【パズドラ】忍野メメのアシストおすすめと潜在覚醒・超覚醒評価

  • LINEで送る

791忍野メメ

パズドラの物語シリーズコラボガチャ(化物語コラボ)で入手できる忍野メメ(おしのめめ)のアシストおすすめと潜在覚醒スキル・超覚醒スキルをまとめています。

忍野メメの分岐進化がある場合はどっちが強いのか?評価や使い道、入手方法もまとめているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

忍野メメの簡易性能

忍野メメ
791忍野メメ 【最大ステータス】
HP6111 / 攻撃3385 / 回復551


【覚醒スキル】
52覚醒スキル:バインド耐性+ 56覚醒スキル:スキルブースト+ 覚醒スキル:封印耐性 覚醒スキル:L字消し攻撃 覚醒スキル:超コンボ強化 覚醒スキル:光コンボ強化 覚醒スキル:光ドロップ強化 覚醒スキル:光ドロップ強化 覚醒スキル:スキルボイス


【超覚醒スキル】
53覚醒スキル:操作時間延長+ 56覚醒スキル:スキルブースト+ 覚醒スキル:光コンボ強化
【リーダースキル】
光属性のHPと攻撃力が2倍。6コンボ以上で攻撃力が9倍。闇ドロップを消すと、2コンボ加算。


【スキル】
最上段横1列を光ドロップに変化。4ターンの間、受けるダメージを軽減(倍率は30%)。
(12→7ターン)

忍野メメのアシストおすすめ

豪雷銃槍エクスラギア
6462豪雷銃槍エクスラギア
ラギアクルス装備
【アシスト覚醒スキル】
覚醒スキル:覚醒アシスト 覚醒スキル:光ドロップ強化 覚醒スキル:光ドロップ強化 覚醒スキル:光ドロップ強化 覚醒スキル:お邪魔耐性 覚醒スキル:L字消し攻撃 覚醒スキル:攻撃強化


【アシストスキル】
消せないドロップと覚醒無効状態を全回復。ランダムで水と光ドロップを5個ずつ生成。
(14→9ターン)
【おすすめ理由】
忍野メメは光コンボ強化と光ドロップ強化でパーティー全体の火力を上げることができるキャラです。そのため、光ドロップ強化3個とL字消し攻撃を付与できるラギアクルス装備と相性が良いです。
砕巌銃槍ズヴォルタ
4152砕巌銃槍ズヴォルタ
ブラキディオス装備
【アシスト覚醒スキル】
覚醒スキル:覚醒アシスト 覚醒スキル:光ドロップ強化 覚醒スキル:光ドロップ強化 覚醒スキル:光ドロップ強化 覚醒スキル:光ドロップ強化 覚醒スキル:HP80%以上強化 覚醒スキル:攻撃強化


【アシストスキル】
敵全体に攻撃力×300倍の光属性攻撃。最上段横1列と最下段横1列をお邪魔ドロップに変化。
(23→16ターン)
【おすすめ理由】
光ドロップ強化を4個付与できるブラキディオス装備もおすすめです。HP80%以上強化で忍野メメ自身の火力も底上げできます。
翼の髪留め
6785翼の髪留め
羽川翼装備
【アシスト覚醒スキル】
覚醒スキル:覚醒アシスト 覚醒スキル:光コンボ強化 覚醒スキル:お邪魔耐性 覚醒スキル:お邪魔耐性 覚醒スキル:回復強化


【アシストスキル】
2ターンの間、受けるダメージを激減(倍率は75%)。2ターンの間、光属性の攻撃力3倍。
(14→14ターン)
【おすすめ理由】
光コンボ強化を付与できる羽川翼装備とも相性が良いです。

スポンサーリンク


忍野メメの潜在覚醒スキルおすすめ

潜在覚醒 おすすめ理由
潜在覚醒スキル:スキル遅延耐性
遅延耐性
7ターンで打てる光一列生成+4ターンダメージ軽減スキルが優秀なため、スキル遅延耐性がおすすめです。

忍野メメの超覚醒スキルおすすめ

スキルブースト+がおすすめ

超覚醒 53覚醒スキル:操作時間延長+ 56覚醒スキル:スキルブースト+ 覚醒スキル:光コンボ強化

忍野メメは光の単色パなら、起用しやすいサブ性能をしているため、超覚醒スキルは汎用性が高いスキルブースト+がおすすめです。通常の覚醒スキルと合わせて、スキブ4個持ちになれるため、スキブ要員として使えます。


忍野メメのリーダー/サブ評価・使い道

忍野メメの評価

キャラ リーダー サブ アシスト
791忍野メメ 75点 75点 70点

忍野メメは光コンボ強化と光ドロップ強化でパーティー全体の火力を底上げできるのが魅力のモンスターです。自身も超コンボ強化とL字消し攻撃で火力を上げられますが、優先して起用できるほどの性能ではありません。

スキルは光ドロップ一列生成+4ターンダメージ軽減と優秀ですが、全体的にこれといった強みがなく、優先的にサブ起用できるモンスターではありません。

入手方法

  • 物語シリーズコラボガチャ(化物語コラボ)
スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ