【パズドラ】水猿飛佐助の評価と使い道、潜在覚醒、アシスト(学園)

  • LINEで送る

2815新聞部の特命記者・猿飛佐助

パズドラの私立パズドラ学園 新学期ガチャで入手できる水猿飛佐助(新聞部の特命記者・猿飛佐助、学園佐助)の評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

水猿飛佐助(みずさるとびさすけ)は強いのかどうかの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ステータス

815新聞部の特命記者・猿飛佐助

レア度 コスト タイプ アシスト
5 25 攻撃/悪魔
HP 攻撃 回復
LV最大 2697 2036 216
+297 3687 2531 513
LS 攻撃タイプのHPが2倍、攻撃力は3倍。
S 光ドロップを水ドロップに変化。
(10→5ターン)
覚醒 覚醒スキル2体攻撃 覚醒スキル:水属性強化 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:ドラゴンキラー 覚醒スキル封印耐性

リーダーとしての使い道

HPと攻撃力に常時倍率がかかるリーダー

815新聞部の特命記者・猿飛佐助

攻撃タイプのHPと攻撃力に常時倍率がかかるリーダースキルを持っています。HPの倍率は2倍と高いですが、攻撃の倍率は可変倍率もなく3倍のみです。現環境でリーダーとしては少し難しいでしょう。

しかし、序盤は高いHP倍率を活かして、ゲームオーバーしにくいパーティーを作ることができます。攻撃タイプであれば、無条件で倍率がかかるので、手持ちのモンスターでパーティーを組みやすいのが良いですね。

優秀なスキル

水猿飛佐助佐助は、優秀なスキルを持っています。回復を消さない5ターン変換は、使い所がたくさんあります。光を消すため、サブを編成するときに主属性が光のモンスターは、できるだけ入れないようにしましょう。

フレンドにヨウユウを選択すれば、HP2倍、最大攻撃倍率15倍になるので、耐久力だけでなく、攻撃力もある程度確保できるパーティーになります。序盤は十分通用するでしょう。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

優秀な5ターン変換持ちのモンスター

最短5ターンで、光ドロップを水ドロップに変換するスキルをもっています。回復を消さない変換は、それだけで優秀なので、サブとしての使い道は十分あると言えます。

覚醒スキルに列強化と2体攻撃が1つずつあるため、どちらで攻撃するパーティーでも起用ができます。スキルブーストが2つある点も嬉しいですね。封印耐性も1つあり、覚醒スキルの数は多くないものの、必要最低限のものは揃っています。

直入れでもアシストでも優秀

スキルが優秀なため、アシストモンスターとして使用しても良いのですが、オススメは直入れです。理由として、ドラゴンキラーが強いことが挙げられます。ドラゴンキラー1つで、ドラゴンタイプへ3倍の倍率で攻撃できます。

レーダードラゴンやナンバードラゴン、3人マルチのボスなど、高難易度の敵にはドラゴンが多いので、ドラゴンキラーはキラーの中でも優秀な部類に入ります。

さらに、水猿飛佐助は神キラーと体力キラーの潜在覚醒を付けることができます。これらも高難易度で役に立つのでオススメです。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
スキル遅延耐性 最短5ターンで使えるスキルのため、スキルの回転率を落とさないために、遅延耐性がオススメです。
神キラー 神タイプへ打点が持てるようになります。高難易度へ挑戦する場合にオススメです。
体力キラー 体力タイプへ打点が持てるようになります。イルシックス対策などにオススメです。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
2714予知の時女神・スクルド
スクルド
水と木と回復の3色陣です。攻撃したい時だけでなく、回復したい時にも使用できます。
2668深蒼の宝石姫・カラット
カラット
元々が軽いスキルのため、強敵との連戦でエンハンスを使用した後にも、元々の変換スキルが返ってきます。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


水猿飛佐助の総合評価

815新聞部の特命記者・猿飛佐助

リーダー評価:55点 / サブ評価:80点
※最高評価は100点です

水猿飛佐助は、サブやアシストモンスターとして役に立つモンスターです。キラー染めのパーティーに、サブとして編成するのが1番オススメですね。

回復を消さない5ターン変換スキルなので、アシストモンスターとしても出番があるでしょう。1体は取っておいて損はないでしょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ