龍・バッケス
バッケス
1ターンの間、木属性の攻撃力を5倍にするスキルです。盤面が悪くても無理やり敵を倒すこともできますね。
3494転生アルテミス
転生アルテミス
5個だけでなく、大量にドロップを供給したい時にオススメです。目覚め効果も役立ちます。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


グリフォンライダーの総合評価

2098グリフォンライダー・ギリアム

リーダー評価:60点 / サブ評価:70点
※最高評価は100点です

グリフォンライダーは、木の十字消しリーダーと組み合わせて、サブで使いたいモンスターです。主属性と副属性を限定するリーダースキルのため、リーダー起用はあまりオススメしません。

十字消しリーダーと組み合わせる時は、操作時間とコンボ吸収がネックになりやすいので、潜在覚醒やアシストモンスターで対応すると良いですね。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ