【パズドラ】ミューズの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

1652翠氷の鎧騎士・ミューズ

パズドラのレアガチャで入手できるミューズ(翠氷の鎧騎士・ミューズ)の評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

ミューズ(みゅーず)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

1652翠氷の鎧騎士・ミューズ

レア度 コスト タイプ アシスト
6 17 神/体力
HP 攻撃 回復
LV最大 3308 1235 140
+297 4298 1730 437
LS 【蒼玉の騎士道】
神タイプのHPと攻撃力が2倍。
S 【ブルークレスト】
敵1体に10万の固定ダメージ。2ターンの間、神タイプの攻撃力が2.5倍。
(15→10ターン)
覚醒 覚醒スキル:水ドロップ強化 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:2体攻撃 覚醒スキル:封印耐性

リーダーとしての使い道

高HPがポイント

ミューズは、神タイプのHPと攻撃力が常時2倍になるリーダースキルを持っています。攻撃力の2倍はあまり高くないので、序盤以外は使えないでしょう。

しかし、HPの2倍の倍率は高く、高HPのパーティーを組む事ができます。序盤では、ゲームオーバーしない事が1番大切なので、使えない事はないでしょう。ヘライースなどを入れて、ギガグラを使えるようになると耐久パとして機能するかもしれません。

中盤以降は使えない

攻撃倍率の高さは、リーダーとして使えるかどうかの大切な倍率になります。ミューズは高いHPを確保する事はできでも、攻撃倍率が低く、中盤以降の敵はほとんど倒す事ができないでしょう。

フレンドに高倍率のモンスターを選択する事で多少は解消できます。手持ちにリーダー性能が高いモンスターが来るまでは工夫して乗り越えましょう。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

固定ダメージ+エンハンススキル

敵1体に10万の固定ダメージと、2ターンの間、神タイプの攻撃力を2倍にするエンハンススキルを持っています。役割が2個持てるため、無駄になりにくいスキルと言えます。

しかし、エンハンスの倍率も高くなく、固定ダメージも単体なので、どちらも中途半端な効果に思えてしまいます。ガードブレイクの覚醒スキルの登場で、相対的に固定ダメージの価値が下がっているため、採用する意味はあまりないのかもしれません。

水、木の2色は優秀

手持ちが揃ってきた方は、ミューズを採用する事は多くありませんが、手持ちが揃うまでは違います。

始めたばかりの方が、配布されたモンポでラードラを購入しても、闇カーリーやイシスなどを持っていない事のほうが多いです。エンハンス+水木の2色を埋められるため、序盤では多色の色埋め要員として活躍するでしょう。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
操作時間延長 多色の色埋めで使う場合にオススメです。
カラフルダメージ軽減 100%ダメージを防ぐ事ができます。パーティーのうち、1体はつけておきたいですね。
HP強化 HPに倍率がかかるため、元々のステータスを上げておいても良いでしょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
3273転生ラー
転生ラー
エンハンスを捨てて、固定ダメージ要員とする場合にオススメです。
2668深蒼の宝石姫・カラット
カラット
エンハンス要員として特化したい場合にオススメです。遅延を受けても、元々のミューズのスキルがエンハンスなので使いやすいです。
1557焔天舞神・アマテラスオオカミ
アマテラス
もしリーダーとして使う場合、即時回復のスキルを持っておくと役立ちます。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


ミューズの総合評価

1652翠氷の鎧騎士・ミューズ

リーダー評価:55点 / サブ評価:70点
※最高評価は100点です

ミューズはスキルが使えるモンスターです。覚醒スキルとステータスの貧弱さから、手持ちが揃ったあとは直入れは厳しいですね。エンハンススキルや固定ダメージが欲しい時は、アシストモンスターとして起用しましょう。

また、今はモンポの配布が多く、ゲームがあまり進んでいなくてもラードラなど強力なモンスターを手に入れる事ができます。手持ちが充実していない場合、ラードラパのサブで使うこともできるでしょう。

その他の鎧騎士シリーズキャラ
1650蒼炎の鎧騎士・ニム
ニム
1654紅嵐の鎧騎士・デルガド
デルガド
1656蒼大剣の鎧騎士・アークライン
アークライン
1658蒼対剣の鎧騎士・クレーゼ
クレーゼ
スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ