【パズドラ】イシュタルの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

3237疾速の龍騎姫・イシュタル

パズドラのテクニカルダンジョン(龍騎姫の聖地)で入手できる疾速の龍騎姫・イシュタルの評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

イシュタル(いしゅたる)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

3237疾速の龍騎姫・イシュタル

レア度 コスト タイプ アシスト
7 35 ドラゴン/体力/神 ×
HP 攻撃 回復
LV最大 4327 1709 138
+297 5317 2204 435
LS ドラゴンと体力タイプのHPと攻撃力が2倍。HP50%以上で攻撃力が2倍
S 1ターンの間、敵の防御力が0になる。敵1体に攻撃力×20倍の木属性攻撃、ダメージ分のHP回復。
(23→13ターン)
覚醒 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:ドラゴンキラー

リーダーとしての使い道

HPは高くなるが、攻撃倍率は低め

リーダースキルでHPが2倍になるため、高いHPを確保することはできます。しかし攻撃倍率は最大でも4倍と低く、高難易度のダンジョンでは1Fすら突破できない時もあります。また、HPに制限があるにも関わらず回復倍率がないので、復帰も難しくなります。

どうしても使うのであれば、フレンドに回復倍率を持つリーダーを選択するか、攻撃倍率の高いフレンドを連れていくことで多少の問題は解決できますが、無理にイシュタルをリーダーに使う必要はありません。

自身のスキルで復帰することができる

回復倍率はありませんが、自身のスキルで攻撃力の20倍分ダメージを与え、その分HPを回復することができます。しかし、最短でも13ターンと耐久が必須になるほどの重さなので、頻繁に使うことはできません。

リーダーフレンドにイシュタルを入れることで2回分使うことができますが、バインド耐性もないため、スキル継承で完治の光などを持ったモンスターを入れた方が十分に回復役として専念できます。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

火力を出すことができ、スキルブーストもある

2体攻撃とスキルブーストを2つ持ち、ドラゴンキラーもあるため、2way寄せのパーティーであれば、ある程度火力を出すことができます。敵がドラゴンであれば、キラーも刺さるため、高いダメージをたたき出すことができます。

しかし、封印耐性を持っていないので、他のキャラで補っていく必要がある点には注意しましょう。イシュタルを編成する際は、完全に火力枠として割り切って使うことをおすすめします。

スキルの使い道は多いが、タイミングは考えよう

敵の防御力を0にした上で1体にブレスダメージを与え、さらに回復まですることができます。高防御対策や、根性で残った敵を倒したり、回復として使う事もでき、使い道は多く見えますが、最短で13ターンと重いスキルのため頻繁には使えません。

局所的に高防御の敵が出てきた時の対策として使うか、いざという時のための回復として取っておくなど、1ダンジョンにつき1回使えるといった認識でいた方が安全です。

また、アシストモンスターとして継承することはできませんので、スキルを使う際には直接編成することになります。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
攻撃力強化 2体攻撃の火力を活かすためにおすすめです。
カラフルダメージ軽減 汎用的に使えるカラフルダメージ軽減がおすすめです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
392豊穣神・ホーリーセレス(光セレス)
光セレス
HPを完全に回復し、バインドも回復できるため、おすすめです。
2752究極アヴァロンドレイク
アヴァロンドレイク
木・光の2色陣を作れるので高い火力を出すことができます。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


イシュタルの総合評価

3237疾速の龍騎姫・イシュタル

リーダー評価:55点 / サブ評価:70点
※最高評価は100点です

リーダーとしては、攻撃力が物足りない倍率のため、低難易度のダンジョン向けのリーダーとなってしまいます。回復倍率か、高い攻撃倍率のフレンドを連れて行く方が良いパーティーになるでしょう。

サブとしては、ダンジョン次第では強力な火力枠になることも可能です。スキルは使い道が多いため、汎用性がききますが13ターンと重いスキルであることは理解しておきましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ