【パズドラ】大泥棒+99参上(五右衛門) 安定ノーコン攻略パーティー

  • LINEで送る

大泥棒参上(五右衛門降臨)

パズドラレーダーやイベントで登場する大泥棒(+99)参上 大義賊 絶地獄級の安定高速周回・ノーコン攻略パーティー(ソロ)をまとめています。

ボスは五右衛門!出現モンスター早見表やおすすめのリーダーやスキルもまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

基本情報と経験値

スタミナ 25
バトル 5
難易度 絶地獄級
経験値 17,508
プラス HP+33/攻撃+66

出現モンスター早見表

フロア モンスター 特徴
1F 545火の下忍547水の下忍549木の下忍 ・1ターン煙幕
2F 547水の下忍549木の下忍546火の中忍548水の中忍 ・1ターン煙幕
3F 546火の中忍548水の中忍550木の中忍 ・1ターン煙幕
4F 416焔尾の天狐・ミツキ ・HP約900万
・水属性1~3ターン
・2ターン煙幕(水属性がいない場合)
5F 565石川五右衛門 ・HP約1,600万
・999ターン状態異常無効
・3ターン75%ダメージ軽減
・初回行動時39,042ダメージ

安定攻略におすすめのリーダー

リーダー おすすめ理由
3515浄弓の鋼星神・メリディオナリス
メリディオナリス
4Fに登場するミツキの水属性バインド対策は必要ですが、落ちコンなしで安定して高速周回可能です。
メリディオナリスのテンプレ
3357護廷十三隊総隊長・山本元柳斎重國
山本元柳斎
山本元柳斎(山爺)なら、対策必要なギミックが無いため、安定して高速周回可能です。
3392火赤オーディン(戦域の幻術神・オーディン)
火赤オーディン
スキブの数が足りない時は、分岐赤オーディンをリーダーにするのもおすすめ。もう片方は高倍率の列消しリーダーに設定しましょう。

スポンサーリンク


おすすめ高速周回パーティー(ソロ)

分岐青オーディン&メリディオナリスパ

大泥棒+99参上をソロで高速周回するためのメリディオナリスパーティー。立ち回り付きで参考になります。

メリディオナリス&メリディオナリスパ

こちらは純粋なメリディオナリスパ。編成難易度は高めですが、安定して高速周回できそうです。

カマエル&分岐赤オーディンパ

自軍無課金の高速周回パーティー。ボスの五右衛門は強化ドロップが1個必要になるようです。

カマエルの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

攻略におすすめのスキル・覚醒スキル

スキル おすすめ理由
バインド回復 水属性パーティーで攻略する場合は、編成必須。4Fのミツキが先制で水属性バインド攻撃を仕掛けてきます。
エンハンス ボスとして登場する五右衛門はHP約1,600万、先制でダメージ75%軽減してきます。初回行動時の攻撃が痛いため、エンハンススキルでワンパンがおすすめです。
覚醒スキル おすすめ理由
スキブ ソロで高速周回編成を組む時は、スキルブーストの覚醒スキル複数個持ちを編成しましょう。

大泥棒+99参上の安定攻略ポイント

水属性パーティーはバインド対策必須

大泥棒(+99)参上の4Fに登場するミツキは先制で水属性バインド攻撃を仕掛けてきます。通常の大泥棒参上では、初回行動だったため、注意が必要です。

水属性パーティーでノーコン攻略を目指す場合は、バインド対策要員を必ず連れていきましょう。

煙幕攻撃に注意

大泥棒(+99)参上は、先制で盤面を煙幕の雲状態にしてくる敵が多いです。そのため、パズルが複雑なリーダーよりも、簡単な条件で高倍率を出せるパーティーがおすすめ。

コンボ吸収なども無いため、列パーティーが相性良いです。

ボスはエンハンススキルでワンパン

大泥棒(+99)参上のボスとして登場する五右衛門は、HPが約1,600万、先制でダメージ75%軽減してきます。また、初回行動で39,042の大ダメージを放ってくるため、エンハンススキルを連れていき、ワンパンがおすすめです。

中途半端に攻撃してしまい、HP20%以下にしてしまうと、銭投げで351,378ダメージが飛んで来るため、しっかりと倒し切るようにしましょう。

安定ノーコン攻略パーティー(ソロ)

シヴァドラ&シヴァドラパ

大泥棒+99参上は水属性バインド以外は特に注意するべき点なし。シヴァドラパなら、安定してノーコン攻略できそうです。

シヴァドラのテンプレパーティー(シヴァドラパ)

闇アテナ&闇アテナパ

1回クリアするだけなら、闇アテナパも良さそうですね。

闇アテナのテンプレパーティー(闇アテナパ)

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ