【パズドラ】ティガレックスの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト継承

  • LINEで送る

3655ティガレックス

パズドラのモンハンコラボガチャ2017(モンスターハンターコラボガチャ)で入手できるティガレックスの評価と使い道、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

ティガレックス(ティガレックス)は強いのかどうかの参考にして下さい。

※5月11日更新:山本Pガチャチャレンジ上方修正結果を反映

スポンサーリンク

ステータス

3655ティガレックス

レア度 コスト タイプ アシスト
5 55 ドラゴン/体力
HP 攻撃 回復
LV最大 6035 2165 99
+297 7025 2660 396
LS 落ちコンしなくなるが、ドラゴンタイプの全パラメータが1.5倍。火か木の5個十字消し1個につき攻撃力が3倍。
S 全ドロップを火、木、お邪魔ドロップに変化。
(12→7ターン)
覚醒 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル:操作時間延長 覚醒スキル火ドロップ強化 覚醒スキル火ドロップ強化 覚醒スキル火ドロップ強化 覚醒スキル火ドロップ強化

リーダーとしての使い道

ドラゴンタイプの十字消しリーダー

3655ティガレックス

ティガレックスは不動明王に似たリーダースキルを持っています。ドラゴンタイプに全パラメータ1.5倍がかかるため、耐久性は高いです。また、攻撃倍率に関してはとても優秀です。

6×5盤面で2色の十字消しは3つまで作る事ができるため、単体約40倍の倍率を出す事ができます。ドラゴンタイプで編成する事ができれば、使えるリーダーになりそうですね。

封印耐性なしに注意

リーダーとして起用する場合は、パーティー全体のスキル封印耐性の量に注意しましょう。LFで封印耐性がないと、サブのモンスターどれかに封印耐性が2個以上ないと、封印耐性が100%になりません。

パーティー編成の段階で弱点ができてしまうため、必ず封印耐性は100%にしましょう。どうしても埋められない場合は、50%分を封印耐性の覚醒バッジで補うのも有効です。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

最短7ターンの優秀な陣スキル

火、木、お邪魔の3色陣を持っています。お邪魔ドロップこそ生成してしまうものの、最短7ターンで使う事ができる陣スキルは優秀と言えるでしょう。アルゲディパなど、お邪魔ドロップを必要とするパーティーのアシストモンスターとしても役立ちそうです。

また、お邪魔ドロップを変換するスキルは多く、他のスキルと組み合わせて火多めの2色盤面を作る事もできます。

強化された火ドロップを供給しやすい

ティガレックスは上方修正により、火ドロップ強化の覚醒スキルが4個追加されました。ティガレックスを一体入れるだけで、強化された火ドロップが落ちてくる確率が80%となります。

そのため、強化ドロップ含む5個消しで倍率が上がるパーティーと相性が良いです。ただし、スキル封印耐性は持っていないため、他のモンスターでフォローする必要がある点には注意が必要です。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
操作時間延長 十字消しはパズルの難易度が高いので、操作時間は長ければ長いほど良いです。
HP強化 高いHPを活かして、耐久力を高めましょう。
カラフルダメージ軽減 100%ダメージ攻撃を防ぐ事ができます。パーティーに一体は付けておきましょう。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
2390想紡の時女神・ヴェルダンディ
ヴェルダンディ
ほとんど同じ陣ですが、お邪魔ではなく回復ドロップになります。お邪魔ドロップを必要としない場合にオススメです。
3389転生ツクヨミ
転生ツクヨミ
操作時間延長効果に加え、全ドロップを強化します。ボス戦でフィニッシュスキルとして使用できます。
2512聖夜の赤龍喚士・ソニア
クリスマスソニア
火と木の2色陣です。ヘイスト2ターンもついており、パーティーのスキル回転率をあげてくれます。

アシスト(スキル継承) おすすめの組み合わせは?


ティガレックスの総合評価

3655ティガレックス

リーダー評価:75点 / サブ評価:75点
※最高評価は100点です

ティガレックスはアシストモンスターとして優秀なモンスターです。リーダーとしては他により優秀なリーダーがいるため、あくまで繋ぎとなるでしょう。アシストモンスターとしては非常に優秀なので、1体は確保しておきましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ