ナルガ装備ハンターの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

3710ハンター♀・ナルガX装備

パズドラ×モンハンコラボキャラ(モンスターハンターコラボキャラ)として入手できるナルガ装備ハンター(ハンター♀・ナルガX装備)の評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

ナルガ装備ハンター(なるがそうびはんたー)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

3710ハンター♀・ナルガX装備

レア度 コスト タイプ アシスト
6 35 攻撃/ドラゴン
HP 攻撃 回復
LV最大 2965 1791 305
+297 3955 2286 602
LS 強化ドロップを含めて5個消した属性の攻撃力が6倍。マルチプレイ時、全パラメータが1.5倍。
S 敵全体に99の固定ダメージ。ランダムで闇ドロップを5個生成。
(16→8ターン)
覚醒 覚醒スキル:闇ドロップ強化 覚醒スキル:闇ドロップ強化 覚醒スキル:闇ドロップ強化 覚醒スキル:闇ドロップ強化 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:マルチブースト 覚醒スキル:ドラゴンキラー

リーダーとしての使い道

マルチプレイでの高速周回リーダー

3710ハンター♀・ナルガX装備

強化ドロップ含めた5個消しで倍率が出るタイプのリーダースキルを持っています。マルチプレイでは全パラメータに1.5倍の倍率がかかるため、マルチプレイで起用しましょう。

マルチプレイでの流行は、転生劉備メリディオナリスなどが、高速周回のリーダーとして使われています。パズルのお手軽さから、ナルガ装備ハンターも同様の使い方ができるでしょう。

超お手軽パズルが嬉しい

超究極ヨミドラと似たリーダースキルですが、マルチプレイ時には同じ9倍の倍率を出す事ができます。LFで81倍は難易度のわりに高く、簡単なダンジョンであれば、5個消ししているだけでクリアすることができるでしょう。

しかし、高難易度になってくるとコンボ吸収などを持った敵も出てくるので、それは別途対策が必要です。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

強化ドロップを必要とするリーダーの下へ

転生ツクヨミや超究極ヨミドラのように、強化ドロップを含む5個消しで発動するリーダースキルを持っているパーティーのサブに最適です。ドロップ強化を持っているため、ナルガ装備ハンターを編成しただけで、80%も強化ドロップが降ってくる確率があがります。

パーティー全体であと1つあれば、強化ドロップが降ってくる確率は100%になります。100%を超えた分も火力として上がっているので、ドロップ強化染めのパーティーに編成しても良さそうです。

固定ダメージが使える

高難易度では固定ダメージがほぼ必須となってきています。キングタンやぷれドラは攻撃力と防御力が高く、HPが低いという特徴があります。殴り合いが難しい相手なので、固定ダメージで倒してしまいましょう。

ナルガ装備ハンターのスキルにはドロップ生成効果もついているため、固定ダメージが必要な敵が出なくても腐らないのが特徴です。

ナルガ装備ハンターのテンプレパーティー(ハンターナルガ装備パ)


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
全パラメータ強化 マルチブーストで強化されるので、基礎パラメータをさらにあげておきましょう。
HP強化 HPだけに限れば、全パラメータ強化よりも値が高くなります。全パラメータ強化よりも入手難易度が低いのも嬉しいですね。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3389転生ツクヨミ
転生ツクヨミ
盤面を全て強化ドロップにします。操作時間も延びるので、コンボ吸収を使ってくる敵などに役立ちます。
2592裁秤の鋼星神・エスカマリ
エスカマリ
ダブルドロップ変換と目覚め効果で、大量の闇ドロップを供給できます。落ちコンにも期待ができますね。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


ナルガ装備ハンターの総合評価

3710ハンター♀・ナルガX装備

リーダー評価:85点 / サブ評価:80点
※最高評価は100点です

超究極ヨミドラと同じように、お手軽高速周回パのリーダーとして役立つモンスターです。しかし、強リーダーなのはマルチプレイ時のみなので注意しましょう。

弓矢はモンハンの中でも人気がある武器の1つなので、使った事のある方は思い入れがあるのではないでしょうか。使った事のある方は是非パズドラでも使ってみて下さいね。

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ